2019-03-12

《想い・・・》「出会いは、出て会うと書く。だから出かけるんです♪」

53528428_1506196389513594_769001207015407616_n

《想い・・・》

「出会いは、出て会うと書く。だから出かけるんです♪」

 
最近、良く言われる言葉!
 
 
「肥塚さんって、ホンとあちこち行ってるよね?」
 
 
確かに(^_^;)
 
 
月曜日で調べると、今年に入って10回あり、そのうち4回は大阪以外で朝目覚めてた!
 
だいたいその事をfacebookにあげてるんだから、そりゃ言われますよね?
 
 
で、色々な所に出かけて、色々観光してるのか?
 
いえ、
 
人に会ったり、仕事で出かけたりして、その後ホテルで宿泊して帰る。
 
ほぼほぼその繰り返しです♪
 
まぁ、正直なところあまり観光に興味はない(^_^;)
 
しいて言うなら、美味しい物は食べたいので、その土地の名産を聞いて、それを食べて帰るぐらいですかね?
 
 
では、何故、そんなに出かけるのか?
 
理由は「人に会いたいから」「情報を得たいから」
 
 
今やネット時代。
 
わざわざ出かけなくても、画面上にその人が出て来て会話も出来るし、表情だって分かる。
 
 
「わざわざ出かけるなんて馬鹿げてる。」
 
 
と言われるかも知れない・・・、
 
 
でもね、その場に実際に行って、その人に会って、初めて気付ける事って一杯ある。
 
雰囲気、表情、横顔、持ち物、気候、街並み、その他色々・・・
 
そこから話のネタが出て来たり、疑問を持ったり、聞いてみたり。
 
その人の趣味、思考、好き嫌い、そして、
 
自分が知らない世界の情報や知らない業種の人を紹介して貰ったり。
 
 
今やネットでは無料で様々な情報を手にする事が出来る。
 
でも、その情報って本当に価値のある情報?
 
無料と言う事はみんなが目にし、手に出来る情報。
 
そんな情報が他と差別化出来る情報ですか?
 
 
本当に必要な情報は、お金を出して、出掛けて行って、
 
得た情報が役立つ情報だとここ数年で気付いて来た。
 
 
よくビジネスの方々のセミナーに行くと、
 
同じ内容のセミナーなのに料金が違う事が良くある。
 
金額の差はセミナーによって多少は違うものの・・・、
 
席が講師の近くであったり、
 
セミナー後の懇親会に参加出来る権利であったり。。。
 
 
「そんな物にわざわざ高い金を払う必要ないやん!」
 
 
と思うかも知れない。
 
でも、その席位置や、懇親会の権利の為に数千円や数万円高く払う人が普通に居ます。
 
いや!
 
そう言う席から完売する事も多い。
 
 
理由は?
 
そう言う席に「お金を払える人」が参加されるから。
 
講師の話は確かに価値がある。
 
でも、それ以上の価値は「高い料金を払える人と知り合えるチャンスを得られる」と言う事。
 
 
「よく富裕層の方をターゲットにしたい!」
 
 
と仰る方がいます。
 
では、そう言う方が居る所に出向いていますか?
 
そう言う人が好んで行く場所に行ってますか?
 
 
「同じ内容のセミナーなんだから、安い金額で良いや!」
 
 
そう思ってる所に富裕層の方はいません。
 
懇親会があれば、講師の人と話せるきっかけがある。
 
そこに好んでお金を出す、お金を出せるだけの余裕がある。
 
そう言う方と知り合える事も「価値」だと言う事。
 
そう言う人と知り合いたいから、高くても懇親会付きのチケットを購入すると言う事。
 
そこで、見て、聞いて、話して、自分の経験値を上げて、自分の知識を増やして、
 
仕事に活かして行く。
 
人脈を拡げて行く。
 
それこそが大事だと思いませんか?
 
 
わざわざ人に会いに行く。
 
ネットで会話が出来る、情報は得られる。
 
でも、その土地に行き、駅の近くにどんな店があり、どんな物を好んで食べてるのか?
 
気候がどんなで、だからどう言う服装をしているのか?
 
それはネットでは知りえない情報。
 
暑い、寒いはテレビで知れても、どれだけ寒いのか?どれだけ暑いのか?湿度は?過ごし易さは?
 
 
良く、全く会った事がない人なのに、
 
田舎が同じと知っただけで、一気に仲良くなる事がありますよね?
 
それは話の共通点が多いから♪
 
その土地周辺の事を知っていたり、学校の話が出来たり、暑さ・寒さの感覚が分かったりするから。
 
そこに行った事がなければ知り得ない情報です。
 
 
今回の関西のフィットネスロード、
 
篠原勇理さんがプレゼンターとして発表されました。
 
 
「自身が開発された「楽泳ぎ」と言う物を多くの人に知って貰う為にはどうすれば良いか?
 
と言うのを投げかけたい、知恵を借りたい!」
 
 
と言うのが目的だった。
 
そうすると、多くの意見が寄せられた、私の予想した以上のアドバイスがあった。
 
更には、同じプレゼンターの伊藤良一さんが、
 
 
「私の知り合いの○○の人を紹介しましょうか?」
 
 
と「人繋ぎ」を提案してくれた。
 
これも自分から出向き、発表した事で、共感し、
 
「何か手助けしてあげたい・・・」
 
と言う想いを抱かしたからに他ならない。
 
 
「わざわざ行く。」
 
「わざわざ会う。」
 
 
わざわざかも知れないが、出向く事で手に入れる事が本当に多いと気付かせて貰った。
 
 
『情報は、取りに行け!』
 
 
関東のフィットネスロードで何気に出た言葉だったのだが、
 
最近、意外にしっくり来る言葉だと感じている。
 
 
「出会い」とは「出て」「会う」と書く。
 
 
自ら出向いて行って得る情報にこそ、本当の情報があると私は思う♪
2019-03-12 | Posted in 想いNo Comments »