想い

《想い・・・》「ベテランのインストラクターって、もういい加減引退して欲しい!」

img_0190

《想い・・・》

「ベテランのインストラクターって、もういい加減引退して欲しい!」

 
 
私は今でもフィットネスクラブで、週13本ほどレッスンをしています。
 
たぶん、10月以降は1,2本減らす予定ですが。。。
 
全てのレッスンを無くすつもりはありません。
 
何故なら、そこにも「運動」を必要とする人がいて、
 
私のレッスンを望んでくれる人がいるから。
 
私を必要としてくれる人がいれば、私は時間の許す限りそこに向かう。
 
でも、必要とされてる人が少ないのであれば、自らその場を去る事もしています。
 
何故なら、クラブからお金を頂いてるのだから。
 
 
フィットネスクラブは、私達に何を望んでるか?
 
それは、
 
お客様の継続です。
 
その前提に、
 
 
「スタジオ利用者と、スタジオを利用されてない人だと、
スタジオ利用者の方が退会率は低い」
 
 
と言うデータがあるから。
 
そのデータを元に、スタジオに参加頂き、楽しんで貰い、
 
フィットネスクラブを利用して貰う。
 
そこに価値を見出してフィットネスクラブは私達にフィーと言う対価を払ってくれている。
 
もし、そこに「集客」が伴っていなければ、それはフィットネスクラブの求めてる物を提供していない事になる。
 
「結果を出さずしてお金を貰う。」
 
それはプロではないと言う事です。
 
 
ただ、逆も言えます。
 
いくら歳をとっても、いくら流行らない内容であっても、いくら地味なレッスンであっても、
 
確実に集客されているインストラクターも多くいます。
 
 
これは直接聞いた事ではありませんが、
 
中には長年指導してるインストラクターに対して、
 
 
「もういい加減、引退して欲しい。
 
あんな時代遅れのレッスンされても迷惑なんだけど(苦笑)」
 
 
と言ってると言う噂を・・・。
 
直接聞いてる訳ではないので、噂であって欲しいとは思いますが。。。(^_^;)
 
 
ただ、言えてる事は「結果」を出してる限りとやかく言われる必要もなければ、
 
「集客」してると言う事は、そのレッスンを求めてる人が確実に存在してると言う事。
 
そう言う人達がいる限りは、そこに存在する価値があると言う事。
 
 
もし、ベテランのインストラクターに対し引退を促すような発言をされてる人がいるのであれば、
 
そのベテランのインストラクターのお客さんを実力で奪い取ってから発言するべきかと・・・
 
 
いくら素晴らしいパフォーマンスをしても、いくら素晴らしいレッスンをしても、
 
ベテランにはベテランにしか出せない物が確実にあり、
 
それを求めて参加されるお客様も必ずいると言う事実を。
 
 
そして、逆に言うと、ベテランのインストラクターにも言いたい。
 
最近のエアロビクスを求めてる層も必ずいると言う事。
 
ベテランには出せない勢い、パワフルさ、若さ、これはこれで認めてあげるべきでもある。
 
 
大事な事は、入り口はいくらあっても良いのではないのか?
 
今?、昔?、どちらでも構わない。
 
『エアロビクスを好きな人を増やす事』
 
ここが一番大事な事ではないのか?
 
いがみ合うのではなく、
 
争う訳でもなく、
 
 
『自分が好きになった「エアロビクス」と言う物を多くの人に知って欲しい!』
 
 
と言う、多くのインストラクターが、
 
インストラクターになった原点に戻り、
 
一緒に協力するべきではないのか?
 
 
むかし私が言った事がある。
 
「演歌」が好きな人も「ロック」が好きな人も「アイドル」が好きな人もいる。
 
その時代、その時代求める人が変わっても、
 
「日本の歌」である事に変わりはなく、
 
日本の歌の歌手として一緒に日本の文化を支えてるのは同じ。
 
 
エアロビクスはブームの時代を経て、形が変わり、多種多様に変化して行ってる。
 
ただ、フィットネスクラブのスケジュールでは今や1/3にも満たない。
 
でも、エアロビクスと言うのが日本の文化として生き残って行くのはこれからではないだろうか?
 
 
お互い認め合い、お互い協力し、
 
ブームではなく「文化」を創って行くのは、
 
今、現役でインストラクターをしてる私達なんだと思う。
 
クラブの中、クラブの外も関係がない。
 
エアロビクスと言う、集団で音楽に乗り、みんなで楽しみ、健康になるプログラム。
 
これからの時代こそ、更に私達が求められる時代に突入するのだから!
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-05-23 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《想い・・・》「「厳正なるえこひいき」 平等は善なのか?」

14671298_907351586064747_7143012025568678860_2

《想い・・・》

「「厳正なるえこひいき」 平等は善なのか?」

 
 
ある方が書かれていた「厳正なるえこひいき」と言う言葉がツボだったので、ちょっと考えてみました♪
 
 
インストラクターって、
 
「お客様を平等にお相手しなくてはいけない。」
 
と思ってますよね?
 
それって本当に正しい事なんでしょうか?
 
 
例えば、
 
毎週来て下さるお客様と、月一回だけ来て下さるお客様。
 
どちらも大事なお客様ですよね?
 
