想い

あなたを応援する、私の言葉!

10372328-EF26-4939-B589-878587257A88

2018-10-07 | Posted in 私の想いを伝える時間♪No Comments » 

 

《呟き・・・》「あなたの楽になる考え方をすれば良い♪」

42586358_2219464948095077_3296695245755908096_n

皆様いかがお過ごしですか?

日本最大の運動指導者のコミュニティ「FANC」代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


《呟き・・・》

「あなたが楽になる考え方をすれば良い♪」

 
私って、
 
常に前向きで、プラス思考で、
他人の目を気にせず自分の信じた道をまっしぐら!
失敗を恐れず、常に夢に向かてる。。。
 
・・・、
 
 
「な、訳ないだろう!」
 
と昔から私の事を知ってる友人などはそう言うでしょうね(^_^;)
 
 
私が開催する講座
「インストラクターの能力を活かした「仕事の作り方」」
の最初には必ず言ってます。
 
(10月30日 東京渋谷で開催します♪)
 
「皆さんよりも人一倍心配性なんです!」
 
て♪(^_^;)
 
 
本来の私は、
 
人の目を気にし過ぎて、
 
失敗したら落ち込んで、引きずって、
 
新しい事に挑戦する時なんて、
 
それこそ慎重に、慎重に・・・で最終的に諦める。(^_^;)
 
そんな人間で、性格の根っこの部分てそうそう変わりませんよ♪
 
 
ただね、昔と変わったのは一つ。
 
「そんな自分に疲れちゃった」
てこと(^O^)
 
 
だって、失敗した事実は変わらない。
 
反省は必要だけど、いつまでも引きずったって何が変わる訳でもない。
 
そんな事に時間を取られるぐらいなら、
次の機会に2度と失敗しない。。。
どころか、それ以上の物を提供する気持ちの方が良い♪
 
 
自分のレッスンを常に高みを目指す事は必要だと思う。
でも、毎レッスンそればかりに気を取られちゃってたら疲れちゃいませんか?
 
それに・・・、
 
 
「お客様は完成された物、失敗のない完璧な物を目指してるのだろうか?
 
と言うか、完璧なレッスンって何?」
 
 
自分が完璧と思うレッスンと、お客様が求めてるレッスンは一緒なのか?
 
 
「完璧なレッスン、失敗のないレッスン」
 
 
て、あくまで自分目線のレッスン。
 
完璧を目指せば目指すほど、もしかしたらお客様を見てないのでは?
 
そうも思えて来たんです。
 
 
だから、技術レベルを目指す、良いレッスンを目指すは変わらない。
 
でも、自分の中での完成度は70~80%達成出来たらそれで良いと思ってるし、
 
上手く出来たかどうかより、来てくれた目の前のお客様がどれだけ笑ったか、笑顔に出来たか?
 
そっちの方が重要だと思ってる。
 
 
例えレッスンが上手く行かなくても、
 
目の前のお客様を笑顔に導けたら、それは成功のレッスンかも知れない。
 
失敗は失敗としていったん反省し、次の事に目を向けた方が良い。
 
 
過去は変えられない。
 
変えられない過去にうじうじ悩んでていても、時間ばかりが経って何の解決策も浮かばない。
 
なら、次回のレッスン、次のレッスンを楽しくする事に視点を変えた方が良い。
 
 
だって・・・
 
それの方が楽じゃね?(^_-)
 
 
最近私が良く耳にする言葉、
 
2月にシンガポールに受けに行った「アンソニー」の講座でも何度も出て来た言葉。
 
 
「フォーカス」
 
 
・何処に視点を置くか?
 
・何に視点を置くか?
 
 
で、見え方や考え方が変わって来る。
 
「失敗をしない」
 
はあくまで自分の視点。
 
お客様の視点は、
 
 
・楽しみたい。
・痩せたい。
・現実逃避したい。
・気持ち良くなりたい。
 
 
自分が失敗しようがしまいが関係がないんですよ。
 
大阪なら、
「失敗しても笑いに変えちゃったもの勝ち!」
 
一番最悪は、
失敗して自分のテンションが下がっちゃうこと。
 
 
誰にフォーカスする?
自分?お客様?
 
何処にフォーカスする?
過去?未来?
 
