2019-06-07

《想い・・・》「あなたの技術を「必要だ!」と言って来られたら、あなたは無視しますか?」

60955930_1563114240488475_2985203545772392448_n

 《想い・・・》

「あなたの技術を「必要だ!」と言って来られたら、あなたは無視しますか?」

 

運動指導を生業にされてるプロなら、必ず、

 

・人に喜んで貰うか?

・人を楽しませれるか?

・人の苦痛を和らげるか?

・人を快適にさせれるか?

・人の笑顔を引き出すか?

 

など、何らかの技術はお持ちですよね?

 

もし、

「その技術を提供して欲しい!

今の私に必要なんです!」

と言って来られたら?

あなたはどうしますか?

 

無視しますか?

提供しますか?

 

まぁ、色々と条件は有るかと思いますが、

でも、運動指導者なら、

「可能なら提供してあげたい!」

と思う筈です。

 

少なくとも、

「あなたの望む事を可能にする技術を私は持っていますよ!」

とは伝えてあげたいですよね?

逆に教えてあげないならば、

それは罪な事だと私は思うのです。

 

 

では、次にそのあなたの技術を必要としてる人が徒歩数分の所にいるとします。

 

でも、その人はあなたの事を知りません。

あなたも、その人がどこに住んでるかまでは知りません。

 

なら、どうされますか?

 

一番に思い付くのは・・・

 

「チラシ」かな?

 

でも、チラシって一々目を通します?

ちゃんと見ますか?

特に文字ばかりの何が特徴かも分からない、

ただエクササイズの名前だけ書いてるチラシだったら。。。

まぁ、読みもせずすぐにゴミ箱でしょうね♪

 

でも、もしかしたら、その小さい文字には凄く良い事が書いてあるのかも知れません。

その人にとって困ってる事を解消してくれる凄く良い事が。。。

 

でもね、多くの人は見出ししか見ないんです。

下の文字の羅列は読もうとしないのです。

見出しに惹かれて、チラシを取った人しか文字は読んではくれません。

 

なら、どうしましょう?

印象に残るような写真や、

インパクトのある見出しを書こうとすると思うのです。

 

 

他にも・・・

 

チラシを飲食店に置いて貰うのも手かな?

お金があったら、新聞や無料の雑誌に掲載して貰うとか?

 

最近ならネットを使って、

ブログに書いたり?

facebookに投稿したり?

 

とにかく、その困ってる人に「気付いて貰う為に」色々と策を練るでしょうね♪

 

だって、その困ってる人に自分の技術を提供してあげたら、

必ずその人は喜んでくれるのだから。

 

笑顔が見たいですよね?

喜んで貰いたいですよね?

 

人の為になるのだから、もっと多くの人に知って貰いたいよね?

なら、何とかしないとね!

 

 

どうせなら名前変えちゃいましょうか?

・パーソナルトレーナー

・フィットネスインストラクター

なんて、あちこちにいますよね?

在り来たりのどこでもある名前では気付いてくれないよね?

 

なら、

例えば。。。

 

美しいお尻づくりトレーナー?

ウォーキングスペシャリスト?

(この2つは実際に使われていて商標登録されています♪)

 

みんなから、

「ウォーキングと言えば、〇〇さんだよね?」

とか、

「綺麗なお尻作りでは〇〇さんは有名だよ!」

と言って貰ったらどうでしょうか?

 

例えば、

「テレビ通販と言えば、ジャパネット」

みたいに♪

そうすれば、わざわざ宣伝しなくても良くなるよね?

 

 

あなたは人を喜ばせる素晴らしい技術を持ってる。

 

その技術を欲してる人が一杯いるけど、

その人達はあなたの事を知らない。

 

知って貰い、喜んで貰う為に、色々と案を出し、策を講じて知って貰おうとする。

 

それがね、

 

 

【ビジネス】

 

 

なんだと私は思っています。

 

 

  • インパクトのある見出し ⇒ キャッチコピー
  • 自分を知って貰う為の策 ⇒ マーケティング
  • 自分を印象付けさせる  ⇒ ブランディング

 

(おそらく専門家からすると「それは違う」と言う意見が出るでしょうが(^_^;))

 

でも、こう言う事なんだと思うんです。

 

ビジネス = お金儲け

 

と考えてる人は多いと思う。

 

 

でも、人に喜んでる物、技術、サービスを持ってる。

それを求めてる人がいる。

 

求めてる人が世の中に多くいたら、その人達に自分の持ってる物を提供したい。

提供出来なくとも、少なくとも教えてあげたい。

 

その技術を喜んでくれる人が100人に1人でもいたら?

 

日本人口11000万人だとして、日本中に110万人いるんだよね?

例え、その人達からたった500円で良いよ、貰ったら?

 

 

ビジネスって色々言われてるけど、

根本的な事は、こう言う事だと私は思ってます。

 

人に喜んでる物、技術、サービスを持ってる。

それを求めてる人がいる。

必要な人がいる。

でも、繋がっていないと知って貰う事が出来ない。

だから、いかに自分の物、技術、サービスを知って貰うか?

 

「口コミ」なんて、コントロール出来ない、

当たるかどうかも分からないような、

人任せにするのではなく、

 

自分の技術を自分で伝える。

 

それがビジネスであり、

 

そのビジネスの手法を過去幾多の人が、

試しては、失敗し、試しては、失敗し、

その中で効率の良い物が今この世に残り、

「マーケティング」や「ブランディング」や「キャッチコピー」などの名前がついて伝えられてる。

 

でも、その道のプロにならないのであれば、

そんな名前は覚える必要はない!

 

でもね、

困ってる人に、自分を気付かせる方法は学んだ方が良いと思う。

 

「笑顔の為に!」

 

と堂々と言ってるんであれば、

あなたの技術で多くの人を笑顔にしてあげて下さい!

 

自分の周りにいる数十人だけの為ではなくてね♪

 

 

『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』

FANCの 肥塚昌幸でした♪

2019-06-07 | Posted in 想いNo Comments »