2019-09-15

儲かる商売の4原則

70508043_1653875111412387_4476831119144124416_n

私は28歳の時にティップネス大阪の『エアロビクスインストラクター養成校』に入学し、会社を辞めフリーの道を選びました。
でも、その当時一緒にやって来た同期の仲間はほとんどこのフィットネスの世界に残っていません。
 
理由はそれぞれあるのでしょうが、
大きく一つにまとめると、
 
「未来が見えない!」
 
です。
 
フィットネスの世界ってそれほど将来性のない世界なんでしょうか?
 
ここで、最近目にする原則を紹介します。
 
《儲かる商売の4原則》
 
利益率の高い商売
在庫を出来るだけ持たない商売
月極めで、定額の収入の入る商売
大資本の要らない商売
 
でも、これって意外にもフィットネスにも当てはまってませんか?
 
更に言うと、
『健康』
は、生きてる間、誰しも求める事で、
「健康には運動は欠かせない」
と言うのは医師も認めています。
 
つまりニーズがあり、誰しもお客様になり得る仕事なのです。
 
では、なぜ「未来が見えない」のでしょうか?
 
それは、
「考えてない」
からではないですか?
 
過去のやり方に囚われて、
プライドばかりを高くして、
他業種との関わりを避けたがる。
変える、変わる努力をしない。
 
私はフィットネスの働き方を変えたい!
 
学生達が、
「将来、運動指導者になりたい!」
と言う世界にしたい!
 
と考えてます。
そう思いませんか?(^ ^)
2019-09-15 | Posted in 想いNo Comments »