2018-02

《母への手紙》母の三回忌が終わり

IMG_8481

 《母への手紙》

 

昨日、母の三回忌が終わりました。

もう母が亡くなって2年が経つんですね。

未だにふっと顔を出して微笑んでくれそうな気がします。

 

三回忌もあったので、まだまだ片付けていない母の遺品を少しだけ片付けていましたら、私が7年前に、母の誕生日に贈った「手紙」が出て来ました♪

こんな物、捨ててるかと思ったのですが、、、

大事に取ってたんですね。

 

ただ、私の一生懸命な気持ちが込められてました♪

何度も書き直すので、まずはWordに書いて、それを手書きの手紙に書き移していたので、探したらWordに書いていた物も出て来ました!

28383894_1218960014903901_166018291_n

「母さんへ

 

お誕生日おめでとうございます。

毎日会ってはいるけど、なかなか面と向かって話すのは照れてしまうので、良い機会なので、

誕生日の日に私からお手紙を書かせて頂きました。

 

母さん、

母さんには本当に感謝しています。

そして、お世話になりっぱなしで、

親孝行もせずに本当に申し訳なく思っています。

 

おかげ様で43歳まで何不自由なく生きて来れました。

そして、母さんからは多くの事を学ばせて頂きました。

母さんは、私に多くの事を押し付ける事はされませんでしたが、母さんの後姿を見てるだけで多くの事を学べたと思っています。

 

また、いつも私を助けてくれましたよね?

今でも覚えていますよ。

「いじめる子がいたら、いつでも家に呼んでおいで」

と言ってくれた事。

おかげで大きな虐めもなく学校にも通えました。

 

他にも色々無茶な事を言いましたよね?

でも母さんは無理をしてでも、いつでも助けてくれました。

 

母さんの存在は私にとっては大きな安心感でしたよ。

「何があっても、母さんはいつでも100%の力で助けてくれる。」

ずっと、その心に甘えて来たように思います。

でも、その分、だからこそ、

「母さんに心配をかけてはいけない!」

と思って今まで生きて来ました。

これも母さんから貰った「教え」の一つなんでしょうね。

おかげで「おてんとうさま」に真っ直ぐ生きて来る事が出来ました。

 

でも、

母さんの想いに応えられた息子だったでしょうか?

まだまだダメ息子で本当に申し訳ないです。

だからこそ1日でも長生きして、

まだまだ私を指導して下さい!

 

私は、母さんの子供として生まれて来て、

本当に良かったです。

本当に感謝しています。

これからも、まだまだお世話になります。

申し訳ないですけど、宜しくお願いします。

 

そして、私も、少なくとも母さんよりは長生きします。

それは約束します。

それがダメ息子の私の・・・

兄さんや姉さんにも出来なかった、

私の唯一の親孝行だと思うので。

 

今日は良い誕生日にして下さい。

くれぐれも無理はしないで下さい。

寒くなりました。

何より身体を第一に考えて下さいね。

 

2010年12月5日 昌幸より。」

 

うん・・・

読み返してみると恥ずかしいですね(^_^;)

でも、今日出て来たのも意味があるのかも?

なので、アップして記念に残しておきました♪

 

こうして手紙を残してくれてたのだから、

少しは喜んでくれたんでしょうね♪

まだ、両親が健在の皆さん。

良かったら手紙なんて書いてあげて下さい。

これだけでも親孝行にはなるのかも知れませんし。

ちなみに2人の写真は昭和54年正月の母と私です♪
(自宅前にて(^_^;))

CCI_000081

2018-02-26 | Posted in 日常の風景No Comments » 

 

《私の想いを伝える時間♪ ③》

《私の想いを伝える時間♪ ③》

「エアロビクスは今後なくなってしまうのか?」

について、私なりの考え方を述べてみた♪

2018-02-24 | Posted in 想いNo Comments » 

 

行動もせずに「私は出来ない!」はおかしい!

img_0190

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。

 


「クラブの外へ!」

と言う事を言ってると、よくこう言う言葉を言われる事があります!

