想い

呟き・・・呼び方

40322354_268241100474467_8546091793475698688_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


《呟き・・・》
「おかあさん!(^^)」
 
以前、お客様から聞いた話・・・
 
 
「○○インストラクター、私のこと「おかあさん」て呼ぶんよ!
私あんな子、産んだ覚えないわよ!」
 
と怒っておられた。
(そのインストラクターの前では受け入れられてる態度をされてるようでしたが。。。(^_^;))
 
なんか・・・納得(^_^;)
 
おそらく、そのインストラクターは親しみを込めて「おかあさん」て呼んでるんだと思う。
また、そう呼ばれる事を嬉しく感じるお客様も居る事も確か。
 
でも・・・
 
『親しき中にも礼儀あり』
 
なんでしょうね。
 
またご本人が了承しても、それを見ている他の人がどう思うのか?
 
これもある意味考えるべきだとも思う。
サービス業を営むプロであれば。
 
「本人が良いと言ってるから良いでしょ!」
 
ではすまされない。
 
その呼び方を見て、
 
「あのインストラクター、礼儀知らずだ!」
「あのインストラクターは常識がない!」
 
そう取られてはクラブへのクレームにも繋がるかも知れない。
 
お客様との立ち位置と言うのをそこまで考える必要があるのではないのかな?
また、だからこそプロなんだと思う。
 
 
私は基本、お客様を呼び捨てやニックネームで呼ぶことはありません。
(まぁ、元々お客様の名前を覚えられないのは・・・ナイショ(^_^;))
 
それは私が営業経験があるからかも知れませんね。
 
私がまだサラリーマンで、営業職だった頃に先輩から良く怒られていたこと、それは、
 
「お客様との距離感を大事にしろ!」
 
と言う事でした。
 
あまり仰々しい言葉遣い、態度ばかりだと心を開いてくれず売れる物も売れない。
 
かと言って、
親しいを通り越して馴れ合いにはなってはいけない。
親しみを込めた言葉、態度がお客様を怒らせる事があるからだ。
 
 
お客様と親しくなったとしても、言ってもお客様。
 
友達は喧嘩しても本当の友達ならばまた仲直りもする。
 
でも、お客様は親しくなっても友達ではない!
金銭が(直接でなくても)絡んでる限りは失礼があってはいけない!
 
 
そう考えれば、
「営業職の時に大事な事を教えて頂けたな。。。」
と、当時の先輩には感謝しなくてはいけないな。。。(^_^;)
 
 
また、これはインストラクター同士間でも多少は気を付けた方が良いのかも知れない。
 
お客様程ではないにしても、
例えばキャリアの長いインストラクターや、
周りから尊敬されてるようなインストラクターに、
呼び捨てや○○ちゃん、と言うのは避けた方が良いのかも知れない。
 
まぁ、プライベートで会ってる時ならともかく、
 
そのインストラクターが例えばセミナーの講師をされていた場合、
そのセミナー会場で講師の先生を呼び捨てなんかで呼んだらどうなるか?
 
そのご本人は気にしないかも知れないが、
そのセミナーを受けに来てる受講者から反感を買うのは目に見えてる。
 
 
少なくとも不特定多数の人がいる場所や、
不特定多数の人が見るネット等では、
多少は気を付けるべきではないのかな?
 
 
「お前、考え硬いねん!」
 
と言われるかも知れませんがね(^_^;)
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
●8/31(金) インストラクターのしゃべり場(FANC関西)
 担当: 安田 由香里
 https://www.facebook.com/events/627373580995832/ 
 
●9/2(日) FANC関西『フィットネスロード14』(FANC関西)
 講師: 米澤 卓郎 プレゼンター: 吉村 はる美・ 亀崎 一郎
 https://www.facebook.com/events/1570667129906713/ 
 
●9/9(日) リフレッシュエクササイズ 【KAZE】無料体験会(FANC関東)
 指導: 上田 浩之
 https://www.facebook.com/events/427545897736860/ 
 
●9/9(日) インストラクターの能力を活かした「仕事の作り方」 東京版(FANC関東)
 講師:肥塚昌幸
 https://www.facebook.com/events/309094526512407/ 
 
(敬称略)
2018-08-29 | Posted in 想いNo Comments » 
Comment





Comment