想い

フィットネスインストラクターがビジネスを始めて失敗する最大の理由は?

70430787_1654064861393412_4957996610257682432_n

フィットネスインストラクターがビジネスを始めて失敗する最大の理由は。。。
 
「自分がしたい事をしようとする」から!(^ ^)
 
もちろん「したい」事をするのは悪い事ではないですよ♪
ただ「したい」事をして上手く行くとは限りません。
どちらか言うと上手く行く可能性は低い♪
何故なら「自分のことしか考えてない」から♪
 
前に投稿した、
靴を履かない国で「この靴、良いですよ!」と叫んでるのと一緒です。
そもそも「靴」と言う概念が無いのに靴を持って叫んでも、
相手は手に持ってる物が何かすら分からないのです。
当然靴が売れる訳がないですよね!(^ ^)
 
でも、例えばの話です。
 
その国では色々な物を縛って生活してるとしますね。
でも、そう言う縛る紐などもなく、紐の代わりに草などの植物を利用していたとします。
でも、その数が圧倒的に足りない…
 
それを聞いた靴のセールスマンがたまたま持っていた「靴紐」を試しに渡してみたら見る見る内に売れて大ヒットしたんです!(^ ^)
さて、この話しで何を言いたいか分かりますか?(^o^)
 
この話、もし靴のセールスマンが「靴を売りたい」と言う事しか頭になかったら、この大ヒットには繋がっていませんね♪
 
大事な事は、
 
相手が何に困ってるのか?
そして、
自分が相手にしてあげれる事は何か?
 
インストラクターやトレーナーなどの運動指導者は「運動指導」以外に出来る事はないのでしょうか?
 
そして、みんなが困ってることで、
運動指導者だから出来るってことはないですか?
そこに運動指導を組み込んでみる♪
 
ものごとを上手く行かせる秘訣って、
実は、こう言うところにあるのかも知れませんよ♪
 
*何故FANCが「スポーツ婚活」を始めたか?
その理由がこれです♪(^O^)
2019-09-16 | Posted in 想いNo Comments » 

 

儲かる商売の4原則

70508043_1653875111412387_4476831119144124416_n

私は28歳の時にティップネス大阪の『エアロビクスインストラクター養成校』に入学し、会社を辞めフリーの道を選びました。
でも、その当時一緒にやって来た同期の仲間はほとんどこのフィットネスの世界に残っていません。
 
理由はそれぞれあるのでしょうが、
大きく一つにまとめると、
 
「未来が見えない!」
 
です。
 
フィットネスの世界ってそれほど将来性のない世界なんでしょうか?
 
ここで、最近目にする原則を紹介します。
 
《儲かる商売の4原則》
 
利益率の高い商売
在庫を出来るだけ持たない商売
月極めで、定額の収入の入る商売
大資本の要らない商売
 
でも、これって意外にもフィットネスにも当てはまってませんか?
 
更に言うと、
『健康』
は、生きてる間、誰しも求める事で、
「健康には運動は欠かせない」
と言うのは医師も認めています。
 
つまりニーズがあり、誰しもお客様になり得る仕事なのです。
 
では、なぜ「未来が見えない」のでしょうか?
 
それは、
「考えてない」
からではないですか?
 
過去のやり方に囚われて、
プライドばかりを高くして、
他業種との関わりを避けたがる。
変える、変わる努力をしない。
 
私はフィットネスの働き方を変えたい!
 
学生達が、
「将来、運動指導者になりたい!」
と言う世界にしたい!
 
と考えてます。
そう思いませんか?(^ ^)
2019-09-15 | Posted in 想いNo Comments » 

 

靴を履かない国に靴は売れるか?

69825854_1653214231478475_6937830942912282624_n

これは有名な話です♪(知ってる人も多いかも知れませんね♪)
ある靴屋のセールスマン2人が靴を履かない国にセールスに行きます。
しかし、2人の本社への報告は正反対でした。
 
それは。。。
 
Aは、
「ここでは誰も靴を履きませんので、靴は売れません。
別の国に行った方が良いです。」
 
Bは、
「ここでは誰も靴を履きませんので、靴の良さを知ったらみんなが靴を買うでしょう!」
 
2人が見た光景は同じです。
どう取るかによって判断は正反対に分かれます。
 
あなたならどう報告しますか?(^O^)
 
 
これは私達も一緒ですよね?
 