でも、大事なお客様に変わりはないとしても、
 
毎週来て下さるのと、月一回の参加と言う、明らかに回数が違うのにお客様に対する対応は一緒だったとしても、
 
サービスまで平等でないと行けないのでしょうか?
 
 
他の業種で考えたら分かると思うんです。
 
例えば、ポイントカード。
 
あれって、
 
「どれだけ店に来たか?」
 
「いくら購入したか?」
 
で、ポイントが溜まるんですよね?
 
そのポイントで商品券が貰えたりするんですよね?
 
でも、ポイントカードを持ってる人って同じお客様な訳です。
 
いくら購入しようが、いくら店に来ようが、同じ店に来てくれてるお客様な訳で、
 
これって「えこひいき」だと思いませんか?
 
 
サービスと言う面では「ホテル」だってそう。
 
ちょっと良いホテルに泊まると、
 
レギュラーの部屋から、少し高めの高階層の部屋、そしてスイートルーム、
 
など部屋が分かれています。
 
 
例えば、レギュラーの部屋に泊まる人と高階層だったりスイートに宿泊される人って、
 
チェックインですら扱いが変わります。
 
 
チェックイン時、時間帯が悪ければ長い時間待たされる時があります。
 
でも、特別階の部屋は、その方達の為のチェックインルームが用意されていて、
 
ソファーに座ってチェックインをさせてくれます。
 
時にはお茶だって出してくれたりします。
 
持ち物は、そのチェックインの最中に既に部屋に持って行ってくれたり、
 
また、特別階の部屋の宿泊者しか入れない「クラブフロア」と言うのがあり、
 
そこではワインやちょっとしたお酒のあてなんかが用意されていたりします。
 
 
でも、同じ宿泊するお客様の筈なのに、
 
これを「えこひいき」と怒る人はいませんよね?
 
 
つまり世の中って、回数や金額などで、けっこうえこひいきをしてたりするんですよ。
 
そして、お客様も、そのサービスを受けたいが為に、
 
回数を重ねたり、金額を上げたりしてくれる訳です。
 
 
そう言う意味で考えると私達もえこひいきをしても良いと思うんです・・・、
 
いや、えこひいきをするべきなんです。
 
だからと言って、最初にも書きましたが、
 
別に良く来る人と、たまにしか来ない人で「応対を変えろ」と言ってる訳ではありません。
 
態度は一緒でもサービスを変えれば良いのです。
 
 
その際、大事な事は「厳正なる」と言う事。
 
ちゃんとえこひいきする為の基準を設けておくこと。
 
それは金額なのか?
 
回数なのか?
 
それは自分で決めれば良いのです。
 
その金額以上お支払い頂いた人はこんなサービスを付けますよ。
 
とか、
 
これだけ回数来てくれた人には、こんな物をプレゼントしますよ。
 
とか♪
 
 
インストラクターは「平等」に拘り過ぎてるように感じるのは私だけでしょうか?
 
 
ただ、気を付けないと行けないのは、
 
フィットネスクラブでは、参加されたメンバーさんは平等でなくてはいけません!
 
何故なら、フィットネスクラブでレッスンを受けて下さってるメンバーさんは私達のお客様ではないからです。
 
 
この事は何度も言いますが、
 
スタジオに来られるお客様はフィットネスクラブのお客様。
 
私達のお客様は「フィットネスクラブ」である事を間違ってはいけません。
 
フィットネスクラブがメンバーさんに優劣をつけるのは自由ですが、
 
私達がメンバーさんに優劣をつけるのは間違いです。
 
 
だから「えこひいき」をしたければ、自分のお客様を持つ事が重要。
 
 
では、私達のお客様である「フィットネスクラブ」に対してえこひいきは許されるのか?
 
それは許されると思います!
 
ただ、私達インストラクターがクラブに依存してる限りは、
 
えこひいきなんてしようものなら、すぐにクビにされますのでお気を付け下さい♪
 
 
えこひいきをしたければ、クラブから、
 
 
「あなたは私共のクラブに必要な人材です。
 
なので今後とも引き続き契約させて頂きたい!」
 
 
と言う人材になる必要がありますね♪
 
そうすれば、自分の都合で入るか入らないか?
 
契約の金額も決めたり出来るようになるのですから♪
 
 
ただし、あくまで態度は変えない方が良いかとは思いますが・・・
 
横柄な態度は人としてどうかと思いますからね(^_^;)
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-05-20 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《想い・・・》「インストラクターの都合ばかりをクラブに押し付けてはいけない!」

