想い

《想い・・・》「作業ではなく、仕事をしろ!」

img_0189

《想い・・・》
 
「作業ではなく、仕事をしろ!」
 
 
GW終わりましたね~。
 
まぁ、私達インストラクターには、あまり連休と言うのも関係がなかったりするんですが♪
 
 
ただ私の場合、以前と違って関西以外でも仕事をする事が増えて来まして♪
 
今回も、関東・京都と幾つかのホテルに泊まらせて頂きました♪
 
ホテルと言うのもサービスと言う点では良い勉強になるんですよね♪
 
前に「ENSO ANGO」と言う素敵なホテルの事を少し紹介させて頂きましたが、
 
それ以外でも今回のGWでは良いホテルに泊まらせて頂きました♪
 
 
ただ、一つのホテルを除いて。。。
 
 
今回泊まったホテルで、1ヶ所だけ残念なホテルがありまして。。。
 
何があったかと言うと、
 
そこは1泊して、翌日の朝の事。。。
 
まぁ、最初のチェックインの時点で、やたら時間がかかってたのでスタッフの作業効率の悪さは既に感じてはいたんです。
 
それが決定的になったのは朝の事。
 
 
まぁ、一番混む時間に朝食に行った私も悪かったのですが・・・
 
朝食を食べる場所が大混雑。
 
なのに、どんどんお客を入れて行くもんだから入って券を渡したものの座る場所もなく。。。
 
更にはお客が食べ物を落としたかなんかで大わらわ!
 
座れない客の対応どころではないようで。。。
 
結局、朝食付きだったのですが、
 
座れそうになかったのと、
 
気持ちがイライラして来そうだったので、
 
食べずにその場を離れる事にしました。
 
 
他のホテルでも混む時間はあるものの、
 
その場合は、入るのを待って貰い、順番に入れて行くのが通例。
 
まぁ、敷地に待たせる場所もないのでしょうが。。。
 
何か策を考える事も出来る筈。
 
「とにかく言われた事をやってるんだろうな。。。」
 
と感じました。
 
 
更に、そこのホテルではまだあるんです!
 
 
今度はチェックアウトでのこと。
 
 
急いでもなかったので、チェックアウト時間のちょっと前に部屋を出ました。
 
まぁ、ここも、私がもう少し早く出れば良かったのでしょうが、
 
ここのエレベーターは2台しかなく、
 
なかなかやって来ない。
 
まぁ、それは仕方ないとしましょう。
 
問題はその後です。
 
ようやくエレベーターが来たので乗り込んだら、
 
エレベーターの奥にホテルの清掃のスタッフが、
 
少ないバスタオルを乗せた手押し車を乗せて乗り込んでるのです。
 
エレベーターには10人ぐらいは入れると思うんですが、
 
その清掃スタッフと手押し車でスペースが取られていて、
 
結局、そのエレベーターには私を含めて3人程度の客しか乗れない始末。
 
だからと言って、その清掃スタッフは申し訳なさそうな様子を見せるでもなく、
 
平気な様子で乗ったまま。。。
 
そんな状況だから、エレベーターに乗れないお客様が各階におられ、
 
エレベーターも各階に止まり、
 
扉が開く度にエレベーターに乗れないお客さんの何とも言えない表情を見る事に。
 
なんか乗ってる私が申し訳ない気持ちに。。。
 
 
思うんですよね。
 
清掃が仕事なのも分かります。
 
でも、
 
「それは何の為にやってるのか?」
 
ですよね?
 
 
その清掃スタッフもホテルからお金を貰ってる訳です。
 
なら、ホテルにお客様が今後も来て頂かないとホテルは潤わない。
 
ホテルが潤ってこそ、清掃スタッフや朝の朝食のスタッフ達に給与が払えるのです。
 
 
おそらく、私と同じ気持ちで『残念』な気持ちになったお客は多いと思う。
 
そして、中には、
 
「もう二度と来るか!」
 
と思うお客もいるだろう。
 
そう言う人が増えれば増える程、ホテルに宿泊されるお客は減って行き、
 
お金も回らなくなる。
 
 
「言われたからやる。」
 
これはただの作業です。
 
「その作業は何の為にやってるのか?」
 
を考えてこそ『仕事』なのだと言う事。
 
 
良いホテルと言うのは、スタッフ全員が、
 
「お客様に満足して貰おう」
 
と言う気持ちが細かい所にまで行き届いています。
 
だから宿泊していても「満足」するし、
 
時には「感動」する事さえある。
 
それが次に繋がる事であり、
 
リピートしてくれるお客が増える事で、
 
スタッフ達も恩恵に与るのです。
 
 
これはホテルに限りません。
 
大阪ではUSJ、関東では東京ディズニーランド等に行っても、
 
このホスピタリティーの精神は素晴らしいと思う。
 
だから、また行きたくなる訳だし、入場料が高くなっても、
 
「また行こう!」
 
と言う気持ちになるのだと思う。
 
 
確かに上に書いたホテルは料金的にもビジネスホテルなので決して高くはない。
 
でも、高くないから「この程度で良いでしょ?」(とは思ってないだろうが。。。)
 
となっては、その金額でも高く感じてしまいます。
 
実際、料金的に見れば、京都で宿泊した「ENSO ANGO」とさほど金額は変わらないのです。
 
 
ただ「言われた事をやるだけ」の作業をしてるだけなのか?
 
常に目的意識を持って、その作業は何の為にやってるのか?
 
その作業一つをどうすればお客様の満足度アップに繋がるのか?
 
 
一つ一つ考え「作業」ではなく「仕事」をして行く事。
 
それによって、
 
お客にとっても、上司にとっても、親会社にとっても反応は変わって来る筈だ。
 
 
私達インストラクターも同じ。
 
インストラクターはサービス業であり、
 
ただレッスンをして終わったら帰るのではなく、
 
お客様(メンバーさんだけでなく、フィットネスクラブも含む)に対して、
 
何をすれば喜んで貰えるのか?
 
何を求めていて、私達が何を提供出来るのか?
 
更に満足して貰う為に何か更に出来ることはないのか?
 
 
ただレッスンと言う「作業」だけして帰っていないか?
 
「仕事」をしてるのか?
 
今一度考えても良いのではないのか?
 
 
「人の振り見て我が振り直せ」
 
と言う言葉がある。
 
自分は、上のスタッフのような事をしていないか?
 
もう一度、自分の行動を見直そうと思いました。
 
 
皆さんは「仕事」をしてますか?
 
それは「作業」になってませんか?
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-05-09 | Posted in 想いNo Comments » 
Comment





Comment