何にフォーカスする?
将来に不安な自分?
未来にワクワクする自分?
 
自分が楽な選択はどっち?
 
 
本来の自分の性格なんてそうそう変わらない。
ならば、自分が楽に過ごせる考え方を選んでみる。
 
ほんのちょっとの事だと思うんです。
 
 
下を向いて歩くのか?
前を向いて歩くのか?
 
 
笑って過ごすのか?
悩んで過ごすのか?
 
 
自分の完成度を目指すのか?
お客様の笑顔を増やすのか?
 
 
他人の言葉を気にして人の道を歩くのか?
自分の心のまま歩きたい自分の道を歩くのか?
 
 
同じ事柄に出くわしても、自分の考え方ひとつで、
 
「私は運が悪い」
「私は運が良い」
 
どちらにでもなる訳で。。。
 
なら、どちらを選択しますか?
 
と言う事。
 
だから、
私は心が楽になる方を選んでいます♪

★肥塚のインタビュー動画 「FANC’s GR」★

第6回 野竹厚 さん (GOTCHA! WELLNESS 代表)

第5回 西原亜紀子 さん

第4回 風祭耕太 さん (ラヂオきしわだ:パーソナリティー)

第3回 田澤修平 さん

第2回 米澤卓郎 さん

第1回 安田由香里 さん


★私の想いを伝える動画★

3: フィットネスクラブと私達は今後どう付き合って行くべきか?

2: エアロビクスとプレコリオは何が違うのか?

1: エアロビクスは今後なくなってしまうのか?


★肥塚流 中級向けエアロコリオ♪★

4: 肥塚流 中級向けエアロコリオ⑤

3: 肥塚流 中級向けエアロコリオ④

2: 肥塚流 中級向けエアロコリオ③

1: 肥塚流 中級向けエアロコリオ②


★ エアロの遊び ★

7: エアロの遊び♪ ⑦

6: エアロの遊び♪ ⑥

5: エアロの遊び♪ ⑤

4: エアロの遊び♪ ④

3: エアロの遊び♪ ③

2: エアロの遊び♪ ②

1: エアロの遊び♪ ①

2018-10-04 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《呟き…》「もしかして、何気にこんな言葉使ってませんか?」

42883485_1879332302157402_8175298784251609088_n

皆様いかがお過ごしですか?

日本最大の運動指導者のコミュニティ「FANC」代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


《呟き…》

「もしかして、何気にこんな言葉使ってませんか?」

 
私も言った経験があるんですよね。。。
本人はジョークのつもり?
 
でもね、これを言われた人がどう取るか考えた事ありますか?
 
特に良く知ってる仲間内ならジョークとして通用するかも知れません。
でも、SNSで書かれた物は誰が読むか分からない。
もしかしたら、将来自分の「お客様」になる可能性がある方も読んでるかも知れない。
 
でも、この言葉を使う事であなたは信用されなくなるかも知れませんよ。
 
 
「なんちゃってインストラクターです♪」
 
 
別に、この言葉だけではないです!
自分を卑下する言葉は全てです。
 
 
本人はジョークのつもりなのかも知れませんが。。。
それって、本当にジョークになってる?
 
もしかしたら・・・、
 
 
「あまり期待されたら困るから。。。
自分を下げて伝える事で、敷居を下げておこう。」
 
 
と言う浅はかな考えをしていませんか?
 
 
いや、良いんですよ。
仲間内で遊んでる際に言うのなら、
 
でも、
 
 
「○○さん、○○エクササイズされるんですね!」
 
と言われて、
 
「あっ、やりますよ♪
でも、なんちゃってインストラクターなんですけどね♪」
 
 
て答えられたら、その言葉を聞いた人がどう取るか?
考えた事ありますか?
 
顔では笑っておられるかも知れません、でも、
 
 
「自分に自信がないんだな。。。
この人の○○エクササイズを受けに行くのは辞めよう。。。」
 
 
となってるかも知れませんよ。
 
自分のレッスンは商品なんです。
 
例えば、ドリンクを販売しようとする人が、
 
「このドリンクどうぞ♪
たいして美味しくありませんが(笑)」
 
とジョークでも伝えますか?
 
