2017-02-22

「だからダンス(エアロビクスも含む)インストラクターはダメなんだ!」

14697022_907352586064647_1506063387_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪


私の周りでは、そう言う事を言う人はいないのですが。。。

facebook等のネットの投稿を読んでると、時々一部のトレーナーさんから、

「だからダンス(エアロビクスも含む)インストラクターはダメなんだ!」

と言う論調の意見を読むこともあり、少し悲しい気持になる事がある…

 

インストラクターの役割ってなんだろう?

パーソナルトレーナーの役割ってなんだろう?

 

私はパーソナルトレーナーを本職とされてる方を尊敬している。

私の周りにはパーソナルトレーナーを本職とされていてる方が多く、

その方達の話を聞いていると、正直身体についての知識は到底勝てないと思うし、

また、それだけの勉強をされ、現場経験を踏み、プロとして接しておられるのだろうと思う。

 

一時期、スタジオインストラクターがパーソナルトレーナーも同時にこなすハイブリッド型が奨励されていた時期もあり、私も一時期選択肢として考えた事もあった。

でも、パーソナルトレーナーさんと関わるにつれ私はそれを選択肢から外した。

何故なら、両方やると言う事は、結果、どちらかが片手間になると感じたからだ。

「分がどちらに向いてるか分からない時期に、自分に合った仕事を探る意味で、最初の間ハイブリッドで活動し、その後片方に集中する」

と言うなら分かる。

でも、いつまでも両方をやるのは、片方を真剣にやっている者に対して私は失礼だと思った。

(考え方は人それぞれだと思うので、あくまで私個人の考えです。)

だから私はスタジオインストラクター1本に集中し、

更に深く「身体の変化」を求め出した方には、

私が指導するのではなくパーソナルトレーナーを勧めるようにしている。

 

では、スタジオインストラクターの役割は?

もちろんスタジオ指導も「運動指導のプロ」として、身体について、運動についての知識を持つ事は大前提として、

 

・運動と言う物を普段されていない運動初心者

・運動未経験者

 

にとって

「運動」と言う物に関わるきっかけ」

としては「スタジオレッスン」は最良の物だと思う。

また人によっては「身体の変化」ではなく、

・音に合わせて動く事が楽しい。

・汗をかく事が気持ち良い。

と言う事を望む人もおられるのも事実。

それも結果として「運動」に繋がり「健康」への意識に繋がり、

何より「運動の継続」と言う物に繋がってる筈だから。

 

何処のクラブでも言われている、

スタジオレッスンの参加者は、スタジオレッスン不参加者に比べて退会率は低い!

と言うデータは存在しており、

運動が「楽しい」「気持ちいい」と感じて頂き、運動を継続させる役割、

これがスタジオインストラクターの役割なのではないのだろうか?

そして、この部分に関してはパーソナルトレーナーさんに負けていない自負がある!

 

インストラクターとパーソナルトレーナーは役割が違う!

でも、どちらも、

「運動の大切さを伝えたい!運動の楽しさを伝えたい!」

ここの部分は共通しているのではないのか?

 

同じ「フィットネス」と言う括りの中で働いていて、

同じ想いを持ってる者同士が、役割が違うだけで非難し合う必要はない!

お互いがお互いを尊重し、役割を理解し「運動」「健康」を多くの人に伝えれば良いのではないのか?

 

所詮、フィットネスクラブ人口3%の小さい枠の中。

そこでとやかく言ってる暇があれば、

お互い協力し合い「運動大好き人口40%」くらい目指した方が良いと思う!

 

あくまで私の個人的考えですけどね…


●貴方もFANCの仲間になりませんか? インストラクターのサポーター「FANC」に登録されたい方はこちら!

https://fanc.academy/

(運動指導者限定!関西・関東地区の方のみ募集中!)


●1日身体を学びませんか?(ピラティス・更年期・ストレッチなど、様々な学びを1日に集結!)

1dayセミナー 「体学」


吾妻亜紀 特別講演 

「インストラクターのセカンドキャリアを考える!」

2017-02-22 | Posted in 想いNo Comments »