 

「クラブの外に出れる人ばかりじゃない!

それを全員に目指させるのはおかしい!

出ることが全員にとって良いこと?

言い切れないのでは?」

 

まぁ、外に出るには普段フィットネスクラブでレッスンをしているスキル以外にも色々と身に付けなくてはいけないし、

内容によっては、そのスキルを身に付けるのが難しい人も中に入るのかも知れませんね・・・

 

ただ、こう思うんです。

「でも、まず何か行動を起こしましたか?」

ってこと。

行動を起こすと言っても、別に名刺を持って、会社に飛び込み営業しろと言ってる訳ではありませんよ。

 

・「市役所に運動指導者を探してませんか?」て聞いてみても良い。

・facebookに出て来る交流会に行ってみても良い。

・友達のインストラクターで既にクラブ外で活動してる人に聞きに行っても良い。

 

それに、

「私はいつでも相談に乗りますよ」

と言ってるのだから、私にメッセージを送って来ても良いですよね。

 

何もしないで、

「私には出来ない!」

と言ってるのであれば、その方はこれからも何も出来ない方なんでしょう。

ごちゃごちゃ考える前に、

「今、自分が出来ることは何か?」

を考える。

それぐらいは出来る筈!

 

そして、やってみて出来ないのであれば、

その自分の苦手な分野が得意な人を探す事は出来る。

 

出ることが全員にとって良いこと?

言い切れないのでは?

 

確かに「全員に出ろ!」と言うのは強引かも知れない。

でも、このまま残っていて本当に大丈夫なんだろうか?

多くのフィットネスクラブの運営は決して右肩上がりではない。

その中で「人件費」カットがあからさまになって来ている中で、

(これを気付いていない人も多くいるのかも知れないが。。。)

クラブに残ると言うのが最善の策だろうか?

 

また、

「クラブ外の仕事だけにしろ!」

とも私は言ってない!

フリーランスの大きなメリットは、仕事を一つに絞らなくて良い事。

収入の柱は多い方が良い。

なら、クラブのレッスンを残すのも策の一つだと思う。

問題なのは、

「それだけに頼っていて良いのですか?」

と言う事。

何度も言うけど、

 

自分の食い扶持ぐらい自分で作ろうよ!

 

それに、不思議に思うのは。。。

もし、「私には出来ない」と言ってる人がいたのなら、

「何故フリーランス(個人事業主)になった?」

ってこと。

 

フリーランスをネットで調べてみれば、

「特定の企業や団体、組織に専従しておらず、

自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。」

とある。

本来「社会的に独立した個人事業主」とあるように、

何処にも所属せず、自分の力だけで生き抜いて行くのがフリーランスだ。

 

「フィットネスクラブでレッスンをしてお金を貰う。」

 

これはフリーランスとは言えない!

 

本来のフリーランス(個人事業主)は、

 

お客を集め、場所を用意し、お金の知識に、自分の技術を磨いて、

全てを自分の責任においてやって行くものだと思う。

 

又は自分の足りない物を補う仲間を見つめ、

チームとして利益を得る為にやって行くもの。

 

「私はフィットネスクラブでしかレッスン出来ません。」

 

と言う考え方自体が間違っていないか?

 

考えも、行動も起こさず、

「私には出来ません。」

が通用していた時期は既に終わってると思う。

 

まずは、考える。

自分が何が出来て、何が出来ないのか?

何が得意で、何が不得意かを見つけ出す。

そこから何事も始まるのだと私は思うんです。

 

で、出来ない事、不得意な事が分かれば、

 

それを出来るように学ぶのか?

出来る仲間を見付けるのか?

 

それを考えるのも私達の仕事なんだと思うんです。

 

サラリーマン・OLの方々も色々な人間関係の中、苦しみ、頑張っておられる。

 

そう言う社会から抜け出して自分の好きな事を仕事にし、

食って行けてる事にまずは感謝し、

そして、その感謝の先に、少しの努力や苦労が伴うのは当然なんではないだろうか?