フィットネスクラブと言う、運動習慣のある人に運動を教えると言うのは「靴を履いてる国で靴を売ってる」のと同じです。
 
元々習慣があるのでニーズはありますが、その分競争も激しいかも知れません。
 
ですから、ここでのセールスは「我が社の靴は他社の靴より〇〇が優れていて。。。」となります。
 
  
逆にフィットネスクラブの外で運動指導するのは、
運動習慣のない人に運動の良さを伝えて行かないといけません。
つまり「靴を履かない国で靴を売ってる」のです。
 
元々の習慣がないのですから、
まず靴を履くことを習慣にして貰う必要がありますが、
売れ始めると競合がいない分、大量に売れる可能性があります。
 
ちなみに、ここでのセールスは「我が社の靴は他社と違って・・・」では通用しません。
「靴を履く習慣を身につければ、こんなメリットがあるんですよ!」
を伝えて行く必要があります。
 
 
同じ「靴を売る」のでも、売る場所によって売り方も違えば、考え方も変えなければいけません。
 
 
「どちらが正解」
と言う物ではありません。
 
「あなたは、どちらに売りに行きたいか?」
なのです。
まずは「決めないと売れない」と言うのが現実なだけです。
 
 
あなたはどちらに売りに行きますか♪(^O^)
2019-09-14 | Posted in 想いNo Comments » 

 

価値ある情報は、お金をかけろ!取りに行け!

E0FDD087-B954-4BC6-B328-87E214412064

本当に役に立つ情報や、本当に仕事に活かせる情報はネットには出て来ない場合が多いです。

いや、内容によっては出てるのかも知れません。

・英語で書かれてる論文

・企業が公開してる実験データ

などなど・・・

一つ一つ調べますか?

時間や労力をかけて得た情報、

自分が何度も実験して得た事実。

誰が無料で公開しますか?

お金が必要な情報ってそう言う物です。

ネット上には様々な情報が氾濫していますが、

みんなが閲覧出来る情報に価値がありますか?

そもそもその情報自体正しい物ですか?

「テレビは情報操作されてる!」

と言う人がいます。

確かにそう言う所もありますが、情報操作する上ではネットの方が簡単だったりします。

本当に価値のある情報は机の上でパチパチ打ってるだけでは手に入らない物の方が多いのです。

お金を払うか、直接学びに行くか?

価値ある情報発信してる人は、それだけの労力を費やして得た情報だと言う事。

無料や安価な物はそれなりに意味があっての事です。

安く、良い情報を得たければ、その裏の意味までも調べてから入手される事をお勧めします♪

(とは言え、高額な詐欺もありますから、それを見抜く目も必要になって来ますね♪)

2019-09-12 | Posted in 想いNo Comments » 

 

「量より質」?

69599001_1648866195246612_6829779422694866944_n

「結局、みんな、
邪魔臭いとか面倒だとか言って動いてないでしょ?
だからダメなんだよ!
僕は必要と思った事は、面倒だろうが、時間かかろうが全部やる。
 
やるから作業も早くなるしね。
やってないんだから上手く行く訳ないよ!」
 
 
この言葉が私の頭の中に強烈に残っています♪
 
これを言ったのは「ホリエモン」こと堀江貴文さん。
 
彼ってまさに天才だとは思うんですけど「天才だから、頭で考えて上手く行く事だけやる。」
みたいなイメージ持ってる人多いと思うんだけど行動力も半端ないと聞きます。
 
 
「量より質」
と言う人もいるけど、
圧倒的な量をこなしてこそ質が研ぎ澄まされて行くのかな。。。
 
 
なんてことを考える・・・52歳の夏♪(^ ^)
2019-09-09 | Posted in 想いNo Comments » 

 

私がお客様に伝える事

C2FFF249-FAB5-462F-A98F-33F49C34AF8D

私は、レッスン中、参加者に下のように伝えています。

「間違ったら笑っといて♪

別に出来んでも良いねん!

出来る事が目的やないから♪(^^)

みんなの動きが揃ったからと言って、

発表会に出る訳やないからな!

健康になる事が目的!

健康になったらそれで良いねん♪」

 

先日、お客様が私のレッスンに入る際に、

「間違ったら笑っとくな!(^ ^)」

と言って入って来た♪

また、別の日に、

お客様が友達を連れて来て、

「この先生な、間違っても、

「笑っとき!」

と言ってくれるから大丈夫や♪」

と言って入って来た♪

 

私の言う事なくなったなぁ〜(^O^)

2019-09-08 | Posted in 想いNo Comments » 

 

「想い・・・」プロって何なのか?

69664188_1645450072254891_4903508511951945728_n

以前聞いた話。。。
海外のある有名プレゼンターは、デッキの調子が悪いとレッスンをせずに帰ってしまうとか?
 
