2016-04-23

インストラクターが個人事業主と言うのなら・・・

12705584_779833155483258_7344435619979901139_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANC代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪


最近、私のブログを読んで頂き、凄く褒めて頂く事が多いんです。

「素晴らしい考えです!」「素敵な考えですね!」

なので、ここで私の本性を明かしましょう♪

 

前々からずっと書いてる事なんですけどね?

最近読みだした方はご存じないかも・・・

 

私の根本的な考え方は、

「インストラクターが個人事業主と言うのなら、

クラブに依存するのではなく本当の意味の自立をするべきだ!

クラブの外に出て自分で稼げるようになるべきだ!」

と言うのが根本的な考えです。

 

別に、

「全てのレッスンを抜けろ!」

と言ってる訳ではないですよ♪

 

クラブの中に居てる方々も健康になりたい方々。

一般的に言われてる3%の方々ですね。

でも、健康になりたい方はクラブの外にもたくさんおられます。

 

「健康・運動を指導してる!」

 

と言うのなら、外の97%の人々にも目を向けるべきでしょう!

「運動が好き!」と言う方々をフィットネスクラブが宣伝広告費をかけて集めて来て、その中のスタジオで、

「○○人集客しています!」

なんて、ある意味どうでも良い事でしょ?

 

クラブの外に出て、自分でお客さんを集めて来て、自分で指導する。

そして、喜んで貰い、

「ありがとう!」の言葉と「対価」をセットで貰う。

これが個人事業主の本来ある姿だと思うし、これが出来てこそプロと言えると思う。

 

正直、今は多くのフィットネスクラブは赤字体質です。

クラブによっては存続の危機と言う所もあるのかも?

 

そう言うクラブが真っ先に考えるのは

「人件費のカット」

まぁ、当然ですよね?

一番負担が大きい部分なんですから。

 

フィットネスクラブも、今まで世話になったフリーのインストラクターのレッスンカット、フィーカットを好んでしたいとは思ってないでしょう。

でも・・・、

もしそれをしなければクラブが倒産し、大事な社員を大量解雇しないといけないとしたら?

クラブはどっちの判断をするでしょうか?

分かりきってますよね♪

 

もし、クラブにそう言う辛い判断をさせたくないのであれば、

インストラクターは自分の食い扶持ぐらい自分で稼ぐべきです。

 

先日受けたマーケティングの講座で、講師の方が、

「個人事業主は、社員の方と違って収入源を複数持って良いのです。

どこかの収入が減っても、他で賄える様にしておくべきなんです!」

と。

 

フィットネスクラブから、

「先生・・・、すみません。

来月から、抜けて頂きたいのです。」

と言われたら、

「そうですか。。。

言い難い事を伝えてくれてありがとうね!

私は大丈夫だから心配しないで良いよ!」

と笑顔で言ってあげましょうよ♪

 

個人事業主 ⇒ 自分の力で自分で稼ぐ = プロ

 

こんな当たり前の方程式・・・。

 

とは言え、私も昔(ほんの10年前)週25本もレッスンをしていましたからね♪

そんな私に個人事業主としての基礎を教えて下さったのがメッツの梅村さんでした。

13076807_816919531774620_117190121567594906_n

 

メッツの4時間ビジネス力セミナー

これを受講してから私の考えが変わりました。

 

7月9日 13:00~17:00 に大阪で開催されます!

13062279_816908391775734_4688099268899788313_n

3月に開催され、好評だったので再度お願いして7月にも開催してくれる事になりました!

大阪で開催されるのは、今年はこれが最後です!(来年は、はっきり言ってくれませんでした。。。)

 

私は、このセミナーを多くのインストラクターに受けて欲しいと思いました。

・インストラクターの本来あるべき姿とは?

・クラブの外に出ると言う事とは?

・今後学ぶべきこと、身に付けて行く事は何か?

 

FANCはこの4時間セミナーに協力する事にしました!

インストラクターが夢を語れる業界にしたい!

 

興味がある方はこちらをご覧下さい。

⇒ http://fit-i.com/college/seminar.html

 

心配な方は私に連絡下さい。

 

⇒ mkoe777@gmail.com

 

7/9は私も参加しますので、フォローしますよ♪