 
自分の発した言葉は、
自分の想いとは関係なく、その言葉の意味のまま伝わる可能性が高いです。
 
特にSNSなどは表情も分からなければ、
イントネーションも分からない。
 
どう取られるかは読んだ人次第なんです。
 
なら、あえて自分を下げるような言葉は使わない方が良いと思いますよ♪
 
例え自信がなくても、
例え習ったばかりだとしても、
 
 
「私、これ得意なんですよ!」
 
 
と言い切っちゃいましょう!
 
口から発した言葉には言霊が宿ってます♪
 
プラスの言葉を発したら、
きっとその言葉通りになる筈だから♪
2018-10-02 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《呟き…》災害時にインストラクターが取るべき対応とは?

42709087_1837270236361495_6030851738259423232_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


《呟き…》

災害時にインストラクターが取るべき対応とは?

 
今年は本当に関西は災害が多い。
 
春先に起きた地震から始まり、豪雨、台風21号、
そして、今向かって来てる台風24号・・・
これも規模がでかそうだから要注意ですね。
 
 
で、こう言う自然災害の時に必ず出るのが、
 
「フィットネスクラブは開けるのか?
 
スタジオレッスンは開催するのか?」
 
と言う話。
 
 
これが自分が主催してるイベントやサークルとなると、
自分の事以上にお客様の事を考えて、早々に中止するべきだと思うんです。
 
 
確かに、
 
既に申し込みが多数来てるとか、
 
準備に相当な時間を要したからとか、
 
既に会場をおさえてるとか、
 
色々事情があるのは分かります。
でも、一番大事なのはお客様の事。
 
 
今回も前回同様に、ほぼどこの電車もSTOPする可能性が出ている。
 
なら尚更、
 
インストラクターなら、自分のレッスン時間内だけでなく、
そこまでの移動の事も含め、お客様の安全を最優先にするべきだと思うのです。
 
ただ、問題なのは、ことフィットネスクラブでのレッスンの場合。。。、
 
レッスンを開催するか否かの権限はインストラクターにはありません。
 
数年前の私なら、
 
「どんな状況下であろうと、どんな事をしてでもフィットネスクラブに向かうの事がインストラクターの使命だ!」
 
とまで考えていました。(^_^;)
 
 
でも、今はどちらか言うとクールに考えます。
 
 
「危険なら、自分の身を最優先に考えるべきだ!」
 
 
と。。。
 
 
もし、危険を承知でクラブに行って、万が一大きな怪我をした場合。
 
全て自己責任なんです。
 
 
クラブが、移動中のインストラクターのケガの保障、レッスンを休んだ場合の給与保障なんかしてくれる訳もありません。
 
それどころか、
多くのインストラクターは、数クラブ掛け持ちだと思いますが、
 
もし自分が大怪我をして数日レッスンを休まなくては行けなくなった場合、
 
その向かったクラブだけでなく、その後の他のクラブにまで迷惑をかけてしまうのです。
 
そこまでの責任を背負ってまで、
危険を承知でクラブに向かう必要があるのか?
 
 
『自分の身は自分で守る』
 
 
特に個人事業主ならば当然のこと。
 
ならば、危険と感じたのであれば、
クラブに何を言われようと、自分の身を最優先に考え『行かない!』と言う選択肢を選ぶのも大切なことではないか?
 
私はそう考えます。
 
 
また、その選択肢を選ぶことによって、
 
・クラブからペナルティーを食らった。
 
・帰りの電車が動いておらず、足止めを食らった。
 
・その後、レッスンをクビになった。
 
などの被害にあった人も実際にいると聞きました。
 
でも、そう言うクラブには堂々と抗議すれば良いし、
例えクビになるのなら、逆にこちらから願い下げてはいかがでしょうか?
 
何故なら、フィットネスクラブは、健康を伝えるところ。
 
しいては命の大切さを伝える所でもあります。
 
 
お客様であれ、社員であれ、契約インストラクターであれ、
「人の命」を軽んじるフィットネスクラブが、
「健康の大切さ」を伝えれる訳がないのだから。
 
 
なんでも関西の東急スポーツオアシスは早々に明日の関西の施設は休館すると連絡があったそうです。
 
他のクラブもこうあって欲しいと願います。
 
(まぁ、クラブによって事情も違うのでしょうけどね…)
2018-09-29 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《呟き…》「私は大丈夫!」の根拠は何ですか?