理由は。。。
「私はプロだ!
常にパーフェクトなレッスンを心がけてる!
だからデッキの調子が悪いとパーフェクトなレッスンを提供出来ないから私はしたくない!」
 
と言うのが理由だそう。
 
 
それを聞いたら中には、
「来て頂いたお客様にその状況で可能な最大限のレッスンを提供するのがプロでしょ!」
と言う人が現れるのは想像出来る♪
 
 
しかし、どちらも「プロとしてどうあるべきか?」を考えてるのは一緒ではないか?
単純に「プロ」に対する価値観が違うだけのようにも思う。
つまりどちらも『正解』なのではないだろうか?
 
 
ただ一つ言えること正解かどうかはお客様が決めること。
インストラクターが「プロがどうあるべきか?」を考えるのはインストラクターの勝手で、
「そのレッスンにお客様が来てくれるかどうか?」
が重要ではないのだろうか?
 
 
「身勝手なインストラクターのレッスンになんて行きたくない!」
 
 
と、誰もレッスンに来なければ、パーフェクトなレッスンが出来る出来ない関係なくレッスン自体が成立しないのだから。
(ただし、フィットネスクラブで働いてる場合はフィットネスクラブがお客様だと言う事も忘れてはいけない。)
2019-09-05 | Posted in 想いNo Comments » 

 

ピッチ(スピード調整)を動かしたあと、皆さんは元に戻してますか?

69341183_1644173669049198_6913015579653701632_n

ピッチ(スピード調整)を動かしたあと、皆さんは元に戻してますか?
時々あるんですよね。。。
ピッチを動かしてレッスンした後、そのままの状態で退出される方。

特に写真のようなダイヤル式の場合「0」に戻すには相当回さないと行けないんですよね。。。

まぁ、大した労力ではないと言えばないんですが、
使った人が元に戻しておけば良いだけだと思うんです。

これは私の考えですが、
インストラクターはフィットネスクラブからスタジオを貸してもらってお仕事させて頂いてると思ってるんです。
なら・・・
『借りた物は元に戻してお返しするのが礼儀ではないですか?』
以前は、ボリュームを上げっぱなしや、
最悪は1曲リピートに設定変更したままにされてる人も多かったんですが、最近はそう言う人は減って来たように感じるんですね♪
ただ、このピッチだけは見落とすんでしょうね。。。

使ったのなら、元に戻して次のインストラクターにお渡しし、みんなが気持ち良くレッスン出来たら良いと思いませんか?(^^)

2019-09-02 | Posted in 想い, 日常の風景No Comments » 

 

《想い・・・》「体育とフィットネスの違い?」

68517830_1627346540731911_5209964233931882496_n

《想い・・・》「体育とフィットネスの違い?」
私は、以前から何度も書いていますが、
「子供の頃からの運動音痴です」
ちなみに、これは過去形ではないです♪
「運動音痴」は今も変わらないと思います。
そして、運動音痴の多くの人が運動嫌いになってる筈です。
では何故、私は今の仕事「フィットネスインストラクター」をしてるか?
なんですよね?
 
 
そこで感じた事が一つ。
 
学校の体育と運動は違うと言う事。
 
学校の体育って、当たり前なのかも知れないんですけど。。。
 
全てにおいて「競争」が中心だったと思うんです。
競争って言うと走るイメージですけど、勝負的なスポーツ・・・
 
野球・サッカー・ドッジボール・バレー・剣道・柔道・・・
 
どれもこれも、人に勝つか負けるか?
 
勝つ人は楽しいですけど、私のような運動音痴だった物からしたら「負ける」側に常にいた訳です。
そりゃ、面白い訳ないですよね?
 
で、チームスポーツだったら尚更!
負けた時には、
「お前のせいで。。。」
みたいな事もある訳です。
 
それが繰り返されトラウマになって、
「私は運動したらいけないんだ。。。」
みたいな。
 
ここで大事なのは、あえて書きましたが、
「運動したら。。。」
なんです。
 
運動って、勝ち負けが決まる物ばかりではない筈です。
 
でも、体育・スポーツ・運動・フィットネス
の違いなんて興味もありませんし、教わってなんていません。
 
だから、一緒くたにして「運動嫌い」になってる人って多いのかな?
て。。。
 
 
私が何故フィットネスインストラクターになったか?
 
