珈琲のある風景

【珈琲のある風景】 テーマ:今と昔の私の価値観の違いを考えた件

12717462_960162377407737_5129406662075820558_n

【珈琲のある風景】
テーマ:今と昔の私の価値観の違いを考えた件

そう言えば、昔は良く、
「今、週に25本のレッスンをしています!」
と自慢げに言ってたな。。。
と思いだしました♪

あの当時は本数がステータスであり、本数をこなす事がクラブに認められたように感じていて、
当然本数が多いと言う事は「1本いくら」の私達の世界において、収入が多いと言う事を意味していた訳で凄く嬉しく感じていました。

でも、現実はと言うと・・・、
週に25本のレッスンと言うと、1日休みがあったとしても平均1日4本のレッスンをしていた事になり、
(実際にはオフはなく、毎日3~4本のレッスンをしていた。)
結果、時間に余裕はなく、レッスン、移動、レッスン、移動の繰り返し。
体力勝負なため電車移動中はほぼ寝ていたし、帰ったらグッタリ・・・
でも翌日起きたら、すぐにレッスンに向かい、また3~4本。
でも、
「元気です!
レッスンは、いつも集中しています!」
とは言ってたし、実際手を抜いたつもりはない。
でも、身体が疲れ切ってる状態で本当に集中したレッスンが出来ていたのか?
と振り返ると、正直疑問かな。。。?
まぁ、若さがそれを可能にしていたんでしょうね。

でも実際には肉離れや腰椎捻挫(ぎっくり腰)等も経験してるんだから、身体が悲鳴を上げていたのは事実なんでしょうし、それでも1日休んだら翌日にはレッスンをしていましたね。
当時は、そんな無茶な事が「普通」に感じていましたね。

でも、今は・・・
「週に何本やってる!」
と言う事がさほど価値があるとは感じていない。

それよりも1本に対する集中力の方が大事だと思うし、対峙したお客様とのコミュニケーションの方が価値があると思う。
また収入においても、25本しなくても12本で同じ収入が得られるのであればそれに越した事はないし、
その分自由に使える時間も増え、勉強も出来る、練習も出来る、トレーニングも出来る、
何より心にも余裕が出来るのではないのか?

養成卒業後すぐの現場経験が浅いインストラクターなら「質よりも量」で経験を多く積むことは大事だろう。
でも、5年程度過ぎ、ある程度現場経験を積んだインストラクターなら「量より質」に拘るべきかとも思う。
そして、1本のレッスンの質を上げ、1本の単価(フィー)にも拘るべきだ。

フリーランスのインストラクターはプロであり、プロである限りは自分のレッスンは商品です。
なら、その商品の価値を上げるのもプロの仕事ではないのだろうか?

そして、その方法としてクラブとの金額交渉も一つだが、
クラブの外に出て企業や行政に自分を売り込み、自分と言う商品を高く買って貰える場所を見出すのも必要なのではないのか?

自分の価値は自分で作って行くもの。
もうそろそろ、もっと一人一人のインストラクターが体を使うだけではなく、体と頭を使うクリエイティブなインストラクターになるべきではないだろうか?

2016-02-18 | Posted in 珈琲のある風景No Comments » 
Comment





Comment