2020-02-21

想い 間違わせるレッスン♪

76261553_414136299266252_8458004080114008064_n

《想い 間違わせるレッスン♪》

私のレッスンへの想い・長文です♪
 
以前、あるインストラクターとお話しさせて頂いた時の話、
わざわざ大阪に来られた際に、時間を作って「お会いしたい」と言って頂いた方なので、
「最初どんな質問が来るのかな。。。」
と思ってたら、
 
「レッスンで一番気を付けてる事は何ですか?」
 
と予想に反し、レッスンに対する質問だったので少し焦ってしまった♪
 
 
Facebook等では主にビジネスであったり「インストラクターとはこうあるべき!」
なんて発信してるから普通に「レッスン」に対しての質問が来るとは思わなかったから♪
 
 
予想外の質問なので少し考えてしまったが。。。
まぁ、普通にしてる事が頭に浮かんだのでこう返答した。(確か・・・筈?(^_^;))
 
 
「初心者クラスにおいては、わざと間違わせる。」
 
 
私のレッスンでは「単純なのに、何故か出来ない」と言う物を多く使っている。
 
今ではシナプソロジーと言うエクササイズがあるが、
あの内容と同じような物をシナプソロジーが出来る前から私は良くやっていた♪
 
 
『何故そんな事をするか?』
 
 
単純です。
笑いを誘う為♪
 
 
人って、難しい事をさせられると顔が険しくなります。
でも、単純そうで何故か出来ない事は笑いが起きる♪
そこに私が「ツッコミ」を入れるから更に笑いが増幅される♪
 
 
私が目指してるレッスンは、
 
「出来なかったけど、なんか楽しかった♪」
 
と思って貰うクラス。
 
 
私はレッスン前に良く言ってます。
 
「出来る必要はないです!
別に発表会に出る訳ではないんだから。
 
大事なのは、
良い汗をかく事。
楽しむ事。
 
そして、
 
健康になる事です!
 
出来なくても健康になれば良いんです!
健康が目的だから♪」
 
 
だから、
難しくて出来ないのではなく、
出来そうで出来ない事をさせ笑いを誘う。
 
「出来へんかったけど、なんか楽しかった♪」
 
と思って貰えればそれで良い。
 
 
そして・・・、
 
 
『みんなが出来なければ、初心者も安心する。』
 
 
それが第二の目的♪
 
みんなが同じ動きで全員が揃っている中に初心者は入り難い。
自然と「ついて行かなければ・・・」と言う意識が芽生えて来る。
 
だから、出来なくさせる。
そして、みんなが笑ってる♪
 
 
初心者が何を怖がってるのか?
簡単なこと、
 
「みんなに迷惑かけたくない。
みんなと同じように動けないと恥ずかしい。」
 
たいていがこうだ。
良く分かる!
何故か?
 
 
私が運動音痴だったから♪
 
 
体育の授業、自分が出来ないばかりにみんなに迷惑をかけた。
みんなが出来てるのに自分は出来ない。
みんなが自分を見てる。
恥ずかしい。。。
逃げたい!
 
 
そんな思いを何度もした。
だから分かる。
 
 
『恥ずかしい思いはしたくない。』
 
 
インストラクターにとっては何気ない動き。
常連にとっては簡単な動き。
 
でも初心者にとって出来ない動きは一杯ある。
 
そこを理解出来るかどうか。。。
正直難しいと思う。
特にインストラクターは。
何故か?
出来ちゃうから。
 
出来ない人の気持ちは、出来なかった人ほど良く分かる物。
 
だから、間違わさせる。
 
みんなが間違っていて、みんなが笑ってる。
そこには「初心者の居場所がある」
筈だから♪
 
 
そして、同じ想いで作ったのが「身体が硬い人の為YOGA」だ。
 
 
インストラクターは言う。
 
「出来ない所は、出来る範囲で大丈夫ですよ」
 
と。
 
 
「いや、そうでない。
みんなと一緒の事が出来ないのが恥ずかしいのだ。
 
みんながペチャとしてるのに一人だけ盛り上がってるのが恥ずかしいのだ。
 
普通に長座をさせる。
いやいや、その長座がしんどいのだ!
長座をすれば手を後ろに置いて支えないと座ってられないのだ。」
 
 
身体が硬い人は、それを言わない。
 
「身体が元々柔らかい人に言っても伝わらない」
 
と諦めてるのだ。
だから先に伝えておく!
 
「このクラスは「身体が硬い人の為の」ヨガのクラスです!」
 
と。
 
 
その人にとって居心地が良い環境とは?
その人の目線で考える。
その人の立場に立って考える。
分からなければ、直接聞いてみる。
 
 
・間違わせるエアロビクス
・身体が硬い人の為YOGA
 
 
どちらも同じ想いから考えついた。
ただクラスに入って貰い、楽しんで貰いたい!
ただその想い一つの為に♪
2020-02-21 | Posted in 想いNo Comments »