2019-04-09

《想い・・・》「チャンスを掴める人の特徴とは?」

14563472_907351782731394_9111667591056288126_n

《想い・・・》

「チャンスを掴める人の特徴とは?」

 
 
「私にはチャンスは来ない!」
「私にはチャンスなんて来た事がない!」
 
 
て言う人がたまにいます。
 
 
まぁ、当然でしょうね。
取りに行ってないんだから。
 
 
私は世の中にチャンスはいくらでも転んでるように思っています。
 
でも基本、価値ある情報やチャンスは待ってても来ません。
 
自分から掴みに行った人の元に価値ある情報やチャンスは巡って来るのです。
 
 
ネットには色々な情報が流れています。
 
でも、それって本当の情報ですか?
 
本当だとして価値ある情報ですか?
 
価値って何でしょう?
 
 
誰もが見れる所で、
誰もが手に入れる所で、
流れてる情報に、それほど価値があるのでしょうか?
 
 
本当に価値があり、役立つ情報を、
 
どこの誰とも分からない人に提供する人っていると思いますか?
 
そこには人間関係であったり、お互いの価値の交換であったり、同じ想いの共有であったり、
 
そう言う繋がりがあってこそ「価値を提供したいと!」と言うのが出て来るのだと思います。
 
価値ある情報は足を運んで、お金を払ってでも取りに行く物だと思います。
 
 
では、価値ある情報を得たとして、それでチャンスは手にした事になるのでしょうか?
 
 
もう一つ、最近しみじみ感じる事があります。
 
それは「心構え」
 
 
私も含めですが・・・、
 
 
「多くの人がチャンスを逃す原因はここかな?」
 
 
とも思ってます。
 
 
大きなチャンス(機会)を与えられて、
 
 
「はい!
 
やらせて頂きます!」
 
 
と即答、又は30秒以内で返事出来る人はどれぐらい居るのでしょうか?
 
たいていは、
 
 
「ちょっと考えさせてください。」
 
 
と言う人が多いように思います。
 
そして、こう言う物って時間が経てば、「Yes」ではなく「No」を選択しがち。
 
その理由として答える内容は…
 
「今の私にはまだまだ…
 
次回あれば、また声をかけて下さい。」
 
 
謙遜して回答してる様に本人は思ってるでしょうが、
 
依頼した人はたいていこう感じてるでしょう。
 
 
「あぁ、逃げたな。
 
まぁ、いいや、やりたい人にやらせてあげよう。」
 
 
もちろん、その人には二度と声をかけないでしょう。
 
 
チャンスを掴む人は、基本「No」を言いません。
(もちろん、自分が受けるに値しない内容は別ですよ。)
 
そして、そう言うチャンスが来た時の為の心や体、スケジュールなどの準備をしていたりします。
 
 
声をかける人は、
 
 
「この人なら、この内容をお願いしても大丈夫!」
 
 
と判断したから声をかけてるのです。
 
 
「この人には荷が重いな。」
 
 
と、感じている人に声をかける筈はないですよね?
 
なのに「私にはまだまだ」の返事はおかしいのです。
 
依頼した人からしたら、
 
 
「信用して声をかけたのに、やる気がないなら良いです。」
 
 
と言う判断になる訳です。
 
 
チャンスを掴める人の特徴は、
 
 
・常にアンテナを張り巡らし、価値ある情報が入ると思えば、お金・場所・時間関係なく取りに行ってる。
 
・価値ある情報が手に入ったら即行動に移し、掴みに行く。
 
 
この2つは最低限必要なんだろうな。。。と思うのです。
 
 
実際、数年前にこの世界では有名な尾陰由美子先生と二人で話す機会を頂けました。
 
尾陰先生は、この世界では成功者の一人と言っても良いでしょう。
 
その尾陰先生が仰った言葉。
 
 
「私は、若い時は何でも「やります!」と答えてたの。
 
自信がない事だって、まず、
 
「やります!」
 
て♪
 
で、その日までに全力で出来るようにするのよ♪」
 
 
と。。。
 
 
例えば。。。
 
「参加者1000人を集めてレッスン(イベント)をして下さい。
 
会場などは、私共で準備しスポンサーも私の方で集めます。
 
ただし、参加者はあなたが集めて下さい!
 
やり方はお任せしますし、準備にかかるお金は申請して下さい。
 
可能な範囲で準備します。
 
3か月後に開催して下さい。
 
その報酬として500万円用意します。」
 
 
まぁ、適当に書いただけなので漠然としてますが、
 
紛れもなくチャンスです!
 
このチャンスを手にする勇気はありますか?(^^)
2019-04-09 | Posted in 想いNo Comments »