2020-04-05

この緊急時、クラブが再開したからと言ってレッスンに行くインストラクターはいかがなものか?

komatta_man2

昼頃に投稿した内容について、思わぬ反論が来ましたので、

個人ではなく、ここに公に私の考えを綴ってみます。

今日の投稿、

《大阪府不要不急な外出自粛》?

について、

 

「この緊急時にクラブが開いてレッスンがあるからと言ってクラブに行くインストラクターはいかがなものか?

こんな緊急時は、クラブが開いていてもレッスンに行くべきではない!

もし、そこで感染者が出た場合、クラブが大きな被害を受ける事になる。

「クラブが開けてるのだから・・・」

と言う責任逃れをしてるのではないですか?

クラブの事を考えるなら「行かない!」と言う判断も必要ではないのですか!」

 

と言う反論をコメントで頂いた。

なにか良いこと言ってるような気もしますが。。。

 

個人が自分の意思で組織の中でバラバラに動き出したら組織は崩壊しますよ。

 

もし、自分が主催で開催するサークルとかなら自分で判断すれば良いです。

そして、何か問題が起これば自分が責任を負う覚悟が必要なんだと思います。

インストラクターの大半は個人事業主なんですからそこは事業の主として覚悟と決断は必要でしょう。

 

でも、フィットネスクラブでレッスンをする際は、

クラブと契約をしてる1スタッフとして契約を結んでいます。

 

もし、自分の判断で「レッスンに行きません!」としたらクラブはどうしますか?

まずは他の方にレッスンを依頼する為に代行を探すでしょう。

見付からなければ今度はスタッフが代わりにレッスンをするかも知れません。

そして、それが出来なければ来て下さったお客様に休講のお詫びをするのはクラブのスタッフの方達です。

そして、その休講に関しての責任はクラブの長であり、またクラブ(会社)の代表が責任を負う訳です。

 

組織の代表は、様々な状況を考え、そして決断をしています。

そして、問題が起これば組織の長が責任を負うのです。

 

だから、組織のトップが決断した事に対して、

個人の意思でみんながバラバラに動いてはいけない!

何故なら、個人の想いで下の者がバラバラに動いた事でもし問題が起これば、

その下の者の行動に関しての責任すら代表は背負わなくてはならないから。

だから組織のトップが決断をした事に対し、個人として違う考えがあったとしても、

そこは同じ方向で行動をしなければならない。

それが組織の在り方だと私は思うのです。

(もちろん意見を伝える事は良いと思いますが。)

 

それは責任逃れでも何でもない。

それが組織の一員として活動してる者の責任だと思うのです。

 

元に戻します。

 

ですから、クラブが「開ける」「レッスンを再開する」と言う判断をしたのなら、

その組織と契約してるのであれば、組織の考えに従うのが私達の役目です。

もし、そのトップの決断に納得行かないのであれば、

逆に、組織から出て行けば良いと思う。

私達個人事業主は「出て行く」と言う選択肢も与えられてるのですから。

 

上に書いたような、

「クラブの為を思うのなら…」

 

は、その組織のトップが考える事。

そして、その判断が正しいか、間違ってるのかの意見を聞く場が「会議」なんです。

 

個人の考えは個人の活動でする事。

組織の一員として活動する時は組織の一員として任務を全うする。

 

自分の意見は組織に対して言っても良いとは思う。

そして、組織が理解を示し了承を得た中で、
レッスンを休講するなどを認めたのならそれはそれで良いと思う。
 
でも、手続きを踏まずに代行を出すや、休講にするのは違うと思う。

 

自分の判断で勝手な行動をするのは、いくら組織の為を思ってであろうと、ただの我がままな活動になってしまう。

何故なら、その責任を負うのは組織のトップなのだから。

 

それが出来ないなら組織から出るのが筋ではないのかな。。。

2020-04-05 | Posted in 想いNo Comments »