2016-06-20

私流「緊張しない為の思考術?」

12705584_779833155483258_7344435619979901139_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪


私はどちらか言うと「緊張し~」です。

人前で話すのだけは、さほど緊張はしない方ですが、テストであったり、オーディションだったりすると、たちまち自分を見失ったりしていました。

そう、過去形です♪

(今でもしない訳ではないですが、昔に比べたらマシになりました♪)

 

緊張が酷くなくなったのは、エアロビクスの養成時代に教えて頂いたアドバイスからでした。。。

 

人前で話すのは大丈夫と言っても、人前でリードを取るのは全然違います!

 

参加者を見、危険を察知し、音に合わせ、音の頭を取り、次の動き・展開を考え・・・

 

まぁ、インストラクターなら当たり前の事ですが、養成時代はやはり大変でした。

何度、練習しても上手く行かないし、特に発表となると緊張する。

そして、緊張から余計上手く行かない。

だから、

「発表したい人?」

の声に手も上げられない。。。

そんな人間でした。

 

そんな時、先輩が私にアドバイス下さったんです。

 

「まぁ、多少は緊張するだろうけど、緊張感は少しぐらいはあった方が良い。

ただ、極端に緊張するのは、まだ練習が足りないからじゃない?

 

例えば、とことん練習して、寝る間も惜しんで練習して、

「これ以上やりようがない!

私はやり切った!」

と思える所まで練習したのなら、

「これでダメだったら、今の自分には無理だ、と言うこと!」

と割り切れるでしょ?

 

でも、不安があると言う事は、まだ自分の中でやり切ってないからだと思う。

 

それと、自分の実力以上の事をしようと考えてない?

「上手くやろう!」

とか、

「良い所を見せよう!」

とか・・・

 

所詮、自分の実力以上の物なんて出来る訳ないんだから。

特に試験とかの時とかはね。

 

だから「良い所を見せよう!」と考えずに、

「普段自分がやってること、自分が出来る事をそのままやれば良い!」

と考えるの。

 

そうすれば自然体で臨めるから。」

 

そのアドバイスを聞いてからでしょうか?

あまり緊張しなくなったのは。

 

「良い所を見せよう!」「自分を良く見せよう!」

 

と、考え、自分の実力以上の物を見せようとするから緊張する。

 

だから、自分の実力をそのまま出せれば良い。

 

良い所を見せたいのなら、とことん練習する!

「もうこれ以上は無理!」

と自分で言えるまで練習する。

 

この2つのどちらかなんでしょうね♪

 

おかげで、今はどんな時でも程よい緊張感をもって臨めている様な気がします♪

 

そうやって考えて行くと、私の人生の分岐点は、やはりあの養成時代だったのかな…

と思ってしまいますね♪


11074145_801587613265215_5305111263743827131_n-1

FANCは関西で活動されてる運動指導者、約500人からなる西日本最大のネットワークです!

こんな方・・・

・知り合いが少なく、代行が見付からない!

・レッスンが減ってしまい、代行で良いから仕事が欲しい!

・セミナーや求人情報が欲しい!

など・・・

そんな方、FANCに登録しませんか?

主に、関西での代行情報や求人情報、セミナー情報を不定期なメールマガジンでいち早く情報を配信しております。

ちなみに、現在募集しているFANC主催・協力の勉強会は、こちらをご覧ください♪

12615370_951179391639369_729752729467836183_o-3

↓↓↓↓↓↓ 登録ページ ↓↓↓↓↓↓

FANC登録希望の方はこちらから♪


「運動指導者を探しています!」と言う方や企業の方はこちら!

969920_340209646112280_1649775760_n-2

FANCは関西の運動指導者(グループエクササイズ・パーソナルトレーナー)約500人のネットワークです。

活動場所は大阪・神戸・京都・奈良と様々で、関西でしたら大方網羅してるかと思います。

あなたの地域で運動指導をして欲しい方、又は運動・健康に関する講演を開いて欲しい方などおられましたら、

気軽にFANCまでお問い合わせください。

こんな方に・・・

・うちの会社で健康セミナーを開いて欲しい!

・近所の仲間で運動サークルを開きたい、インストラクターを探してる。

・朝のラジオ体操の指導をして欲しい。

↓↓↓↓↓↓ お問い合わせはこちらのページ ↓↓↓↓↓↓

運動指導者・講演依頼

2016-06-20 | Posted in 想いNo Comments »