42586335_1052496648265980_6903086714776977408_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


《呟き…》
「私は大丈夫!」の根拠は何ですか?
来月(10月)の30日(火)夕方より東京で再度、
 
「インストラクターの能力を活かした「仕事の作り方」」
 
と言う講座を開きます。
 
 
 
今月同じタイトルの講座を開いたところ好評だった為、
再度平日に開催する事にしました。
 
「平日だと難しいかな。。。」
 
と思ってたのですが、既に半分埋まっております!
ありがたいことですね♪
 
 
しかし、10年前に私が東京で自分の講演をする事を夢見ていたか?
 
 
「とんでもないです!」
 
 
その頃は週に25本のレッスンを抱え、
自分のレッスンをこなすのに精一杯。
ただ、年齢も40歳を超え、体力には自信があったものの、頭の中には、
 
「これが10年先も続くのだろうか?」
 
と言う不安で一杯でした。。。
 
 
私の講座では最初に必ず言ってる事があります!
 
レッスンの技術では、私の講座を受けて下さってる方のほうが技術レベルでは上だと思う事。
 
 
その私が何故前に立ってるのか?
 
私と参加者との大きな違いは2つ。
 
 
① レッスンに来てくれるお客様も好きだけど、それ以上にインストラクターが好きだと言う事。
 
② 人一倍心配性だと言う事。
 
 
①については、興味があれば講座で聞いて下さい♪
②の臆病は今でもそうです。
 
 
常に先が心配でしたし、今でも心配です。
 
 
・自分の身体のケアは怠らなかった。
・食事も気を付けていた。
・トレーニングもレッスンの負荷に耐えれるだけの身体作りはしていた。
 
 
でも、だから身体が大丈夫だとは思わなかった。
 
多くのインストラクターの方と繋がっていると、時々見かけるこの言葉。
 
『まさか私が。。。』
 
 
時に病気で、
時にケガで、
時に家族の事で、
 
「まだ若いから。。。」
「身体には気を付けてるから。。。」
 
 
プロ意識を持って、身体に気を付けてる人も多いのでしょう。
 
でも・・・、
「だから大丈夫」な訳がない!
 
 
「私はケガをしない、私が大きな病気にかかる訳がない。
 
私は大丈夫!
 
身体は動くし、
 
まだ若いし、
 
いざとなってもレッスンぐらいは出来る
 
私は。。。」
 
 
でも・・・
 
 
本当に大丈夫?
 
 
どれだけトレーニングをすれば大丈夫なの?
どれだけ体のケアをすれば大丈夫なの?
どれだけ食事に気を付けてたら大丈夫なの?
 
 
みんな気を付けていた。
みんな頑張っていた。
 
でも、いるんです。
 
「まさか私が。。。」
 
そして、中にはこんな言葉をかけられることもあるんです。
 
 
「プロでしょ?プロなら自分の体調管理ぐらいして下さいよ!」
 
 
いくらしていても病気になるよ!
人間だもの!
生身の身体だよ。
ケガもすれば病気になる。
 
 
だから、
 
 
考えておかないといけないの!
 
「いつレッスンが出来なくなるか分からない!」
 
てことを。
 
 
まだ独身で、自分の事だけ考えいれば良い身ならまだ良いですよ。
 
でも、家族がいる人。
子供がいる人。
奥様がいる人。
 
自分が倒れた時にどうすれば良いか。。。考えてますか?
 
 
私は人一倍心配性でした。
 
 
だから、常に考えていた。
40歳ぐらいから本気で考え「FANC」の基礎になる団体を作った。
ビジネス合宿に行った。
クラブの外での活動を始めた。
 
 
まだまだ心配なことに変わりはない。
 
でも、不安だらけの考えから、
他の人と違う思考が身に付いた。
 
おかげで、心配は小さく、希望が大きくなって来た!
 
「自分は大丈夫!」
 
思うのは勝手です、
でも自分が倒れて困る人はいませんか?
 
 
将来の為に全てを注ぎ込めとは言ってません。
でも、70%今の仕事に費やすなら、
30%は将来の事を考えて、今から少しづつでも何かを始めてみませんか?
 
不安を煽ってる訳ではありません!
 
