2018-06-10

「自分の事は自分が一番・・・」分かってないよね?

14563472_907351782731394_9111667591056288126_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


先日、仙台での講演の際にも話した内容なんですが、

お客様へアピールする際は、あくまで「今」(現在進行形)が効果的だと思う。

よくインストラクターがお客様に向けて言ってる言葉で、

「それでは将来、歩けなくなりますよ。」

「そのままでは、いずれ病気になりますよ!」

と「未来」への不安を煽る物。

 

インストラクターは身体の専門家。

だから「このままだとどうなるか」を理解し、感じているから、

「それをそのまま伝えたら伝わる筈!」

と思って一生懸命伝えるのだが。。。

 

正直、このやり方は間違いではないが、正解とも言えないかも?

このやり方で相手に伝える為には相手にリアルにイメージさせる必要がある。

その為には表現であったり、文章力であったり、

そうとうその手の手法に長けた者でないと、相手にイメージさせるのは難しいのではないか?

と私は感じている。

 

特に、常にそう言う事を考えてる「コピーライター」とか言う職業の方ならともかく、

普段から、集客と言う物を考える機会のないインストラクターでは正直荷が重い。

 

では、何故「将来」が、

リアルに感じられないのか?

感じさせる事が出来ないのか?

それは、言われた本人がそう感じていないからだ…。

 

よく、

「自分の事は自分が一番よく知ってる!」

と言う方がおられるが、

「自分の事ほど、自分が一番理解出来ていないんだよな。。。」

と感じる事も、この業界にいると多々感じる事がある。

 

これは、昔行ってたクラブの話。

 

私は中級エアロを担当していて、

そこに、明らかに「メタボ」体型の中年男性が入ってくれていた。

(イメージとしたら下記写真のような体型の方でした。)

8925a790b7be1aee94c572a66e027dc4_t

9ea4607807dc63d7ef32ac6714a07167_t

 

しかし、ある時期からピタッと来られなくなる。

 

ある時、たまたまクラブの更衣室でお会いしたので、

「どうされましたか?

あれだけ来られていた人が来られなくなったので心配してたんですよ!」

と、すると、

「膝も腰も悪くなってね。

しばらく激しいのは止めておこうと思って。」

 

なるほど、あの体型では仕方ないかも知れない。

と私は感じました。

 

が、次に出た言葉に正直ビックリ。

 

「医者からは、

「メタボ体型を何とかしろ。」

と言われたんやけど、先生、俺ってそんなに太ってるか?」

 

と・・・

正直今更?

と思える質問!

 

「えっ、まぁ・・・」

 

ハッキリは言い難かったので、

何気に匂わせた感じで伝えたのですが、

 

「そうか。。。

俺ってそんなに太ってんのか。。。」

 

まぁ、上の写真のような体型ですからね・・・。(^_^;)

 

逆に言うと、

「それほど人って自分の身体って分かってないんだな~。」

と改めて感じた瞬間でもありました。

まぁ、毎日鏡を見ても胸から上だけだったり、

全身を見ていても、毎日少しづつ体形が変わって行くと気付けないものかも知れませんね。

 

つまり、多くの場合、

「そのままでは・・・」

と言う伝え方をしても、本人が自分の現状をちゃんと理解していなければ不安にならないと言う事なんですよね。

 

なので、

「そのままでは将来。。。」

と言う言葉を使いたければ、

その相手にリアルに感じて頂く為に、

数字なども使い、比較させたりして、

より具体的に伝えた方が良いかと思いますね。

 

それか、今現在メリットを感じる物を伝えた方がお客様には伝わり易いかも知れませんね。


33216226_1273303216136247_1632934664584822784_n

「プロが教える!身体を変える! 格闘技指導!」

日 時:2018年6月17日(日)19:00~20:30

会 場:新大阪ココプラザ

32266817_1266373366829232_1163224173372243968_n

「愛され妻講座 タイプ分析編」

日時:2018年6月16日(土)  19:00 – 20:30

会場:TRI:FIT Fスタジオ

⇒ https://www.facebook.com/events/210674063072485/

2018-06-10 | Posted in 想いNo Comments »