14650758_907351532731419_8769875747883776054_n

《想い・・・》
 
「インストラクターの都合ばかりをクラブに押し付けてはいけない!」
 
 
最近、人身事故等で電車の遅れなどが多いような気がしますね。。。
 
まぁ、こればっかりはどうしようもないのですが、
 
遅れが出る、又は電車が止まってしまう度に、
 
私達の様に遅刻が絶対に許されないインストラクターはドキドキもの…
 
その気持ち良く分かります♪
 
 
ただ、以前、こんな事でクラブと揉めてる状況に遭遇しました。
 
 
それは電車が止まってしまい、
 
レッスン時間に間に合わないインストラクターさんの行動についてです。
 
 
そのインストラクターさん、
 
 
「絶対に遅れる訳には行かない!」
 
 
と思ったのでしょうね。
 
その気持ちは必要だと思います。
 
 
なので電車での移動を諦めてタクシーでクラブに来られたようなんです。
 
問題はここからです。
 
 
なぜクラブと揉めたかと言うと、
 
そのインストラクターさん、そのタクシー代をクラブに請求されたんですよね。
 
いや、請求がダメな訳ではないんですよ。
 
事前に、クラブに連絡し、タクシーで向かうこと、
 
またタクシー代をクラブが払ってくれる事を約束してからなら。
 
 
そのインストラクターさんは、そう言う事を一切せず、
 
 
「レッスンに間に合わす為にタクシーで来たのだから、クラブがタクシー代を払って当然でしょ!」
 
 
と言うのがそのインストラクターの言い分なんですが、
 
それって、インストラクターの一方的な言い分だと思いませんか?
 
 
もし事前にクラブにタクシーで向かう旨を相談していたら、
 
もしかしたらタクシー移動を許可せず、クラブのスタッフに代行を立てさせたかも知れません。
 
昔と違い、今はクラブのスタッフもプレコリオ系のレッスンが出来る時代。
 
インストラクターが必ずしもレッスンに来なければ行けないと言う理由はないのです。
 
 
また、タクシー代を払うと言う事は「お金」が動くと言う事です。
 
担当者レベルで、
 
「タクシーで来たから支払って下さい」
 
と言われて、
 
「はい、どうぞ!」
 
と簡単に払える物ではないですし、
 
現場レベルでお金を動かせる権限は一スタッフにはないのではないでしょうか?
 
 
企業なら「お金」を動かそうとするなら、
 
少ない金額であろうとも「稟議書」を通し、上司の許可を得る必要があるかも知れません。
 
そう言う事をすっ飛ばして事前相談もなく、
 
 
「レッスン間に合わす為にタクシーで来ました。
 
タクシー代払ってくれますよね?」
 
 
は、話が通らないと思うのです。
 
 
「レッスンに間に合わせたい。」
 
「お客さんに自分のレッスンを楽しんで貰いたい。」
 
 
と言うのは非常に素晴らしいと思います。
 
でも、その為の行動を起こすなら報告・連絡・相談(一般的に「ホウレンソウ」と呼ぶ)は必須な筈です。
 
 
個人事業主だから、インストラクターだから、
 
は関係ありません。
 
スポーツクラブ(フィットネスクラブ)と言う企業の中で活動させて頂いてるのなら、
 
企業のルールの中で動かなければ行けません。
 
 
もし電車が遅れて間に合いそうにない状況なら、
 
●まずクラブに連絡する。
 
●自分の状況を伝えてクラブの指示を仰ぐ。
 
●もしクラブ側が「タクシーを使ってでも来て下さい。」
 
と言って来たら「タクシー代の支払いはクラブの方でお願いします」と約束を取り付ける。
 
 
個人事業主なら、自分の身を守る為にも最低限これぐらいはやっておく必要はあると思いますが、
 
いかがでしょうか♪
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-05-16 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《想い・・・》「あなたはお金の方が○○より大事なんですか?」

14650605_907351949398044_937158661580841675_n

《想い・・・》
「あなたはお金の方が○○より大事なんですか?」
 
 
私はお金の大切さを伝える事が多いです!
 
「お金は大事だよ!」
 
て。。。(^^)/
 
まぁ、当たり前ですよね♪
 
 
でも、最近は更に大事な物があると感じています。
 
そして、運動指導者の多くは、これよりお金を大事にしてる様に映るんですね。
 
 
それは・・・、
 
『時間』
 
です!
 
 
私の周りにいるビジネスで成功されてる方は、
 
どちらか言うと、この時間の方をお金より大事にされてるんです。
 
ある方は仰います。
 
 
「お金は、やりようによってはいくらでも稼げる。
 
でも失った時間は二度と帰ってこない。
 
時間は命の時間なんだから、もっと大切に扱わないと。」
 
 
と。
 
 
「いや、私は時間を大事にしてる!
 
効率的に動こうと努力してる!」
 
 
と言う人は多いでしょうね。
 
でも、そもそも効率的にこなそうとしてる、その仕事、あなたがしないと行けない仕事ですか?
 
 
よく聞きます。
 
 
「人に頼んだらお金がかかるから、自分でやったらタダ(無料)や!」
 
 
この「自分がやったらタダ(無料)」と言うのがまず間違ってる。
 
自分がやると言うのは、自分の「時間」を使ってると言う事ですよ。
 
 
例えば、自分がアルバイトに行ったらいくら貰いますか?
 
いくらなら、そのアルバイトを引き受けますか?
 
自分でやると言う事は、
 
少なくとも、そのアルバイト分ぐらいの時間と費用を損失してる事になるのです。
 
その損失した時間分の対価を得ていますか?
 
 
「自分がやればタダ(無料)や!」
 
の思考を
 
「自分の時間を自分でないと出来ない物に費やそう!」
 
と言う思考に変えるだけで時間の使い方は大きく変わると思います。
 
 
自分の経験値を得る為に「自分がする」と言う事は大事。
 
でも、何もかも自分でする必要があるのでしょうか?
 