現実を言ってるだけです。 
 
自分の身体を守れるのは自分だけなんだから。。。
2018-09-27 | Posted in 想いNo Comments » 

 

インストラクターの存在価値を考えた事ありますか?

 

 

32675152_2121514671466772_6436377572480647168_n

最近「スポーツ婚活」の話題を多く発信してる私ですが、

するとよく、

 

「なぜ?

インストラクターが婚活?」

 

と言う言葉を頂く事があります。

実際、私も当初話を頂いた時にそう思ったのですから、当然ですよね(;^_^A

 

でも、ちょっと考えて欲しいのです。

「インストラクターって何の為にやってるのか?」

てことを。。。

 

フィットネスインストラクターだから運動を教えるのは当たり前だと思うんです。

でも、それ以前に私達が目指してる事って・・・、

これではないでしょうか?

「目の前にいる人を笑顔にさせたい!」

と♪

 

そう考えた時「笑顔」になって貰う事が目的なら別に「運動」に限る必要はないのではないか?

 

目の前にいる人が喜ぶ事。

目の前の人が困ってる事。

 

それに応えて上げれる事、手助けしてあげる事、

が出来ればそれで良いのではないのか?

それが私達の仕事であり、役割であるのなら、

 

「自分が何をしてあげれるか?」

 

を考え、出来る事をしてあげればそれで良いのではないのか?

 

私達が何気に、普段何気に出来る事。

・人の前に立てる事。

・人の前で話が出来る事。

・一人一人の表情を確認し、相手の感情に察知してあげれる事。

・多くの人を楽しませてあげる事。

など。。。

それがインストラクターの多くが当たり前に出来る事…。

 

スポーツ婚活との出会いは、

まさに上にあげた事がきっかけでした。

 

スポーツ婚活を研究されてる教授が

「これを事業化したい!」

と言う問い合わせが来たのがきっかけでした。

 

そして、それを事業化させる為に一番必要だったのは

「人材」

それも上に書いたような事が出来ると言う条件だったのです。

 

それが「婚活」「インストラクター」とが結びついた理由でした。

 

結婚したくても出会いのない人が多くいる。

その人達に「出会い」と言うきっかけを作る事が出来る!

その人達を笑顔にする事が出来る!

その人達の人生を変えてあげる事が出来る!

それを私達が出来る可能性があるのならやってもよいのではないのか?

 

「インストラクターだから「運動」を教えなくてはいけない。」

ではなく、

「インストラクターの能力を活かし、更に多くの人を笑顔に出来る。」

私達の技術が活かせるのなら、固く考えず、柔軟に考えると言う選択もアリなのではないですか?

 

それがインストラクターの「存在価値」であるのなら。

 

今度の日曜日(9月30日)に「スポーツ婚活」体験会が開催されます。

これは、実際に「婚活」をするのではないので、結婚されてる方も参加して良いんですよ♪

 

どんなことをやるのか?

 

「スポーツ婚活」の楽しさを実際に感じて欲しいのが狙いです。

参加費100円(保険代)なので気楽に参加してみて下さい。

 

まだ、申し込みは出来るそうですよ♪

申し込みはこちら!

⇒ https://www.facebook.com/events/285769885338184/

 

では日曜日にお会いしましょう!

2018-09-24 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《呟き・・・》「あなたの本職は何?」

temporary(1)

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


《呟き・・・》
「あなたの本職は何?」
 
最近になってバカげた質問だったと感じる質問。
 
 
「あなたの本職は何ですか?」
 
「それって副業ですか?」
 
 
まぁ、サラリーマンの方だと分からなくもないのですが、
個人事業主の方は、これって意味がないですよね?
 
 
私が運営してる「FANC」でも、最近色々な事業を立ち上げようとしています。
最近力を入れてるのは「スポーツ婚活」ですね♪
これも、今は良い感じに広がりを見せております♪
 
今後は販売にも手を出そうかと。。。
(まぁ、それは良いとして♪)
 
 
で、こう言う事をやり始めると、
 
「肥塚さんの本職は何ですか?」
 
や、
 
「インストラクターならレッスンに集中すればどうですか?」
 
など、
 
「それ、本職ですか?」
 
と言う質問も時々頂きます。
 
で、その時の私の回答はいつもこうです。
 
「本職って何ですか?
副業って何ですか?」
 
と♪
 
 
私が親しくさせて頂いてる南さんもそうですし、
色々ビジネスに関わってる方々は、皆さん「本職」が分かりません。
だから、どれが副業かも分かりません。
そして、こう返されるんですね♪
 
 
「本職って何ですか?
 
