2017-01-13

周りで見かける「引退」の言葉。あなたの生き方はそれで良いのですか?

14717155_907351926064713_7733851638090175342_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪


私の周りでも。。。

fcebookを見ていても。。。

時々見かける「引退します」の言葉。。。

「家の都合」や「新しい生き方を見付けて」と言う華々しく花道を飾るのなら良い。

でも、多くは、

「無理をして、かばいながらやって来ましたけど、もう限界です。」

と怪我・故障に泣かされての引退が圧倒的に多い気がする。

 

私なんか、まだ恵まれている方です。

大きな故障もなく、今でも元気に中級クラスなどを持っていられる。

下手したら、ちょっと弾む動作を入れれば私より若いメンバーさん達が先に音を上げたりしている。

だから、まだ5年、10年は現役でいられる自信もある。

 

また、私の場合は「中級以上」のクラスは週に3本程度。

あとは全て初級クラス。

だから身体への負担も少なく、元気でいられるのだと思う。

 

でも悲しいかな。。。

インストラクターはイメージが付き物。

ずっと「元気」で「パワフル」なレッスンを続けていると、お客様にもクラブにもそのイメージが定着してしまう。

そして、そのクラスで圧倒的な人気を博していたら。。。

本人は身体に優しいクラスを担当したくても、

「先生は、ガンガン動く方が似合うよね!」

とメンバーさんに言われると、

「そうでしょ!」

と言ってしまう…。

 

クラブからも、

「お客様も、先生のガンガン系のレッスンを求めていますからね!

これからも頑張って下さい!」

と言われると、断れなくなってしまう。

 

また自分自身も、自信のないクラスより、慣れ親しんだガンガン系の方が自信がある。

「もし、集客が悪かったらレッスンを減らされるんじゃないだろうか?」

そう考えただけで「イヤ」とは言えなくなる。

 

でも、

間違いなく身体は悲鳴を上げており、いつ爆発してもおかしくない状態。。。

と言うのをインストラクター本人から聞いた事もある。

 

私もインストラクターだから気持ちは分かる。

でも・・・

イメージよりも、お客様の言葉よりも、クラブから求められてるレッスンよりも、

大事なのは自分の身体!

 

『限界に来て、爆弾を抱える前に、自分の生き方を考えて欲しい。』

 

と私は思う。

限界に来てからでは遅いんです。

そうなる前に。。。

身体がまだ動いてる間に。。。

いつか、動かなくなる前に。。。

 

自分の為、家族の為、愛する人の為に、

5年後、10年後、20年後、自分はどうありたいのか?

 

自分の将来の生き方を考えてみて下さい。

「引退」以外の生き方を。。。

2017-01-13 | Posted in 想いNo Comments » 

 

〔呟き…〕81

IMG_1245

〔呟き…〕

親切をした後に見返りを求めては行けない。

「ありがとう」

の、言葉を期待しては行けない。

「親切をする事で自分が成長出来た!」

と、ただ相手に感謝しよう!

2017-01-13 | Posted in 呟き・・・No Comments »