専門の方がいるなら専門の方に任せても良いのではないか?
 
私は最近そう思えるようになりました。
 
 
ちなみに、それを一番感じるのは、
 
もう今年も終わりましたが「確定申告」
 
 
毎年、1月、2月辺りになると私の周りのインストラクターはざわつき始めます。
 
でも、私はここ数年、税理士さんにお任せしています。
 
税理士さんと言うと敷居が高く感じるかも知れませんが、
 
安い方なら毎月数千円で確定申告全てをして下さいます。
 
 
そして、税理士さんにお願いするもう一つのメリットは「安心」です。
 
確定申告書に税理士さんの印がある。
 
この印があることで、
 
「この申告書は税理士の○○が責任を持って提出致します」
 
と言う事です。
 
税務署の方々は、これだけで信用してくれると聞きます。
 
 
この確定申告を作成するのにどれだけの時間を費やしていますか?
 
そして、税務署から電話があったらドキドキしてませんか?
 
 
税理士さんにお金を払うと言う事は、
 
その「時間」と「安心」をお金で買うと言う事です。
 
その余った時間で、自分が個人事業主として本来しなければ行けない事に使えば良いのです。
 
 
その「個人事業主として本来しなければ行けない事」とは、
 
学ぶ事であったり、新たな仕事を増やす為の作業であったり、
 
お客様と対峙する時間であったり、時にはリフレッシュする時間であったり、
 
そちらに時間を使った方が効率的だと思いませんか?
 
 
前回の「想い・・・」にも書きましたが、
 
目の前にある、今、やらなければ行けないこと!
 
それは仕事ではないです。作業です。
 
仕事とは、数年先、数十年先を見越して、
 
今、やっておくこと。
 
すぐに結果は出ないかも知れないけれど、
 
種蒔きをしておくこと。
 
それが本来の「仕事」だと思うのです。
 
 
レッスンをする、レッスンのコリオを考える、事務作業をする、
 
それで毎日が終わっていて、
 
数年後の事を考えてますか?
 
数年後の為の種蒔きをしていますか?
 
 
「私は何をすれば良いのですか?」
 
「インストラクターの私がするべき事って何ですか?」
 
もし、それを知りたい方は私にメッセージを下さい。
 
私が可能な範囲でお伝えします♪
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-05-13 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《想い・・・》「これって、読む気になるか?」

14721724_907351642731408_75000388644980871_n

《想い・・・》

「これって、読む気になるか?」

「昨年10月辺りから使い始めてる『Apple Watch』その中の機能に、動いた時間や消費カロリーが計測出来る機能がある。そこでは万歩計の機能や、その時の脈拍も測る事が出来る。最近は、それを見るのが楽しくなって来て、レッスン中でも時計を付けていて、ピーク時の脈拍を計測したりもしている。(だいたい、140~160辺りだったかと。。)
添付した画像は連動してるiphoneで見た画面。驚いたのは万歩計!なんと「24109歩」を記録していた!
一般的には「一日一万歩」と言われていたりするが、最近では、その1万歩も「多過ぎる」と言う意見が出ているらしく、「8000歩、内7,8分は息が弾むくらいの歩き方」が身体には良いと言う意見も出て来てるらしい。
まぁ、どちらにせよ。「インストラクターの運動量って半端じゃないな。。。」と改めて驚かされた(^_^;)
私なんて本数減らしてこれなんだから、レッスンだけで収入を得てる人などは、こんな物じゃないんだろうな・・・
怪我人が多かったり、体調を崩し易いインストラクターが多いのも頷ける。そう、結局、身体酷使し過ぎなんだろうな。。。」

——————————————
先程投稿した《ちょっとビックリ!!》と言う、

私の運動量の記事を上に書いてみました。それも、詰め詰めに♪
文章の書き方なんて、好き好きで良いと思います。

ただ・・・、

思うんですよ。

facebookに投稿してる物、

又はブログに書いてる物って、

ただの「日記」ですか?
でも日記なら人に見せる必要はないですよね?

公共の、それも多くの人が見る場所に書いてるのだから、

やはり読んで貰おうとして書いてるんですよね?
なら・・・

読み易さも考えてはいかがでしょうか?
あっ、言っておきますが注意でも、否定でもありません!

ただの提案です♪
ただ、インストラクターにせよ、トレーナーにせよ、

人の為に、人の笑顔の為に、人に役立つ為に、

て常に考えて行動してる筈。
また、インストラクターなら、メンバーさんが「友達」になってる人も多いかも?
(ちなみに、私の友達はほとんどがビジネス系か運動指導者で、メンバーさんは少数です。)
なら、読み手の事を考えるのも「優しさ」では?

こう言うちょっとした事でも、普段気配りをされてる人かどうかの判断材料になってるのかも知れませんし♪

『インストラクターは常に見られています。』

そう言う意識は大事!

公な場にいる時、公な場に自分の物がさらされる時、

常に人にどう見られてるか?

または、どう見られたいかを考えた行動をする事もプロとして大事だと思うんですよね♪
せっかく良いこと書いていても、読まれなくては意味がないし、

なら、読みたくなるような書き方はどう言う物か?