お金を頂いてるんですから、全て全力で臨む。
 
だから、全て本職じゃないですか?
 
お金を頂いて臨むことに「本職」も「副業」もないと思いませんか?」
 
 
なるほど。。。です(^_^;)
 
 
最近では写真のフィルムの会社がその技術を使って化粧品も作ったりしています。
 
自分の技術を活かし、その価値にお金を支払ってくれる。
 
お金を払う側にとって、それが「本職」であろうと「副業」であろうと関係ない筈ですよね?
 
 
大事なのはそのお金に見合った価値を提供してるかどうか?
 
それに、もし、副業と思ってた物が本業よりも業績が上がり、
本業が年100万程度しか収益を上げていないのに、
副業と思っていた物が年に1000万円も収益を上げたとして、
それでも副業と言えるのかどうか?
(まぁ、言うのは勝手ですけどね♪)
 
 
10/30に東京で開催する私のセミナーで、
 
 
『インストラクターの能力を活かした「仕事の作り方」』
 
 
では、この辺をもっと深く話して行きます。
 
「相手は何を望んでるのか?
そして、私達は何を提供出来るのか?」
 
ですよね?(^^)
 
でも、それでも「いや、あなたの仕事が聞きたいのです!」と言ってきたら。。。
 
今の私ならこう答えるかも?
 
「身体を動かす事を通して、多くの人を笑顔にするのが仕事です♪」
 
て(^O^)
2018-09-17 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《呟き・・・》 クラブの中へ…の方が難しい時代?

IMG_1598

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


《呟き・・・》
「クラブの中へ…の方が難しい時代?」
 
 
ちょっと前の事。。。
 
クラブの月末処理を私はうっかり忘れていた事があり、
フィットネスクラブから電話があった。
 
「肥塚さん、先月分の月末処理が行われていないのですが。。。」
 
私はとにかく、電話で平謝りに頭を下げ。。。
(電話なので頭を下げても見えないのですが。。。(^_^;))
 
すぐにスマホを取り出して、クラブのサイトに飛び月末処理を行い、
(今までなら、クラブに行って処理しなければ行けなかったのが、今ではスマホで出来る、有難い時代になったと思う。(^-^;)
 
すぐにまたクラブに電話をかけなおして月末処理した事を告げた。
 
 
そして、次に仕事でそのクラブに行った際にも、
スタジオ担当者とチーフに月末処理の遅れをお詫びに向かった。
 
すると、2人からは同じ返答が返って来た。
 
 
「いやいや、そんなに謝らないで下さい!
ちゃんと処理してくれたらそれで良いんで♪
 
と言うより、肥塚さんが処理し忘れてる事に私達が驚いてたんです!
 
どちらか言うと、誰よりもきっちり毎回処理して下さってるんで、
 
「珍しいね!」
 
て♪」
 
 
なんかね。。。嬉しかった♪
 
「そんなに信用されてるんだ!」
 
て♪
 
クラブのスタッフとも話す事があるんですが、
時々こんな話を聞いたりもする。。。
 
 
「本当にね。。。
正直、頭を抱える事がありますよ。
 
提出物を
 
「いついつまでに提出して下さい!」
 
と言っても、提出してくれない。
 
挨拶もなく、いつ来たのかも分からないし、いつ帰ったのかも分からない。
 
でも、自分の言い分だけは言って来る。
 
まぁ、レッスンだけはされてるので文句言いませんが、
 
どうなんだろう。。。と思う時があります。」
 
 
私のfacebookの投稿では何度か書いてるんだけど、
 
私達のお客様は、スタジオに来て下さるお客様がお客様ではない。
 
私達がお金を貰ってるのは何処からですか?
 
 
フィットネスクラブからお金を貰ってるんですよね?
 
