2020-09-21

《想い・・・》「多くの人は運動嫌い?」

119760505_2040469589419602_3178235962025847503_o

フィットネスインストラクターであり、 日本最大のインストラクターのコミュニティ

『FANC(Fitness Activity Network Company)』を運営しております。

肥塚昌幸(こえづかまさゆき)と申します。


《想い・・・》「多くの人は運動嫌い?」

 

—— ここから先は、あくまで個人的な考えです。 ——

私がずっと思っていたこと。

「多くの人は運動が嫌いで、フィットネスクラブで運動される方は少数派」

だと。

正直、あながち間違いではないと思う。

私も、この仕事をしてるから「運動」と言う物が日常であるが、

以前から言っていたように、私は元々「運動音痴」で「運動嫌い」な人間なので、

この仕事に就いていなければ、おそらく日頃から運動はしなかったと思う。

だからこそ、

「運動嫌いの人の気持ちが分かるフィットネスインストラクター」

と言う肩書を持ち出したりもしてる。

 

でも、根本に戻って

「みんなは本当に運動が嫌いなのか?」

 

ちなみに、

「運動とは?」

でググってみると、

 

①(あちこちと)位置を変えて動くこと。

②健康や楽しみのために、体を動かすわざ、特にスポーツ。

 

と言うのがトップに出て来た。

 

決して「筋トレ」であったり「エアロビクス」であったり「スイミング」ではない。

「健康」「楽しむ」と言う目的があり、

「筋トレ」などは、あくまで「手段」でしかないと言う事。

 

例えば、

運動が嫌いなお父さんが、

・ゴルフの日は朝早く起きてウキウキしながら出て行く。

・日曜日になったら笑顔で草野球をしに行く。

光景なんてよくある事。

 

ゴルフは運動ではないのか?

野球は運動ではないのか?

 

例えば私が、もし、

「数人集めて、今度○○で鬼ごっこをする企画を考えたんだけど、来ない?」

と言われたら行く可能性は高くなる。

 

「鬼ごっこて、運動と違うでしょ?」

 

と言う方も多いかも知れないが、さてそうなんだろうか?

②健康や楽しみのために、体を動かすわざ、特にスポーツ。

で、考えたらアリなんではないのか?

 

目的によって運動の内容は変わると思う。

例えば「プロポーションを整えて大会に出る」目的があるのなら、

「鬼ごっこ」ではプロポーションは作れない。

「競技で試合に勝つ」となるなら、

その競技に合わせたトレーニング法があるだろう。

 

でも、多くの人はそう言う目的がある訳ではない。

 

「身体を動かしたい。」

・ストレス解消の為。

・健康の為。

・楽しむ為

 

なら、ある意味、身体を動かしているのであれば、

極端な話、何でも運動なのではないのか?

 

私達が「フィットネスの世界の常識」に捉われてるのではないのか?

 

そんな気さえする。

 

散歩から始まり、

鬼ごっこ、かくれんぼ、山登り、ドッチボール、

何なら、お手玉、けん玉、駒回し、

野球、ゴルフ、ボルダリング、ジョギング、サーフィン、・・・

そんな中に私達の運動の知識を入れてあげるだけで、

十分な運動指導になるのではないか?

 

遊びの中に運動はある。

 

私達の目的は何だろうか?

 

運動の仕方を教えること?

スイミングを教えること?

エアロビクスを教えること?

 

それとも、

身体を動かす事で健康を感じて貰うこと?

みんなで動いて多くの人を笑顔にすること?

 

そんな事を考えていた、

3連休の日曜日の一言。

 

現場からは以上でーす♪

 

ちなみに9/23(水)・10/3(土)21:00~

FANC ZOOM講座の講師をして頂く木村克己さんは、まさにそんな人生を体現されてる方だと思っています。

・五輪代表選手のトレーナー
・スポンサー企業・応援者を得てプロアスリートへ
・吉本興業と契約
・スポーツミュージカル舞台デビュー
・一般社団法人日本ランニングファシリテーター協会
遊ぶように仕事をする。
楽しむ事を伝えながら運動に導く。
吉本興業と契約し、
エンターテイメントのある運動指導者。

興味がある方は、是非話を聞きに来て下さい。

30分の短い時間、無料で提供致します♪

●〇~ 大好きなことを志事にしながら夢を叶える秘密 ~〇●
日 時
・9月23日(水)21:00〜21:30
・10月3日(土)21:00~21:30
対 象 運動指導者
参加費 無 料
《FANC ZOOM講座》
お申込みはこちらから♪
2020-09-21 | Posted in 想いNo Comments »