私が100点だとは思ってませんが、

少なくとも私は読み易い文章を今でも試行錯誤して書いています。

まぁ、あくまで無名の一インストラクターの意見ですけどね♪(;^_^A
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪

2019-05-11 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《想い・・・》「作業ではなく、仕事をしろ!」

img_0189

《想い・・・》
 
「作業ではなく、仕事をしろ!」
 
 
GW終わりましたね~。
 
まぁ、私達インストラクターには、あまり連休と言うのも関係がなかったりするんですが♪
 
 
ただ私の場合、以前と違って関西以外でも仕事をする事が増えて来まして♪
 
今回も、関東・京都と幾つかのホテルに泊まらせて頂きました♪
 
ホテルと言うのもサービスと言う点では良い勉強になるんですよね♪
 
前に「ENSO ANGO」と言う素敵なホテルの事を少し紹介させて頂きましたが、
 
それ以外でも今回のGWでは良いホテルに泊まらせて頂きました♪
 
 
ただ、一つのホテルを除いて。。。
 
 
今回泊まったホテルで、1ヶ所だけ残念なホテルがありまして。。。
 
何があったかと言うと、
 
そこは1泊して、翌日の朝の事。。。
 
まぁ、最初のチェックインの時点で、やたら時間がかかってたのでスタッフの作業効率の悪さは既に感じてはいたんです。
 
それが決定的になったのは朝の事。
 
 
まぁ、一番混む時間に朝食に行った私も悪かったのですが・・・
 
朝食を食べる場所が大混雑。
 
なのに、どんどんお客を入れて行くもんだから入って券を渡したものの座る場所もなく。。。
 
更にはお客が食べ物を落としたかなんかで大わらわ!
 
座れない客の対応どころではないようで。。。
 
結局、朝食付きだったのですが、
 
座れそうになかったのと、
 
気持ちがイライラして来そうだったので、
 
食べずにその場を離れる事にしました。
 
 
他のホテルでも混む時間はあるものの、
 
その場合は、入るのを待って貰い、順番に入れて行くのが通例。
 
まぁ、敷地に待たせる場所もないのでしょうが。。。
 
何か策を考える事も出来る筈。
 
「とにかく言われた事をやってるんだろうな。。。」
 
と感じました。
 
 
更に、そこのホテルではまだあるんです!
 
 
今度はチェックアウトでのこと。
 
 
急いでもなかったので、チェックアウト時間のちょっと前に部屋を出ました。
 
まぁ、ここも、私がもう少し早く出れば良かったのでしょうが、
 
ここのエレベーターは2台しかなく、
 
なかなかやって来ない。
 
まぁ、それは仕方ないとしましょう。
 
問題はその後です。
 
ようやくエレベーターが来たので乗り込んだら、
 
エレベーターの奥にホテルの清掃のスタッフが、
 
少ないバスタオルを乗せた手押し車を乗せて乗り込んでるのです。
 
エレベーターには10人ぐらいは入れると思うんですが、
 
その清掃スタッフと手押し車でスペースが取られていて、
 
結局、そのエレベーターには私を含めて3人程度の客しか乗れない始末。
 
だからと言って、その清掃スタッフは申し訳なさそうな様子を見せるでもなく、
 
平気な様子で乗ったまま。。。
 
そんな状況だから、エレベーターに乗れないお客様が各階におられ、
 
エレベーターも各階に止まり、
 
扉が開く度にエレベーターに乗れないお客さんの何とも言えない表情を見る事に。
 
なんか乗ってる私が申し訳ない気持ちに。。。
 
 
思うんですよね。
 
清掃が仕事なのも分かります。
 
でも、
 
「それは何の為にやってるのか?」
 
ですよね?
 
 
その清掃スタッフもホテルからお金を貰ってる訳です。
 
なら、ホテルにお客様が今後も来て頂かないとホテルは潤わない。
 
ホテルが潤ってこそ、清掃スタッフや朝の朝食のスタッフ達に給与が払えるのです。
 
 
おそらく、私と同じ気持ちで『残念』な気持ちになったお客は多いと思う。
 
そして、中には、
 
「もう二度と来るか!」
 
と思うお客もいるだろう。
 
そう言う人が増えれば増える程、ホテルに宿泊されるお客は減って行き、
 
お金も回らなくなる。
 
 
「言われたからやる。」
 
これはただの作業です。
 
「その作業は何の為にやってるのか?」
 
を考えてこそ『仕事』なのだと言う事。
 
 
良いホテルと言うのは、スタッフ全員が、
 
「お客様に満足して貰おう」
 
と言う気持ちが細かい所にまで行き届いています。
 
だから宿泊していても「満足」するし、
 
時には「感動」する事さえある。
 
それが次に繋がる事であり、
 
リピートしてくれるお客が増える事で、
 
スタッフ達も恩恵に与るのです。
 
 
これはホテルに限りません。
 
大阪ではUSJ、関東では東京ディズニーランド等に行っても、
 
このホスピタリティーの精神は素晴らしいと思う。
 
だから、また行きたくなる訳だし、入場料が高くなっても、
 
「また行こう!」
 
と言う気持ちになるのだと思う。
 
 
確かに上に書いたホテルは料金的にもビジネスホテルなので決して高くはない。
 
でも、高くないから「この程度で良いでしょ?」(とは思ってないだろうが。。。)
 
となっては、その金額でも高く感じてしまいます。
 
実際、料金的に見れば、京都で宿泊した「ENSO ANGO」とさほど金額は変わらないのです。
 
 
ただ「言われた事をやるだけ」の作業をしてるだけなのか?
 
