想い

私達は自信を持って良い職業だと思う。

14650605_907351949398044_937158661580841675_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪


いつもの帰り道。

駅の近くのコンビニに寄ってみると、なぜか薄暗いし、雑誌棚が空っぽ・・・

入り口のドアを見てみると、

「○○日にて閉店させて頂きます」

の文字。

確か、1年ほど前にリニューアル工事をされていた筈なんだが。。。

 

その時の私の中に「浮かんだ言葉」

「駅前で便利だったんだけどな。。。」

と。

どう言う意味か分かりますか?

そのコンビニ、もう20年近くはやっていたと思う。

気が向けば寄ってはいたし、慌てて何かを買いに来た事もある。

なのに、寂しさが一つもない。

思い出もなければ、店長さんともほとんど話した事も無い。

会うと言えば、入れ替わるアルバイトの定員のみ。

 

一つの店、そこそこ長くある店が閉店しようと言うのに寂しさが少しもない。

下手したら、

「どうせまた、別のコンビニでも出来るんだろう・・・」

とさえ思ってる自分がいた。

これはおそらく私だけではないと思う。

(私だけだと、私は酷い人間だと言う事になるのかな?)

 

世の中はどんどん便利になって行っている。

でも、同時に人と人との繋がりが希薄になって来ている

便利と引き換えに、人との会話がなくなり、人間関係は寂しくなり、

どんどん世知辛い世の中になろうとしている。

 

そう考えると私達の仕事は温かみがあるな。。。と感じる。

人と会い、人と話し、人の笑顔に囲まれている。

時に汗を流し、時に癒され、時に大笑いする。

何かの理由でクラブを抜けなければならなくなった時、

涙を流してくれる人さえいる。

 

AIが話題になる現代。

確かに、人間の足りない部分を補う以上の力を持っているのかも知れない。

でも・・・

ただ横に居てくれるだけで落ち着く。

和み、笑い、泣く。

そんな感情を呼び起こすような事もAIは今後出来るようになるのだろうか?

 

遠い未来は分からない。

でも、

一緒に泣き、笑い、大騒ぎ出来る。

人生80年、その多くを人との思い出で埋め尽くされている。

そう考えれば、私達の仕事は素晴らしいと思う。

やり甲斐があると思う。

「エアロビクス」

と言う一つの種目に特化しなければ、

「健康」でいたいと多くの人に提供する物を私達は学び、持っていると思う。

 

自信をもっと持っても良いのではないか?

インストラクターと言う人種を!

トレーナーと言う人種を!

AIには、まだ取って代われない仕事だと言う事。

私達は自信を持って良いと思う。

いや、

持つべきだと思う。

 

私達に「閉店ガラガラ」はまだ早い♪


文・乱文・誤字・脱字をお詫び申し上げます。


 

2017-12-27 | Posted in 想いNo Comments » 
Comment





Comment