 
と言う事は、私達のお客様は「フィットネスクラブ」だと言う事。
 
ここを間違ってはいけない。
 
 
スタジオに来て下さってるお客様は「フィットネスクラブの大切なお客様」
 
私達の役割は、その「フィットネスクラブの大切なお客様」に喜んで貰い、継続に繋げる事。
喜んで貰い、楽しんで貰い、継続して貰う事。
 
おそらく、これはほとんどのインストラクターは認識してると思う。
 
でも、本来のお客様であるフィットネスクラブを蔑ろにしていい筈はない!
 
 
・提出物は期限までに提出する。
 
・クラブに着いたらスタッフに挨拶する。
 
・帰る時も先に帰る事を告げる。
 
・レッスン時間より少し早めに来て、お客様を出迎える。
 
・スタジオを使用したら、スタジオ使用前の状態に戻しておく。
 
・自分の汗で鏡が汚れたら、汗を拭いておく。
 
・音量を上げた、ピッチを変えたら、元に戻しておく。
 
などなど。。。
 
 
社会人としても当たり前の事。
 
 
この「当たり前」の事をちゃんとやれてるのか?
 
私が「クラブの外へ!」と言ってるのを読んで時々、
 
「クラブの中でもまだまだやれる事はありますよ!」
 
と反論を頂く事がある。
 
もちろん、その通りだと思います。
 
フィットネスクラブで私達がやれる事はまだまだあるでしょう。
 
 
でも、それ以前に、
 
 
『やるべき事をやってないインストラクターが多いのも事実!』
(もちろん、ちゃんとやってるインストラクターも多くいるのも分かってますよ♪)
 
「やるべき事をちゃんとやらずに、自分の権利だけを主張する。」
 
 
そんなインストラクターが多くなったのも、私達が働く場所が減ってる理由じゃないのかな?
 
 
実際、あるクラブスタッフが言ってたのを思い出します。
 
「義務である事をやらず、
権利ばかり主張するフリーのインストラクターより、
スタッフを使ったプレコリオを導入した方が言う事を聞いてくれる分やりやすい!」
 
 
私がセミナーで伝えてる「インストラクターの能力を活かす」には、外に出た方が気付き易い、と。
 
でも、外に出て社会人としてのルールやマナーなんかも、
いったん外に出て厳しさを味わう必要性もあるのではないか?
 
私はそう思うんですがね?
 
そして、ちゃんとやってるインストラクターが割を食う・・・
  
 
もちろん反論ありきで書いています♪
炎上上等?(笑)
2018-09-12 | Posted in 想いNo Comments » 

 

呟き・・・呼び方

40322354_268241100474467_8546091793475698688_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


《呟き・・・》
「おかあさん!(^^)」
 
以前、お客様から聞いた話・・・
 
 
「○○インストラクター、私のこと「おかあさん」て呼ぶんよ!
私あんな子、産んだ覚えないわよ!」
 
と怒っておられた。
(そのインストラクターの前では受け入れられてる態度をされてるようでしたが。。。(^_^;))
 
なんか・・・納得(^_^;)
 
おそらく、そのインストラクターは親しみを込めて「おかあさん」て呼んでるんだと思う。
また、そう呼ばれる事を嬉しく感じるお客様も居る事も確か。
 
でも・・・
 
『親しき中にも礼儀あり』
 
なんでしょうね。
 
またご本人が了承しても、それを見ている他の人がどう思うのか?
 
これもある意味考えるべきだとも思う。
サービス業を営むプロであれば。
 
「本人が良いと言ってるから良いでしょ!」
 
ではすまされない。
 
その呼び方を見て、
 
「あのインストラクター、礼儀知らずだ!」
「あのインストラクターは常識がない!」
 
そう取られてはクラブへのクレームにも繋がるかも知れない。
 
お客様との立ち位置と言うのをそこまで考える必要があるのではないのかな?
また、だからこそプロなんだと思う。
 
 
私は基本、お客様を呼び捨てやニックネームで呼ぶことはありません。
(まぁ、元々お客様の名前を覚えられないのは・・・ナイショ(^_^;))
 
それは私が営業経験があるからかも知れませんね。
 
私がまだサラリーマンで、営業職だった頃に先輩から良く怒られていたこと、それは、
 
「お客様との距離感を大事にしろ!」
 
と言う事でした。
 
あまり仰々しい言葉遣い、態度ばかりだと心を開いてくれず売れる物も売れない。
 
かと言って、
親しいを通り越して馴れ合いにはなってはいけない。
親しみを込めた言葉、態度がお客様を怒らせる事があるからだ。
 
 
お客様と親しくなったとしても、言ってもお客様。
 
友達は喧嘩しても本当の友達ならばまた仲直りもする。
 
でも、お客様は親しくなっても友達ではない!
金銭が(直接でなくても)絡んでる限りは失礼があってはいけない!
 