常に目的意識を持って、その作業は何の為にやってるのか?
 
その作業一つをどうすればお客様の満足度アップに繋がるのか?
 
 
一つ一つ考え「作業」ではなく「仕事」をして行く事。
 
それによって、
 
お客にとっても、上司にとっても、親会社にとっても反応は変わって来る筈だ。
 
 
私達インストラクターも同じ。
 
インストラクターはサービス業であり、
 
ただレッスンをして終わったら帰るのではなく、
 
お客様(メンバーさんだけでなく、フィットネスクラブも含む)に対して、
 
何をすれば喜んで貰えるのか?
 
何を求めていて、私達が何を提供出来るのか?
 
更に満足して貰う為に何か更に出来ることはないのか?
 
 
ただレッスンと言う「作業」だけして帰っていないか?
 
「仕事」をしてるのか?
 
今一度考えても良いのではないのか?
 
 
「人の振り見て我が振り直せ」
 
と言う言葉がある。
 
自分は、上のスタッフのような事をしていないか?
 
もう一度、自分の行動を見直そうと思いました。
 
 
皆さんは「仕事」をしてますか?
 
それは「作業」になってませんか?
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-05-09 | Posted in 想いNo Comments » 

 

FANC’S GR 西村 由美​ インストラクターにインタビュー♪

58419160_404704603446225_5105947762474614784_n

《FANC’S GR 西村 由美 インストラクターにインタビューして来ました♪》

先週の土曜日に2回にわたって開催された、

『教える仕事の強み実践講座』

その講師の西村由美インストラクターに帰り際にインタビューをさせて頂きました♪

今年の2月にゴッチャウエルネスの野竹さんにインタビューして以来、3ヶ月ぶり?
(私にインタビューされたい人いますか?(^_^;))
内容は下記のような内容です♪

・仕事の強みの講座を始めたきっかけ
・内容は難しくないのか?
・どんな時に使えるのか?
・今後のスケジュール。

そして、受講された 楮原 一美さん、 浅田友紀さんの感想も最後に載せております。
ちなみに私が昨年受講した時に作って貰った表。

まさに『BA』だ(笑)

 

2019-05-05 | Posted in FANC's GBNo Comments » 

 

《想い・・・》「今までの常識を疑え!!」

14666285_907351969398042_3173284054129862605_n

《想い・・・》
 
「今までの常識を疑え!!」
 
最近、竹上鍼灸院の竹上さんとご一緒する事が多くあり、
 
先日も「FANCNESSタオル」の研修で東京まで行って来ました。
 
 
FANCNESSタオルの研修では、
 
最初の部分は、タオルを使ったエクササイズの紹介をして行きますが、
 
後半は竹上さんにバトンタッチし、、機能解剖学的に見たこのタオルの良さや特徴。
 
更に、今現在の運動指導における最新の情報を伝えて下さっています。
 
 
しかし、そこで色々考えさせられるが多いのです。
 
 
私達が学んだエアロビクスの指導は20年以上の前の内容です。
 
でも、そこで運動における基本的な部分は学んでおり、
 
先日FANCも協力させて頂いた「運動療法」についてなどは、
 
医療機関の方々のエビデンスさえも頂いています。
 
 
でも、細かい部分では、やはり日進月歩進んでおり、
 
私達が日々使ってる指導法や指導の仕方について考えさせられる部分も多い。
 
 
ここで私が細かい部分を書いても仕方ないのですが、
 
例えば、
 
よく、首を回す事をNGとされて来ました。
 
特に首を後方に倒す事は「危険」とさえ言われて来ました。
 
が、それは何故でしょうか?
 
よほど大きな衝撃で首を後ろに倒したのなら危険でしょうが、
 
グループレッスンで、自分で首を倒すのに何処まで危険が伴うのか?
 
逆に、今やスマホで首を前に倒す方が多くなり、
 
色々とそれに伴う不具合が起こって来てるのですから、
 
逆に後方に倒すのがダメな筈はない。
 
何故「後方に倒すのがダメ」なのか?
 
疑問を持って調べたのか?
 
ただ、今までそう言われてきたからダメだと思い込んでいないか?
 
 
ローイング(広背筋のトレーニング)の指導の際、
 
「肩甲骨を寄せて!」
 
と言ってないか?
 
そもそも広背筋と肩甲骨との関係は?
 
広背筋はどうついており、起始部は?停止部は?
 
 
ストレッチの際、
 
「痛い所まで伸ばすと、
 
痛みによる反射で筋肉は硬直するため効果がない!」
 
と言われて来たが、それは本当か?
 
 
スクワットの際、
 
「膝がつま先より前に出ないように!」
 
それは本当に正しいのか?
 
他に言いようがないのか?
 
 
どれも、
 
「今まで言われていたから?」
 
「イメージとして勝手にそう思ってたから?」
 
 
それを自分で疑問を持ったのか?
 
自分で調べたのか?
 
今までの常識として片付けていなかったか?
 
