2017-02-21

クラブで通用しなくなったら外に出る?バカですか?

14650758_907351532731419_8769875747883776054_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪


先日、インストラクターらしい人が話してるのが耳に入って来た。

「クラブで集客出来なくなったら外に出たらいいや♪」

 

バカですか?

クラブで集客出来ない人が、外に行って人を集めるなんて出来る訳ないでしょ?

 

そもそも考えて欲しいのが、

フィットネスクラブは比較的「運動好きな人」が集まって来る場所。

そこで運動指導してるんだから通用していて当たり前。

 

「中だから指導技術を学んで、外に出ればビジネスをちょっと学べばやっていける?」

そんな考えを持っていれば、到底外でも通用はしない!

クラブの中だろうが、外だろうが、自分の指導スキルを磨き続ける事に変わりはない!

中だろうが、外だろうが、教える相手は「人」

心を持った「人」

「人」を相手にするのに「適当」は許されない!

 

ビジネススキル?

 

表面上のスキルを磨いたところで、一時的には通用しても安定的な継続には繋がらない。

運動に興味のない人達に、運動に興味を持たせ、継続させる事がどれだけ大変な事か…

 

そしてクラブの外では「1レッスンいくら」で安定したお金を頂ける事はほぼない。

その目の前の人から頂くお金が全て!

集客 = 生活費

になるんです。

クラブの外に出るって、それだけ大変で、覚悟がいると言う事を理解するべき。

 

また、企業の人と話をしていて時々聞くのが、

クラブ育ちのインストラクターで「提出物を期限に守らない人が多い」とも…。

確かに、時々クラブで

「提出物を期限内に提出されてない人」

と言うリストを貼り出される事があるが、結構、毎回同じ人の名前が出ている。

クラブで提出物の期限を守れない人が一般社会でそんな甘えが許されるとでも思ってるのか?

 

でも・・・

だからこそ「外に出ろ!」と言い続けたい!

外に出て厳しさを肌で感じる。

外の世界から見れば、フィットネスクラブの中がいかに優遇されているのかが分かる。

お客様にも、スタッフにも、

「先生」

と呼ばれて、

お客様のクレームの大半はスタッフが対応し、インストラクターの耳に入るのは極一部。

清掃から何から全て整った場所で華やかにレッスンが出来るのも、

全て、スタッフがお膳立てをしてくれているからこそ。

一般社会での指導ではそう言う優遇はほぼされない。

でも、そこを知ってからクラブでレッスンをすると、

「なんて恵まれているか!」

が理解出来るし「ありがたい」とも感じる事が出来る。

 

それだけクラブの中は優遇されている。

ただし、今後の拡がりはなく、未来も明るいとは言えない。

だからこそ、自分の道は自分で切り開いて行かないといけないと思う。

 

クラブでレッスンしていると言う事は、

クラブに依存していると言う事は間違いないのだから。

これからは自分で立つ、自立したインストラクターしか生き残れないと私は思う。


●貴方もFANCの仲間になりませんか? インストラクターのサポーター「FANC」に登録されたい方はこちら!

https://fanc.academy/

(運動指導者限定!関西・関東地区の方のみ募集中!)


●1日身体を学びませんか?(ピラティス・更年期・ストレッチなど、様々な学びを1日に集結!)

1dayセミナー 「体学」


吾妻亜紀 特別講演 

「インストラクターのセカンドキャリアを考える!」

2017-02-21 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《今日は、こちらに来ておりました♪》フィットネスクラブ karada iroにて♪

IMG_1908

《今日は、こちらに来ておりました♪》

今日は、ここ、
フィットネスクラブ「karada iro」
http://karadairo.jp/
にて、代表の 小椋翔 さんとお話しさせて頂きました♪

色々と面白いお話しを聞かせて頂きました♪

小椋さん自身が、貿易業を営んでおられただけではなく、歌手を志されたり、
今もカメラマンであり、フィットネスクラブ経営者であり、トレーナーと言う、様々な顔を持つ方でして、
色々な視点でのお話しを伺う事が出来ました!

IMG_1909

また運営されてるフィットネスクラブも、八尾と言う生まれ育った地域を愛し、
「八尾の方達に笑顔と健康を!」
と言う想いから、一人で立ち上げた物で、他のクラブには無いアイディアと温かさ満載のクラブで、
ある意味、フィットネスの可能性を感じさせてくれる物でした!

IMG_1910

今後FANCとも色々と協力して行けたら良いなぁ〜

小椋さん、今日は長時間ありがとうございました!
また会いましょうね♪(^。^)

IMG_1911

 

2017-02-21 | Posted in 日常の風景No Comments »