 
そう考えれば、
「営業職の時に大事な事を教えて頂けたな。。。」
と、当時の先輩には感謝しなくてはいけないな。。。(^_^;)
 
 
また、これはインストラクター同士間でも多少は気を付けた方が良いのかも知れない。
 
お客様程ではないにしても、
例えばキャリアの長いインストラクターや、
周りから尊敬されてるようなインストラクターに、
呼び捨てや○○ちゃん、と言うのは避けた方が良いのかも知れない。
 
まぁ、プライベートで会ってる時ならともかく、
 
そのインストラクターが例えばセミナーの講師をされていた場合、
そのセミナー会場で講師の先生を呼び捨てなんかで呼んだらどうなるか?
 
そのご本人は気にしないかも知れないが、
そのセミナーを受けに来てる受講者から反感を買うのは目に見えてる。
 
 
少なくとも不特定多数の人がいる場所や、
不特定多数の人が見るネット等では、
多少は気を付けるべきではないのかな?
 
 
「お前、考え硬いねん!」
 
と言われるかも知れませんがね(^_^;)
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
●8/31(金) インストラクターのしゃべり場(FANC関西)
 担当: 安田 由香里
 https://www.facebook.com/events/627373580995832/ 
 
●9/2(日) FANC関西『フィットネスロード14』(FANC関西)
 講師: 米澤 卓郎 プレゼンター: 吉村 はる美・ 亀崎 一郎
 https://www.facebook.com/events/1570667129906713/ 
 
●9/9(日) リフレッシュエクササイズ 【KAZE】無料体験会(FANC関東)
 指導: 上田 浩之
 https://www.facebook.com/events/427545897736860/ 
 
●9/9(日) インストラクターの能力を活かした「仕事の作り方」 東京版(FANC関東)
 講師:肥塚昌幸
 https://www.facebook.com/events/309094526512407/ 
 
(敬称略)
2018-08-29 | Posted in 想いNo Comments » 

 

〔呟き…〕

4F038E14-D34F-4068-814B-2963703C9A58

〔呟き…〕

「私なんて、まだまだ…」

この言葉って本心だろうか?

私自身、昔(今でも?^_^;)言ってたのでよく分かる。

本人は謙虚さをアピールしてるつもりだが、ただ自信がないのを隠したいだけの逃げの言葉…

依頼されて上手く行かなかったら、

「だから、私には…」

と「自分は悪くない」とアピール出来る。

でも、依頼する側も

「私なんて…」

と答えて逃げてる人に大事な仕事は任せておけない!

依頼する側の気持ちを考えれば、

勉強してる。

経験がある。

以上に「頑張ります!やらせて下さい!」と前向きな人にお願いしたいと思う。

そして、頑張って上手く行けば、また次のチャンスも巡って来る。

自信の無いアピールって誰の為にやってるの?

そのアピールで次のチャンスをも逃してると気付いてますか?

次に繋がらない、ただのその場凌ぎの無意味な言葉は避けよう♪(^。^)

ーーーーーーーーーーーーーーー

●8/31(金) インストラクターのしゃべり場(FANC関西)

担当: 安田 由香里

https://www.facebook.com/events/627373580995832/

●9/2(日) FANC関西『フィットネスロード14』(FANC関西)

講師: 米澤 卓郎 プレゼンター: 吉村 はる美・ 亀崎 一郎

https://www.facebook.com/events/1570667129906713/

●9/9(日) リフレッシュエクササイズ 【KAZE】無料体験会(FANC関東)

指導: 上田 浩之

https://www.facebook.com/events/427545897736860/

●9/9(日) インストラクターの能力を活かした「仕事の作り方」 東京版(FANC関東)

講師:肥塚昌幸

https://www.facebook.com/events/309094526512407/

(敬称略)

2018-08-27 | Posted in 想いNo Comments »