 
これは運動指導に限った事ではありません。
 
ビジネスでも一緒。
 
 
「これはこうだから」
 
「今までそうして来た事だから」
 
「みんながそうしてるから」
 
「それが今までの常識だから!」
 
「前例がないから。」
 
 
でも、物事を大きく変えて来た方は、
 
その常識が本当に正しいのか?
 
に疑問を持ち、調べ、自分なりに試してみ、
 
本質から真実を探り当てて来たのです。
 
そして、そこから新しい物が生まれるのです。
 
 
一度、皆さんの指導で日頃「当たり前」と思って口にして来た事。
 
指導して来た事。
 
一度疑ってかかりませんか?
 
自分で調べてみませんか?
 
昔、習って来た常識が、今や非常識になってる事も多くあるかも知れませんよ。
 
 
ちなみに「FANCNESSタオル研修」では、
 
このような最新の知識や情報を竹上さんが解説してくれます!
 
大阪では6月か7月辺りに開催予定かな?(^_^;)
 
東京では今は予定が立ってませんが、また開催して行きたいとも考えています。
 
 
自分で調べる。
 
自分で考える。
 
今までやって来たから。
 
みんながしてる事だから。
 
 
この常識を今一度疑ってみましょう。
 
 
あっ!
 
若いインストラクターの方は、
 
その辺は当然養成で学んでおられるかも知れませんね(^_^;)
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-05-03 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《想い・・・》 「あなたの貴重な時間を無駄に使っていませんか?」

14717155_907351926064713_7733851638090175342_n

《想い・・・》

「あなたの貴重な時間を無駄に使っていませんか?」

今日は私の昔話を一つ♪

以前、派遣で行ったフィットネスクラブでのこと。

行く前に少し噂を聞いていた。

「あそこのお客さんは、キツイ人が多いからある程度覚悟しておいた方が良いよ。」

と。

で、初日。

40人以上は来られていたであろうか?

で、私は普段通りのレッスンを行った。

はい、予想通りレッスン後、ご意見を頂きましたよ!

「もっと難しくして!」

「もっとダンスっぽいの!」

うん・・・

そうは言われても、私は私のやり方しか出来ませんし、STEPなどは初級クラス。

難しくしたら初級ではなくなる。

私は、一応お客様に私の考えを説明させて頂きました。

が、予想通り、翌週にはお客様は半分。

その翌週は更に半分。

とうとう、最後には5人程のお客さんしか残りませんでした。

でも、クラブは私を辞めさせようとはしませんでした。

よくよく聞いてみると、そのクラブのその時間帯のレッスン。

次々とインストラクターが来ては変わり、来ては変わり。。。

2,3ヶ月も続いた人はいなかったようです。

インストラクターの中には、散々お客様からクレームを言われて、

精神的に参ってしまい心療内科に通う事になった人も居るとか?

だから、クラブとしても私を辞めさせたくはなかった様なんですね。

私って、決して精神的に強い方ではない。

でも、自分の心のコントロールはキャリアのお蔭で身に付いていた事もあり、

その5人程度のお客様とも仲良くなりレッスンも続けました。

まぁ、辛い時もありましたよ!

だって私のレッスンの後のクラスは、そのクラブでは人気のインストラクターさん♪

私のレッスンが終わると同時に、多くの方がスタジオに駆け込んで来られる・・・

大きな何十人も入るスタジオに5人のお客さんを相手にレッスンをしてるんです。

スタジオの外で、お客さん同士がコソコソ話してるのも見えたりします。

もちろん私の事を言ってるとは限りませんが、

でも、心の中はモヤモヤして来ますよね(^_^;)

そんな中でも私は結局1年続けました。

別に辞めようと思えば辞めれました。

でも「いつでも辞めれる」と言う気持ちがある分、

そんなに苦にもなりませんでした。

結局1年は頑張り、それ以上ここに居ても時間のムダだと感じたので最終的には辞めまして、

その後はスタッフレッスンに変わったと聞きます。

あれから何年も経ってますが、そのクラブがどうなったかは知りません。

まぁ、大手ですから潰れる事はないでしょうけどね。

時々、インストラクターの相談に乗る事があります。

それは新しい事業など前向きな相談もありますが、

多くは、お客さんとのトラブルや、スタッフとのトラブルが多いです。

そんな時、私が言うのは、

「じゃ、辞めたら?」

と言うのです。

そう言うと、驚いたような顔で見返される事が多いです。

どうも「辞める」と言う選択肢がない人が多いように思いますね(^_^;)

今はフィットネスクラブのレッスンもどんどん減り、

1本辞めれば、その分のレッスンを取り戻すのは大変なんでしょう。

でも・・・

それで精神的なダメージを受けて心療内科に通うほど自分を傷付ける必要はあるのか?

