2020-09-20

《想い・・・》「助け合いは偽善?」

119550552_2035089323290962_4047172174235170079_o

《想い・・・》「助け合いは偽善?」

先日のライブを見たり、ゴッチャウエルネスに行ったり、

最近『人を助ける』と言う人と関わる事が多くなり、

その中で、感じた事を少し書いてみようと思います。

 

良く「人を助ける」と言う事を表に出すと、

「偽善者だ!」

と言う批判をする人がいるんだけど。。。

私個人の考えね♪

「偽善者で良いんじゃない?」

と思ってる。

例え偽善であっても、

何か行動を起こし、誰かがその行動で救われる人がいるとしたら、それは素晴らしい行動だと思う。

 

逆に、いくら崇高な想いを持っていて人助けをする人を「偽善だ!」と言ってるのだとしても、

何も行動を起こしていないのであれば誰も救われないし、

単なる口だけの人になると思う。

人は自分を良く見せたい生き物。

なら、偽善はあって当たり前だと思うし、

大事なのは「想い」の前に「行動」ではないのかな?

 

逆に、

「表に出すから批判されるんだ!」

と言う考えで、人知れず「人を助ける」

(softbankの松ちゃんのCM「勝手にヒーローズ?」のように?(^O^))

と言うのも悪くはないし、日本ではそれを美徳とされてる様にも思うけど、

発言し、行動するからこそ、

その行動に刺激されて、同じ想いで活動する人が現れたり、

活動規模が大きくなったりする訳で、

個人的には表に出した方が良いと私は思っています。

 

ただ、最近もう一つ考えが加わった。

純粋なボランティアは別として、

人の為の事業として活動して行くのなら、

必ず自分の収益は上げるべきだと思う。

 

人助けで大事な事は「継続」と言うのが私の考え。

その活動で誰かを笑顔にする事が出来ても、

それは続けれないと意味がないと思う。

 

例えば、

「地域の人達の健康を守る!」

と言う大きな想いを持ってサークルを始めたとして、

毎月赤字で持ち出して行ってたら続ける事は出来ない。

例え、来てくれてる人が喜んでくれたとしても、

自分が苦しい状況で続けていれば必ず潰れてしまう。

潰れて、

「ごめんなさい。

これ以上は私が持ちませんので、

ここで辞めさせて頂きます。」

と言うのは「良い」事のように思えて、

私は参加者への裏切りだと思う。

 

だったら続ける事が出来るように自分で工夫することの方が大事!

経済的な理由なら、ちゃんと利益を得ること。

自分の体力的な理由なら、自分の後釜を用意しておくこと。

参加者の喜びを一時的な物とせず、

継続的な物を提供するべきじゃないのかな?

 

色々な人の力を借りて、

色々な人の知恵を借りて助け合って続けて行く。

みんなで助け合って行きましょ♪

ちょうど、この写真のベアーとアヒルのようにね♪

119550552_2035089323290962_4047172174235170079_o

2020-09-20 | Posted in 想いNo Comments »