だから、やる前から決めつけないで、

 

行動を起こそうよ!

考えてみようよ!

2018-02-23 | Posted in 想いNo Comments » 

 

自分の環境を嘆く暇があるなら、行動に移せ!

14721724_907351642731408_75000388644980871_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。


お久し振りのブログです!

ご無沙汰しておりました!

シンガポールに行く前に書いた後、

その後動画にはまってしまいfacebookで動画ばかりをアップしておりました(^_^;)

 

でも、やはり文章でしか伝わらない事もありますからね♪

今後とも宜しくお願い致します!

 

さて、2月も中旬に入って来ました。

そろそろ来期のスケジュールも慌ただしくなって来る頃ですかね?

そしてこの時期、インストラクターからも焦りからか時々愚痴も聞かれる事もあります。

 

「私のレッスンって日曜日の最終で、人が集まり難いんだよね!」

「私の裏のレッスンって、人気の〇〇インストラクターのレッスンだから集客出来る訳ないよね!」

 

とか・・・、

で、

クラブのスケジュールの組み方がどうとかこうとか。。。

まるで自分が悪いくじを引いてしまったように仰る方もたまにおられます。

 

しかし、どうなんでしょうね?

 

私達の仕事って細かく見れば色々とあると思いますが、

大きな仕事は「集客」ですよね?

そして、この集客の前提として「どんな条件でも」って付くんだと思うんです。

 

例え、裏で人気のインストラクターがレッスンされていようが、

クラブに人がいない時間帯であろうが、どんな悪い環境でも常にスタジオに集客する。

それが私達の仕事だと思うんです。

 

何故、人が集まらないのか?

お客さんは何を求めてるのか?

その時間帯のお客さんは、どんな層なのか?

他の時間帯にどんなお客さんが行き、自分のレッスンに来て頂けそうなお客さんはどんな人達なのか?

 

ただ、クラブのスケジュールの愚痴を言ってる時間があるなら、

上に書いた事を分析し、それがまとまったらクラブに相談すれば良い。

自分のクラスに来て頂けそうなターゲット層が決まれば、クラブも宣伝の仕方やら、

時にはクラス内容も変える事も検討してくれる筈。

 

クラブもただ適当にレッスンを埋めて行ってる訳ではない。

(時々、そう言うクラブもない訳ではないが。。。)

 

「この時間帯には、こう言うお客さんを集めたい!

だから○○さんの〇〇と言うレッスンが適任だ!」

 

みたいな。

でも、担当者も全てのレッスンを把握してる訳ではない。

そこで重要なのが現場を担当してるインストラクターのアドバイス。

現場の空気、現場の問題点、現場のお客様の意見。

現場の空気を一番把握してるのは現場にいるインストラクターなんだから。

 

「スタジオに行って、レッスンをして帰る。」

 

だけではなく、クラブにいる間はクラブスタッフ一員として協力する。

 

もし、今後もクラブに残りたいと言う思うのなら尚更!

クラブスタッフとしても欠かせない人材になるべきではないのか?

 

陰で愚痴を言ってるインストラクターなんか今後必要とされる筈もない!

 

集客が悪ければ自分の責任。

集客が良ければみんなのおかげ!

 

この姿勢が皆に求められるインストラクターではないだろうか?


CCI_000059

《FANC関西 フィットネスロード12 開催!》

日 時:2018年2月18日(日)

第1部 17:00~19:00

第2部 19:00~21:30

会 場:ピギーバックスソーシャルルーム(心斎橋徒歩10分)

〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町4-4-5 タケコウビル5F

参加費:1部3000円 2部3000円 両方受講4000円

  • 申し込み:

⇒ https://pro.form-mailer.jp/fms/14dacf9889314

 

2018-02-16 | Posted in 想いNo Comments »