2018-11

《想い・・・》腕組みをする男性トレーナーに感じる事♪

PAKU6448_TP_V1

《想い・・・》

腕組みをする男性トレーナー♪
 
 
おはようございます♪
 
運動指導者の活躍の場を提案する。
FANC代表の肥塚です♪
 
 
さて、先日何気に呟いた、
 
 
「パーソナルトレーナーの男性のプロフィール写真。
 
何故、腕組みしてる人が多いんだろう?」
 
 
思わぬ反響で、何気に呟いた私自身が驚いています。
 
意見としては、
 
・良いんじゃない?
・私もそう思ってました。
・あまり好きではないです。
・見せたいだけでしょ?
・力強さのアピール!
 
などなど・・・
 
正直言うと、facebookのプロフィール写真をどう使おうが勝手と言えば勝手♪
 
好きな画像を使えば良いんですよ♪
 
ただ、facebookを仕事に活用したいと考えてる方なら、
 
「どうなのかな。。。?」
 
とは私は思っています。
 
 
ここから先は、あくまで私の意見なので、興味なければスルーして下さいね♪
 
 
一番思ってるのは、
 
普段、お客様を迎える時や、お客様を待ってる時に腕組みをされていますか?
 
て事。
(されているなら、これ以上は読まなくて良いですよ♪)
 
ちょっと想像して下さい。
 
トレーニングルームでトレーナーが腕組みして立ってる所を♪
 
 
腕組みしてる人に声をかけたいと思いますか?
 
腕組みしてる人に質問したいと思いますか?
 
 
と言う事なんです。
(まぁ、人それぞれなので、そう言う人に声をかけたいと言う人もいるかも知れませんが(^_^;))
 
 
運動歴が浅い人や、ジム等に来た事のない人など、それが女性なら特に声を掛け難いと思うんですよ。
 
実際、スポーツクラブで腕組みして立ってるトレーナーさんってあまり見た事ありません。
 
と言う事は、多くの人は意識してそう言う姿勢で立たないようにされてると思うんです。
 
なのに、何故プロフィール写真は腕組みされてるのかな…?
 
 
逆に、ここを考えてみます。
 
『腕組みの写真を選んだ理由はなんですか?』
 
私の想像です。。。
 
 
・格好良く見せたいから。
・たくましく(力強く)見せたいから?
・安心感を与えたいから?
・みんながしてるから?
・誰かがやってるのを見て良いと思ったから?
・トレーナーのイメージがこれだから?
 
 
こんな感じでしょうか?
 
では、ここに「お客さんがどう思うか?どう見るか?」と言う考えは入ってますか?
 
「格好良く見せたい」「力強く見せたい」「みんながしてるから」「誰かのを参考にした」「イメージがこうだった」
 
どれも自分目線ではないですか?
 
 
「安心感を与えたい」はまだお客様の事を考えてるかも知れませんが、
 
腕組みをされてる姿勢で安心感を与えられるでしょうか?
 
「力強く見せれば安心されるだろう」
 
と言うこれも自分目線ではないですか?
 
実際安心感を与えられるなら先ほど言ったようにジムやクラブなどの現場で、
 
トレーナーは皆さん腕組みされてる筈だと思うから。
 
 
大事な事はお客様の目線で見てるかどうかだと思うんです。
 
この考えはインストラクターが作るポスターを見てても感じます。
 
「フィットネスクラブでは通用するだろうけど、クラブ外では見て貰えないだろうな。。。」
 
と言うパンフレット(ポスター)を何度も見て来ました。
 
自分が選ぶ側の立場で、その分野の全くの素人になったつもりで、
 
宣伝・告知などに使う物をもう一度見てみて下さい。
 
おそらく気付くのではないでしょうか?
 
 
もし、この辺の事をもっと聞きたい方は、
 
11/27(火)16:00~ 東京渋谷で開催する、
 
『あなたの想いに寄り添い、フィットネスの活かし方を一緒に語る夕べ♪』
 
に来てみて下さい。
 
 
6人限定の少人数なので来て頂いた方には深くお話出来るかと思います。
 
一人一人の今の活動の相談に乗る会なので、
 
ポスターの作り方や、気付いて貰えるポスターにする為にどうすれば良いか?
 
