2019-06-04

《想い・・・》「本当に働く場所はないのか?」

14650605_907351949398044_937158661580841675_n

《想い・・・》

「本当に働く場所はないのか?」

 
日曜日の朝、私が行ってる某クラブの私の後ろのクラスが閉鎖された。
 
61915120_1190020941121521_7595623369186213888_n 
確かに、市内からも遠く、日曜日の昼と言う事でインストラクターも入りたがらないのも分かる…
けど、現実、インストラクターが見付からない理由で、
(クラブに聞いた訳ではないので、あくまで私の想像ではあるが。)
で、一つのインストラクターの働く枠が無くなったのは事実。
 
 
この前の私のクラス。
正直、何度か辞めようと思った事がある。
 
日曜日だとFANCの仕事もあり年に何度かレッスンを休まないと行けない事もある。
正直、申し訳なかったのでクラブに言ったことがある。
 
「何度も休んでては申し訳ないので、抜けさせて貰おうか、と。」
 
すると、スタジオ担当は、
 
「いえいえ、人数も安定していますし、
休まれる時も事前に言って頂いていますし、
代行も探して下さってる。
 
クラブも協力しますので、ぜひ続けて下さい。」
 
と。
その言葉に甘えて、今でもレッスンを続けさせて頂いてる♪
 
 
私のこのクラス引き継いだ時、
参加者3名程度の残念なクラスでした。
0人はなかったと記憶してますが、1人や多くても5人行けば良いクラスでした。
 
そこから自分なりにアイディアを出したり、試行錯誤し、
今は平均10人を維持するまでに。
その辺をクラブも評価してくれて、そんなクラブだから私も愛着がある。
 
「お客さんからそっぽ向けられるまでは頑張ってみようかな?」
 
と言うのが私の今の本音。
 
 
他にも駅から歩いて15分と言うクラブがあったり、
他のインストラクターが行きたがらないクラブでレッスンをしていたりもする。
 
たいていそう言うクラブは、
「インストラクターが来てくれない」
と嘆いていたりもする。
 
曜日で言うと、土曜、日曜。
 
時間で言うと20時以降の夜の枠。
(昔だったらインストラクターのゴールデンタイムとも言われた時間帯だ。)
 
私は元々、土曜日、日曜日からレッスンを始めて行った。
インストラクターデビューして間もない実力のないインストラクターなら、人が入りたがらない時間や曜日から入り、
経験を積む事が大事だったから。
 
そこから20本/週以上のレッスンをするようになり、
年齢も考えて今は少しづつ減らして行ったりもして来た。
 
さすがに遅い時間は入らなくなったが、
それでも土曜、日曜は今でもレッスンを入れている。
 
そして、そのクラブからは、
「来て下さって助かります。」
と言って下さってる。
 
 
土曜、日曜休んで、夜には家に帰る。
正直、サラリーマンじゃないんだから。。。(^_^;)
と思ってしまう。
 
それで、
「働く場所が減らされた!」
「レッスンを切られた!」
と言うのは・・・違う気がする。
 
 
前にあるインストラクターがこんな事を言ってた。
 
「私は夜と日曜、土曜日しかレッスンしないで、
平日の昼間は空けてるんです。」
 
不思議に思って、
 
「なぜ、平日の昼は入らないんですか?」
 
の質問に、その方は平然と、
 
「だって、平日の昼間って企業や行政が動いてる時間帯でしょ?
 
企業や行政から「来て欲しい」とか「相談したい」と言われたらすぐに行けるようにしておきたいですから。
 
将来はそう言う所と組んで仕事したいので♪」
 
私は目から鱗でした。
 
個人事業主なら、目先のことや自分の事だけを考えるのではなく、
将来のこと、将来のビジョンを考え、
今何をするべきか?
どう言う行動をしておくべきか?
考えるべきではないのか?
 
 
時間や曜日だけではない。
アクアビクスなどは何処もインストラクターがいなくて困ってる。
 
先日、某クラブは、
「これからの時代は「水」のプログラムはますます必要になって来る!」
とはっきりと言っていた。
 
しかし、そう言うクラブのニーズを聞いてるインストラクターはどれぐらいいるのか?
 
 
「自分の身体の負担を減らす為に仕方ないでしょ!」
 
 
と言うインストラクターもいる。
 
でも、私と同年代で、アクアビクス中心でレッスンをされてるインストラクターは現実にいる。
 
そう言う人がいる中で「仕方ない」は通用するのか?
やり方が違うのでは?
負担を減らすやり方があるのでは?
 
 
フリーのインストラクターが働く場所が減っている。
 
それは本当か?
 
減らされてるのではなく、自ら減らす道を選んでしまってるのではないのか?
 
 
最近はちらほらと、
 
「そろそろ今後の事も考えて、身体の負担の大きいエアロビクスなどは減らして、ヨガやピラティス、又はパーソナルに移行して行こうと・・・」
 
と、私より若いインストラクターが口にするのを聞く事もある。
 
私は今後もフィットネスクラブでは、
エアロビクス・STEP・筋コンなどを中心にレッスンをして行くつもり!
将来、私自身がヨガやピラティスなどをする事は考えていない。
 
私はあくまでエアロビクスのインストラクターであり、
動ける間は続けて行くつもり。
 
その代わりFANCとして、
インストラクターのサポートと言う活動も充実させて行く。
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-06-04 | Posted in 想いNo Comments »