そして、

「辞めれない、辞めたくない!」

と言う気持ちを「お客さんに見透かされていませんか?」てこと。

先に書いたクラブのレッスン。

お客さんに褒められました。

「良く続いてるよね?」

と(^^)

そこのお客さんからしたら、

「インストラクターが気に入らなければ、少し責めればすぐに辞めて新しいインストラクターがやって来る!」

と思ってたのでしょうね♪

どうやら私に関しては当てが外れたようですし、

私が辞めて、その後スタッフレッスンになって。。。喜んでおられるのでしょうかね?(^^)

「私は、いつでも辞めれるよ♪」

と心の中に想っているだけで随分と心が楽になると思うんですよ。

実際、無理して続ける必要もないでしょうしね。

だって、私はそのクラブでは5人の集客だったかも知れませんが、

他のクラブに行けば、安定して来てくれるお客様がいるんです。

何処のクラブに行っても集客出来ない場合は、

自分に何か落ち度がある可能性があるので、

そこは冷静に分析する必要はあると思います。

でも、1社、2社、集客が出来なくても、他で集客が出来てるクラブがあるのなら、

たまたま、その地域、そのクラブ、のお客様が自分に合ってなかっただけかも知れないのです。

なら、無理して居続ける必要もないですし、

他の地域に、自分のレッスンを待ってる人がいるのかも知れないんです。

フリーのインストラクターは、クラブとの契約でレッスンしています。

決して雇用ではないです。

だから、クラブにとって都合が悪ければすぐにレッスンを切られます。

でも、逆に自分にとって居心地が悪いのならこちらから願い下げすれば良いのだと思うのです。

そして、働く場所はフィットネスクラブばかりではありません。

あなたの家に隣に運動を必要とされてる人はいませんか?

あなたのママ友に運動を必要とされてる人はいませんか?

あなたが習い事をされてるサークルや教室に運動を必要とされてる人はいませんか?

私達は個人所業主です。

自分で働く場所を作っても良いのです。

「簡単に辞めろ!」

と言ってる訳ではありません。

でも、身体を、精神を切り詰める前に、

「辞める」と言う選択肢もあることを思い出して下さい。

貴重な時間を本当に大切な事に使って下さい。

2019-04-25 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《想い・・・》「インストラクター、働き過ぎで後悔しない?」

14642320_907351902731382_3420625671001360743_n

《想い・・・》

「インストラクター、働き過ぎで後悔しない?」

 

 

私も昔そうだったし、

 

今でも、まだそう言う傾向がある。

 

仕事優先!

 

休めない!

 

 

大阪的に言うと「1本なんぼ」の世界だから、本数を稼げば収入も上がる。

 

それで喜んでいた・・・以前は。

 

 

当時、確かに収入は増えた。

 

でも・・・、

 

「自由だったか?」

 

自営業なのに、フリーなのに、

 

収入も自分で決められず、

 

スケジュールもある意味自分で決められず・・・

 

で、どうだったのか?

 

 

行きたいところも行けず、代行も見付からず、父親の死に目にも会えず。

 

 

一番の心残りは、父から、

 

 

「俺らがまだ動ける間に、家族で旅行でも行っておかないか?」

 

 

の提案に、

 

「仕事休めないから。。。」

 

の一言を返しただけ。

 

父の、

 

「そうか・・・」

 

と言った寂し気な表情を今でも忘れられない。

 

 

皆さんは、どうですか?

 

全てを犠牲にしてませんよね?

 

家族より仕事。

 

仲間より仕事。

 

下手したら自分の健康より仕事?

 

それで後悔しませんか?

私のように。

 

 

お金って大事です。

 

でも、私はそれ以上に大事なのは「時間」だと思っています。

 

お金はやり方によってはいくらでも稼げます。

 

時間はみんなに平等にしか与えられてないんです。

 

その限られた時間、何を優先に使いますか?

 

仕事ですか?

 

それは何の為に?

 

家族の為?

 

家族の為に働くのですか?

 

父の死に目に会えなかった私のように後悔しませんか?

 

 

仕事より大事な事はありませんか?

 

ご両親と離れて暮らしてる方。

 

ご両親と1年で何時間過ごしてますか?

 

1年に何回実家に帰ってますか?

 

そして、その帰った際にご両親と何時間一緒に過ごしているのですか?

 

と考えると、ご両親とは、あと何時間一緒に過ごせるのでしょうね?

 

 

時間って限られています。

 

どう使うか、そして、どうやれば時間を増やせるか?

 

 

「増やせるか?」

 

 

そうです。

 

時間は増やす事が出来ます。

 

お金で買える事が出来るのです。

 

 

これはある方が仰ってましたが、

 

大阪ー東京間 新幹線で2時間半です。

(乗車券と特急券で約15000円だったかと。)

 

大阪ー東京間 徒歩だと数日?

(でも料金は無料です。(食費などはないとして。))

 

つまり、数日歩けばお金をかけずに東京には行けます。

 

でも、15000円払う事で2時間半に時間を短縮したのです。

 

つまり何十時間と言う時間をお金で買ったのと同じだと言う事です。

 

 

自分でやれば無料の仕事。

 

それで節約と考えるか?

 

その仕事をお金を払って誰かにやって貰う事で、

 

その時間を他の・・・もっと大切な事に使えるのです。

 

 

貴重な時間を何に使うのか?

 

お金の為に時間を使うことで後悔しませんか?

 

それよりもお金で限られた時間を有効に活かす事を考えませんか?

 

インストラクターの働き方改革です!

 

 

今のまま「1本なんぼ(いくら)」で働き、仕事に縛られるのか?

 

自由な時間とお金を手にするように働くのか?

 

無駄な物にお金や時間を使っていませんか?

2019-04-23 | Posted in 想い1 Comment »