フィットネスクラブに来て、
「争う必要ないんだ…」
と気付いたから。
 
自分の為に、自分の身体の為に、自分の健康の為に、
 
「運動をすれば良いんだ!」
 
と気付いたから。
 
「運動音痴な私でも居れる場所なんだ!」
 
と思えたから。
 
 
そして、もう一つ自分の強みを知れたのがインストラクターになった理由でもあります。
 
それは、
 
「運動音痴の人の気持ち、運動嫌いの人の気持ちが分かる」
 
てこと。
 
 
やはり、この世界、元々何らかのスポーツをされてる人が多い。
だから、運動音痴の人の気持ちって理解出来ないと思う。
 
「ついて行けなかったら適当に動いておいて下さい」
 
て、
「適当って何だよ!」
と思わせてない?
「みんなが綺麗に揃ってるのに、一人適当に動いてられる訳ない!」
と思っちゃいますよ。
 
「間違ってたら、真横に来て指導される。。。」
 
真横に来られる事で、
「あなた一人出来てませんよ!」
とみんなの前で辱めを受けてる。
 
 
そう言う気持ちを散々味わって来たから理解出来る♪
 
 
また、クラブの外でサークルを始めるインストラクターが良く失敗するのが、
 
「楽な運動です」
「楽しい運動です」
 
て。。。
「そもそも運動嫌いな人が行くと思いますか?」
 
「楽」だろうと、動きたくない、汗かきたくない、
で、みんなの前で惨めになりたくない、と思ってる人がそんな言葉に響きませんって。
 
「楽しい」て、世の中には楽しいこと一杯あるのに、
「なんでわざわざしんどい運動をしないと行けないの?」
と思いますって!
 
 
そんな運動嫌いな人に、どうやったら来て貰えるのか?
を考えてるのか?
そもそも運動嫌いの人の思考を理解しようとしてるのか?
 
どっか、心の中に、ついて行けない人がいたら、
 
「ついて行けないんだったら、来なくて良いよ!」
 
と言う想いが宿ってませんか?
 
 
大事な事って、
自分のしたい事を押し付けちゃダメだってこと。
相手が「したい」こと。
相手が「困ってる」こと。
に寄り添って、手助けしてあげるのが私達の役割なんだと思う。
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-08-13 | Posted in 想いNo Comments » 

 

《想い・・・》「怒りと笑顔」

group_young_people

《想い・・・》「怒りと笑顔」

今日、スーパーで買い物をしている時の事。
お総菜売り場で、見た感じ70歳前後の男性が男性定員とパートの人っぽい女性二人に大声で怒鳴っていた。
定員はただただ下を向いてその男性の言い分を聞くのみ。
周りにいる他のお客は、出来るだけ関わらない様に距離を置いている。。。
 
 
何があったかは分からない。
もしかしたら、その男性の怒りが頂点に上るだけのミスを犯したのかも知れない。
 
でも・・・
 
その周辺にいる者にとって不愉快なのは大声で怒ってる男性でしかない。
 
 
その怒ってる男性は、単純に自分の正当性を伝えたいのかも知れない。
 
でも、大声で怒鳴りつけてる時点で、
周りにいる者に話は聞こえていないだろう。
 
 
私が変わってるのかも知れないが。。。
感情を露わにしてる者ほどカッコ悪いものはない。
 
「もっと冷静に建設的に話し合えば良いのに。。。」
 
とも思う。
 
 
とは言え、私が穏和だとは思っていない。
人に言わせれば私は人一倍短気らしい(^^)
ただ「カッコ悪い」と思う事はしたくないだけ♪
 
だから、腹が立てばその場から離れるだろうし、
二度とその店には行かないかも知れない♪
 
  
ちなみに、それはネット上でも同じ。
 
よく「炎上」と言う言葉を耳にするし、
人に言わせれば、私は良く炎上しているらしい!(^^)
 
ただ、本人は炎上したとは一度も思ってない♪(^O^)
 
私の意見に反対であれば、
 
・何が納得行かないのか?
・その人の意見はどうなのか?
・例えばその人の意見が間違ってるならば、
どう伝えれば間違ってる事を理解して貰えるのか?
そして、
・自分が間違っているのが理解出来れば素直に謝る。
 
ただ、それだけ。
 
炎上ではなく、議論しあっただけだと思ってる。
 
 
実際、感情的にやり合ってお互いメリットはない。
逆にそれを読んでる者には不快感しか残らず、
どちらが正しい、間違ってるなんてどうでも良くなっていて、
下手したら、そのやり合ってる二人に対して嫌悪感しか残らなくなる。
 
 
なんかネットでもリアルでも感情を前面に出してる人が多く見かけるように思う。
ギスギスしてる様に感じる。
 
もっと心に余裕を持つ努力をしない?
 
急いでいてイライラするなら早く出れば良い。
お金がなくてイライラするなら稼げば良い。
人に対してイライラするなら協力すれば良い。
 
vsではなく、共創
 
怒りではなく笑顔。
 
その方が楽じゃない?(^O^)
 
 
そして、時に人は離れて行く。
それは、その人が自分にとって必要ではなくなっただけ。
 
逆に、必要になった時、その人はまた現れる。
 
世の中の仕組みってそうなってるように思う♪
 
 
心に感謝
表情に笑顔♪(^O^)
 
 
『健康を支える人達と共創し、社会に貢献する!』
FANCの 肥塚昌幸でした♪
2019-08-08 | Posted in 想いNo Comments »