ようこそ!「はじめのダイエット」のページへ! このサイトは、正しいダイエットの知識を身に付けて頂く為のページです。

中年太りは基礎代謝がカギ!?

20代から30代、40代と年齢を重ねるごとに体型が変わり、若い頃より太りやすくなったと感じる人が多いのでは?
特に中年太りという言葉があるほど、中年期には太りやすくなる傾向があるようです。
これは何故なのでしょうか?この原因と中年太りの予防・解消方法を紹介します。

【 基礎代謝と中年太りの関係 】

性別に関係なく20歳を過ぎ、特に中年以降になると太りやすくなると言われています。
これには、ホルモン分泌の低下など様々な機能の働きが変化していくことが関係していますが、「基礎代謝の低下」が大きな原因の1つとされています。
(基礎代謝については「基礎代謝って何?」を参照)

● 基礎代謝と消費エネルギーの関係

基礎代謝は、運動や日常の活動による消費エネルギー全体のうち60〜70%を占めるほど大きなものです。
年齢とともに基礎代謝による消費エネルギーが低下することにより、全体の消費エネルギーも低下していくことになります。
例えば、60代の男性は20代の頃より1割以上、基礎代謝が低くなります。
60代になっても食事による摂取エネルギーが若い頃と変わらず、消費エネルギーだけが減っていくとしたら、消費できなかった余剰エネルギーが体脂肪として蓄積されてしまいますよね。
これが、太りやすい原因の1つとされています。

● 筋肉と基礎代謝の低下の関係

筋肉は基礎代謝のなかで最もエネルギー消費が大きく、全体の35〜40%になります。
しかし、筋肉は加齢とともに減少するため筋肉によるエネルギー消費が減り、全体的な基礎代謝量も減っていきます。
そこで、基礎代謝減少による太りやすい傾向を防ぐには、
筋肉の維持増強がポイントとなるのです。

【 基礎代謝アップで太りにくいからだに!】

基礎代謝が低下し太りやすくなる傾向を防ぐには、食事の工夫と2種類の運動を組み合わせる方法が効果的と言われています。

● 食事による摂取エネルギーを控えるポイント

摂取エネルギーを抑えようと食事を極端に減らしすぎると、日常に必要な栄養が不足し体調を崩してしまうことも。
まずは、
食事日記をつけるなど現在の食事内容を確認してみましょう。
日記をつけることで、減らしても良いと思う食べ物や調理の工夫などエネルギー削減のポイントを探しやすくなります。

● 筋肉を鍛えて基礎代謝アップ!

基礎代謝が低下していくのは、主に筋肉が減っていくことが原因。
ですから、
運動によって筋肉を鍛え維持していくことで基礎代謝の低下を少なくすることができるのです。
また、筋肉が落ちてしまった人も運動で鍛えることによって基礎代謝を上げることができます。
筋力運動は、ジムなどにあるトレーニング機器を使うだけでなく、家庭でできる運動やダンベル体操などもあるので、自分にあった運動を取り入れてみてください。

● 有酸素運動で体脂肪燃焼

筋肉を鍛えて基礎代謝を高めるだけでなく、体脂肪燃焼に適した有酸素運動を組み合わせて行うことで、より運動効果が高くなります。
ウォーキングなどの有酸素運動は、1回に続けて30分行う場合も、10分以上連続した運動を1日合計30分程度行う場合も消費エネルギーには変わりがないと言われています。
なかなか運動に時間がとれない人でも、1日のうちで運動できる時間をみつけて取り入れてみてください。

中高年でも、運動で鍛えれば筋肉は確実につくと言われています。
少しずつ生活の中に取り入れていくことで、中年太り予防ひいては生活習慣病予防、健康維持にもつながりますよ。

エクササイズ用品一覧