想い

《想い・・・》「ベテランのインストラクターって、もういい加減引退して欲しい!」

img_0190

《想い・・・》

「ベテランのインストラクターって、もういい加減引退して欲しい!」

 
 
私は今でもフィットネスクラブで、週13本ほどレッスンをしています。
 
たぶん、10月以降は1,2本減らす予定ですが。。。
 
全てのレッスンを無くすつもりはありません。
 
何故なら、そこにも「運動」を必要とする人がいて、
 
私のレッスンを望んでくれる人がいるから。
 
私を必要としてくれる人がいれば、私は時間の許す限りそこに向かう。
 
でも、必要とされてる人が少ないのであれば、自らその場を去る事もしています。
 
何故なら、クラブからお金を頂いてるのだから。
 
 
フィットネスクラブは、私達に何を望んでるか?
 
それは、
 
お客様の継続です。
 
その前提に、
 
 
「スタジオ利用者と、スタジオを利用されてない人だと、
スタジオ利用者の方が退会率は低い」
 
 
と言うデータがあるから。
 
そのデータを元に、スタジオに参加頂き、楽しんで貰い、
 
フィットネスクラブを利用して貰う。
 
そこに価値を見出してフィットネスクラブは私達にフィーと言う対価を払ってくれている。
 
もし、そこに「集客」が伴っていなければ、それはフィットネスクラブの求めてる物を提供していない事になる。
 
「結果を出さずしてお金を貰う。」
 
それはプロではないと言う事です。
 
 
ただ、逆も言えます。
 
いくら歳をとっても、いくら流行らない内容であっても、いくら地味なレッスンであっても、
 
確実に集客されているインストラクターも多くいます。
 
 
これは直接聞いた事ではありませんが、
 
中には長年指導してるインストラクターに対して、
 
 
「もういい加減、引退して欲しい。
 
あんな時代遅れのレッスンされても迷惑なんだけど(苦笑)」
 
 
と言ってると言う噂を・・・。
 
直接聞いてる訳ではないので、噂であって欲しいとは思いますが。。。(^_^;)
 
 
ただ、言えてる事は「結果」を出してる限りとやかく言われる必要もなければ、
 
「集客」してると言う事は、そのレッスンを求めてる人が確実に存在してると言う事。
 
そう言う人達がいる限りは、そこに存在する価値があると言う事。
 
 
もし、ベテランのインストラクターに対し引退を促すような発言をされてる人がいるのであれば、
 
そのベテランのインストラクターのお客さんを実力で奪い取ってから発言するべきかと・・・
 
 
いくら素晴らしいパフォーマンスをしても、いくら素晴らしいレッスンをしても、
 
ベテランにはベテランにしか出せない物が確実にあり、
 
それを求めて参加されるお客様も必ずいると言う事実を。
 
 
そして、逆に言うと、ベテランのインストラクターにも言いたい。
 
最近のエアロビクスを求めてる層も必ずいると言う事。
 
ベテランには出せない勢い、パワフルさ、若さ、これはこれで認めてあげるべきでもある。
 
 
大事な事は、入り口はいくらあっても良いのではないのか?
 
今?、昔?、どちらでも構わない。
 
『エアロビクスを好きな人を増やす事』
 
ここが一番大事な事ではないのか?
 
いがみ合うのではなく、
 
争う訳でもなく、
 
 
『自分が好きになった「エアロビクス」と言う物を多くの人に知って欲しい!』
 
 
と言う、多くのインストラクターが、
 
インストラクターになった原点に戻り、
 
一緒に協力するべきではないのか?
 
 
むかし私が言った事がある。
 
「演歌」が好きな人も「ロック」が好きな人も「アイドル」が好きな人もいる。
 
その時代、その時代求める人が変わっても、
 
「日本の歌」である事に変わりはなく、
 
日本の歌の歌手として一緒に日本の文化を支えてるのは同じ。
 
 
エアロビクスはブームの時代を経て、形が変わり、多種多様に変化して行ってる。
 
ただ、フィットネスクラブのスケジュールでは今や1/3にも満たない。
 
でも、エアロビクスと言うのが日本の文化として生き残って行くのはこれからではないだろうか?
 
 
お互い認め合い、お互い協力し、
 
ブームではなく「文化」を創って行くのは、
 
今、現役でインストラクターをしてる私達なんだと思う。
 
クラブの中、クラブの外も関係がない。
 
エアロビクスと言う、集団で音楽に乗り、みんなで楽しみ、健康になるプログラム。
 
これからの時代こそ、更に私達が求められる時代に突入するのだから!
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-05-23 | Posted in 想いNo Comments » 
Comment





Comment