想い

貴方の時給はいくらですか?時間と言う物の考え方♪

12729039_779833172149923_478488925841399169_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪


皆さんに質問です♪

ズバリ!

貴方の時給はいくらですか?

 

こんな質問を受けてすぐに答えられますか?

でも、答えは簡単なんですよ。

(少し計算は必要ですが。。。♪)

 

まず、貴方の年収を調べる。

ちょっと前に確定申告をされたでしょうから、だいたい分かりますよね?

その金額を1年は365日で、1日は24時間だから、1年は…

 

365 × 24 = 8760

 

つまり1年は8760時間です。

 

年収を8760で割れば?

 

1000万円の人で、

 

10,000,000.- ÷ 8760 = 1,141.5

 

だいたい1140円ぐらいですか?

 

では、

「この時給を皆さん有効に使ってますか?」

と言う事です♪

 

寝ていても、仕事をしていても、ぼーとしていても、この時給は飛んで行くと考えられるんですよ♪

 

この世に生まれて、不公平、不平等は色々ありますが、この時間だけは皆さん平等に流れている訳で、

そして、必ず死は訪れ、貴方の時間は止まる。

 

ビジネスの方々とお付き合いさせて頂いて、皆さん共通して気にされてるのが、この「時間」のように思います。

いかに無駄な時間をなくすか?

大事な時間を何に使うか?

効率を上げ、自分の大事な物に時間を有効に使う。

そして、とことん効率を上げても時間が足りない場合は人を雇う。

 

その時の考えの軸となるのが、年収1000万円の人は時給1140円な訳です。

と言う事は、1000円以下で人を雇えば、自分が動いて仕事するより、約140円お得と言う事になります。

また、人に時給1000円以下で単純作業をお願いして、自分はその空いた時間に生産性のある仕事に費やせば、自分の時給も上がると言う事になります。

 

忙しくても、

「誰かにお金を払ってお願いするぐらいなら、自分でやった方が得や!」

とつい考えがち!

「時間はあるし♪」

て・・・

 

違うんです。

時間のとらえ方を変えてみれば、無駄に時間は使えなくなりますよ。

そして、時間は一人一人決まった分しかありません。

その与えられた時間は、もしかしたら明日で切れるかも知れませんよ。

 

何かを始める時、必ず何かを捨てなくてはいけません。

それは、遊んでいた時間か?

眠っていた時間か?

家族との時間か?

はたまた、今までの仕事か?

又は、人を雇って自分の時間を買う、つまりお金か?

 

貴方にとっての優先順位のトップは何か?

それに、どれだけ時間を使うか?

また将来の為に何をするか?

そして、そのために何を捨てるのか?

 

一度、じっくり考えてみるのも良いかもしれませんよ♪


11074145_801587613265215_5305111263743827131_n-1

FANCは関西で活動されてる運動指導者、約500人からなる西日本最大のネットワークです!

こんな方・・・

・知り合いが少なく、代行が見付からない!

・レッスンが減ってしまい、代行で良いから仕事が欲しい!

・セミナーや求人情報が欲しい!

など・・・

そんな方、FANCに登録しませんか?

主に、関西での代行情報や求人情報、セミナー情報を不定期なメールマガジンでいち早く情報を配信しております。

ちなみに、現在募集しているFANC主催・協力の勉強会は、こちらをご覧ください♪

12615370_951179391639369_729752729467836183_o-3

↓↓↓↓↓↓ 登録ページ ↓↓↓↓↓↓

FANC登録希望の方はこちらから♪


「運動指導者を探しています!」と言う方や企業の方はこちら!

969920_340209646112280_1649775760_n-2

FANCは関西の運動指導者(グループエクササイズ・パーソナルトレーナー)約500人のネットワークです。

活動場所は大阪・神戸・京都・奈良と様々で、関西でしたら大方網羅してるかと思います。

あなたの地域で運動指導をして欲しい方、又は運動・健康に関する講演を開いて欲しい方などおられましたら、

気軽にFANCまでお問い合わせください。

こんな方に・・・

・うちの会社で健康セミナーを開いて欲しい!

・近所の仲間で運動サークルを開きたい、インストラクターを探してる。

・朝のラジオ体操の指導をして欲しい。

↓↓↓↓↓↓ お問い合わせはこちらのページ ↓↓↓↓↓↓

運動指導者・講演依頼

2016-06-28 | Posted in 想いNo Comments » 
Comment





Comment