悩んでる方には私の気付いてる範囲でお伝えしますよ♪
 
(もちろん、パンフレット作り以外の事で悩んでる方の相談にも乗りますよ♪(^^))
 
  
最後は宣伝になってしまいました♪(^_^;)
 
大事なのは相手の立ち位置に立って考えたかどうか?
 
だと思うので♪
2018-11-17 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《想い・・・》「クラブの外へ♪」 = 「クラブはインストラクターの敵」 (?)

IMG_2009

《想い・・・》
「クラブの外へ♪」 = 「クラブはインストラクターの敵」 (?)

私が「クラブの外に出て仕事をするべきだ!」と発言すれば必ず出て来るこの言葉。

「クラブを敵に回して何が楽しいねん!」

何度も書いた事、何度も訴えた事。

私の想いが全ての人に伝わるとは思っていない。

同じ文章でも捉え方はそれぞれ、仕方がない。

それでも、言わせて貰うと。。。

「クラブは敵だ!」

なんて言った覚えはない!

個人事業主のインストラクターなら、

「フィットネスクラブに依存していないで自立するべきだ!」

と言ってるだけだ!

だからと言って、全てのレッスンを抜けろとも言ってないし、

ましてや、

「クラブのお客様を連れ出し、自分のお客さんにしろ!」

なんて言った覚えはない!
(逆に「それはルール違反だ!」とも言っている。)

個人事業主なら当たり前の事。

「収入の柱はいくつも持っておくべきで、

様々なリスクに対処出来るようにしておくべきだ!」

と言ってるだけだ!

誰も「脅し」たり「煽ったり」もしていない!

実際、私自身今でもフィットネスクラブでレッスンをしている。

今でも週に12本のレギュラーレッスンを持っている。

私にとってはこれも収入の柱の一つである。

でも、契約である限り、クラブの事情でいつ切られるかも知れない。

実際、クラブによっては、

「全インストラクターのレッスンフィー○○%カット!」

と言う事をされたクラブもあると聞く。

もちろん、インストラクターの為に一生懸命考えてくれるクラブもある。

でも、企業である限り、生き残りの為に人件費削減と言う手を打つのも仕方のない事だ。

その時に慌てない為にクラブの外にも収入の柱を作るのが何がいけないのか?

何が間違ってるのか?

昨日も東急スポーツオアシスの向井氏とお会いした時に話したこと、

「今後、フィットネスクラブが必要とする人材として、

フィットネスクラブの要求に対して従順に従うだけのインストラクターと、

外の世界で揉まれ、自立し、外の世界で得た知識や経験を

クラブにアドバイスしたり、レッスンに活かすインストラクターとどちらが欲しいですか?」

と。

回答は、もちろん後者だった。

これは誇れた事ではないかも知れないが、

私は今までレッスンフィーの値上げを自分からはした事がない。

だから、今行ってるクラブで十年近くレッスンフィーが上がってないクラブも幾つかある。

私は、クラブの1レッスン、数円、数十円、数百円の値上げよりも、

クラブの外で、クラブに通われていない97%にアプローチし、

そこから収入を得る事の方が必要だと感じてるからだ。

1レッスン、数円、数十円、数百円の値上げとは言え、

フィットネスクラブにとっては大きな金額になりかねない

だから、そんな事でクラブを悩ますぐらいなら、

「自分の食い扶持ぐらいは自分で探す!」

と考えてる。

フィットネスクラブは敵ではない!

「運動を通して、人を健康にし、人を幸せにし、人々が笑顔で過ごせる毎日を提供したい!」

とおそらく考えてる筈だ。

そして、インストラクターだって同じ事を考えてる。

同じ事を目指してる者が争う必要なんてあるのか?

お互い協力しあえる事はしあい、競争ではなく共創(協創)して行けば良いだけの事である。

健康の為に運動は欠かせない事は、

フィットネスに関わって来てる者なら十分理解してる筈。

「脅す」必要もない!

「煽る」必要もない!

協力して行けば良いだけの事!

今後も私は、

FANCは、

「フィットネスクラブの外へ!」

と言い続けて行く!

何年も増やす事の出来ない3%の方だけを相手にするのではなく、

97%の運動の良さを知らない人達に運動の良さを伝える為に。

そして、インストラクターの、外に出ないと気付けない様々な能力を活かせるために!

そして、インストラクターが将来まで不安のない本当の笑顔でいられるために!

 

2018-11-16 | Posted in 想いNo Comments »