想い

「インストラクターが外に出る事を考える前に、クラブに対して出来る事はまだまだあります!」

14642320_907351902731382_3420625671001360743_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪


「クラブの外へ!」

「インストラクターも自立するべき!」

 

なんて事を声高に書いたりすると、

 

 

「インストラクターが外に出る事を考える前に、

クラブに対して出来る事はまだまだあります!」

 

と言う方もやはりおられます。

確かに「クラブに残る」と言う選択肢はあっても良いとは思います。

 

・もっとスタッフと情報交換する。

・クラブにとってメリットのある事を提案する。

・有料レッスン・イベントを開催する。

・お客様の意見を吸い出し、クラブにどんどん提案する。

・色々なエクササイズが出来るようになっておく。

などなど・・・

 

どれもクラブからは喜ばれそうな事ばかりです。

で、正直してあげた方が良いでしょうね♪

私も出来る範囲ではしていますよ。

何故なら、クラブでレッスンをしてる限りはインストラクターもスタッフなんですから。

上に書いたことは、ある意味して当たり前の事だと思っています。

クラブにとって必要とされる存在になればクラブから追い出される事はないのでしょう。

 

でも、それは現場レベルの話ではないですか?

 

先日も某大手フィットネスクラブが「エアロビクスをなくす方針らしい」と言う事でfacebook上で話題になってました。

いくら現場レベルで必要とされていても本社の方針には逆らえません。

 

「なら、エアロビクスではなく、ヨガをします。

プレコリリオも出来るようにします。」

 

いや、それ以前に「フリーのインストラクターを排除する」と言う会社方針になったらどうするのですか?

 

プレコリオなどはスタッフもされています。

わざわざフィーの高いインストラクターと契約するメリットはクラブにあるのでしょうか?

 

「クラブと契約」

 

と綺麗な言葉ですが、

単純にクラブに首根っこを掴まれている状態ではないのですか?

4月、10月、スタジオスケジュールの変更時期になったら、

毎回ドキドキしてるのではないのですか?

レッスンフィーを一律カット!

なんて、平気でしてくるクラブなんていくらでもあります。

 

私はフィットネスクラブのスタジオでレッスンする事をダメだとは言ってません。

でも、クラブだけに頼ってはダメだとは言ってます。

 

私達のお客様はフィットネスクラブにしかいない訳ではないのです。

健康になりたいと願ってる全ての人、

運動は大事だとは思ってる全ての人がお客様です。

 

 

その全ての人をフィットネスクラブに来て貰うように説得するのですか?

そんなことをしなくても…

私達はインストラクターです!

私達は運動指導者です!

私達が運動を教えてあげれば良いのではないのですか?

 

クラブの中でレッスンをしていれば色々と心配しなくて良いのかも知れません。

でも「切られる」と言う一番考えなくてはいけない事から目を逸らそうとしていませんか?

 

「でも、まだレッスン貰ってるし。」

 

それがいつまで続くのですか?

保証はあるのですか?

気付いたら、どこからもレッスン貰えない状況になってる。。。と言う事は本当にないのでしょうか?

 

本当は気付いてるのでしょ?

 

クラブもどんどん変わって来ている。

クラスもどんどん減らされている。

いつかレッスンがなくなるのではないだろうか?

 

みんなが焦って動き出しても手遅れになるかもしれません。

手遅れにならない内に。

気付いた時に動き出しておくべきです!

2017-10-27 | Posted in 想いNo Comments » 
Comment





Comment